2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー「ECM」の記事

2022年5月 2日 (月)

ピアノ以外の現代音楽もってことで,今日はKremerによるWeinbergの無伴奏ヴァイオリン・ソロ。

_20220428-2 "Mieczysław Weinberg: Sonata for Vilolin Solo" Gidon Kremer(ECM New Series)

私は現代音楽と言えば,ほぼピアノ独奏のものを好んで聴いているのはこのブログの読者にはバレバレだと思うが,たまには違うのもってことで,今日は無伴奏ヴァイオリンである。無伴奏ヴァイオリンと言えば,私の場合,バッハかバルトークに決まっているってところだが,このMieczysław Weinbergという人は全く聞いたことがない。しかし,近年,この人の音楽をGidon Kremerが取り上げることが多いのはなんでやねん?という興味もあって聞いてみた。

結論から言えば,60~70年代に書かれた曲にしては,いかにも現代音楽みたいな小難しいところはなく,まぁバルトークを聞いているような雰囲気で接することができるって感じではないか。と言いつつ,最近,私もバルトークの無伴奏なんて久しく全然聞いていないから,印象でしか言えないのだが,現代性は感じさせつつもリスナーを拒絶する感じはない。なので,鑑賞音楽としても成立すれば,小音量で流していれば,アンビエントにもなりうる感じと言っては怒られるかもしれないが,そういう感覚なのだ。でも優しい曲ではないのは確かだ(きっぱり)。

このアルバムには3曲の無伴奏ソナタが収録されているが,これを聞いて,バッハよりも久しく聞いていないバルトークの無伴奏ソナタを聴きたくなったというのも事実で,音楽を聴くという視点からは,いずれにしても結構いい影響を与えてくれたと思う。

Gidon Kremerは近年,このMieczysław Weinbergの音楽にご執心のようであるが,75歳記念盤で出してくるところにも相応のこだわりがあるってことだろうし,演奏には相当の集中力を要しながら,敢えて出してくるところが凄いねぇと思ってしまう。そうした点も評価して星★★★★☆。

正直言ってしまえば,本作については音楽として評価できるほどちゃんと聞き込めていないが,私も現代音楽として聞くのはピアノだけでなく,もう少し幅を広げてもいいかなと思ってしまうところに,Manfred Eicherの術中にまんまとはまっている自分を感じざるをえない。いずれにしても,このアルバムも然りであるが,Eicherのセレクションは特殊にもかかわらず,どうしてはまってしまうのか?と言いたくなってしまった。

でもまずは父も好きだったバルトークを聞き直すことにしよう(笑)。

Recorded in July, 2013 and December, 2019

Personnel: Gidon Kremer(vln)

2022年4月27日 (水)

Tord Gustavsenの新譜:内省的な響きが思索へ誘う。 #TordGustavsen

_20220425 "Opening" Tord Gustavsen(ECM)

待望のTord Gustavsenの新作の登場である。前作"The Other Side"が2018年だったので,4年近くの時間が経過している。私はこれまでTord Gustavsenの音楽を基本的に高く評価してきた。辛めの評価をしたのは"Restored Returned"ぐらいで,その内省的で美しい響きにはまいってしまうというのが常なのだ。そんなTord Gustavsenの新作も,私の想像そのままの響きが届けられたと言ってもよい。

これまでのアルバムからはベーシストが交代しているが,Steinar Raknesが一部で響かせるアルコの響きやエレクトロニクスの活用が,見事にTord Gustavsenの音楽と相乗効果を生み出すという感じである。いつもながらのことではあるが,これだけ内省的な響きを出されれば,聞いている方は思索ための時間を取ることが可能になりそうだとさえ思ってしまう。世の中が騒々しい中で,こうした時間を与えてくれるこういう音楽は貴重だ。10曲目の"Ritual"のみ,ほかと違ったアブストラクトな感覚を持つものとなっているが,これはこれでありだと思えるものの,やっぱり浮いている。

前作をレビューした時にも書いたのだが,私はTord Gustavsenの音楽を聞いていると,宗教的なところを感じてしまうが,ほぼ全編を通じて,静謐な中に静かな祈りでも捧げたくなるような音楽なのだ。こういう音楽をライブで聞いたらどうなってしまうんだろうと思ってしまうが,部屋で聞いていたら,久しぶりに膝を抱えたくなってしまった(笑)。ちょっと甘いと思いつつ,星★★★★☆。

Personnel: Tord Gustavsen(p, electronics), Steinar Raknes(b, electronics), Jarle Vespestad(ds)

2022年3月22日 (火)

Miroslav Vitousの"Emergence":どれだけ訴求力があるかは別にして,これだけベース・ソロでアルバムを作ってしまうECMは凄い。 #MiroslavVitous #ECM

_20220320 "Emergence" Miroslav Vitous (ECM)

ECMレーベルには結構な枚数のベース・ソロによるアルバムが存在する。ECMレーベルのファンは別としても,ベース・ソロなんて一体どういう人が買うのか?って思ってしまうのだが,自分も結構な枚数買ってるくせに言うなよ!と言われては抗弁不能だ(笑)。

そんなECMからリリースされたMiroslav Vitousによるベース・ソロ・アルバムが本作であるが,いくらECMレーベルの音楽が好きだからと言っても,私もこのアルバムのプレイバック頻度は極めて低い。やっぱり通常の音楽鑑賞のレベルからすれば,ハードルが高いのだ。それでも,Miroslav Vitousらしいアルコとピチカートをうまく混ぜた感じの演奏は,Vitousのベースの技に触れるにはいいと思う。

しかし,全編ベース・ソロってなると,ベーシストはさておき,一般的なリスナーには聞き通すことさえ厳しいものなんだろうと思ってしまう。決して聞きにくい音楽だとは思わないし,言い訳っぽく(爆)"Alice in Woncerland"も演奏しているが,曲の魅力と言うよりも,技のデパートみたいな感じになっているところは否めない。なので,純粋な音楽として評価するのは結構難しいというのが実感で,これを聞いていると,同じECMでもジャズ心全開のMarc Johnsonの"Overpass"がいかに優れたアルバムだったかがわかると思う。まぁ,Vitousは多重録音はしていない(ライナーにも"No Overdub"と書いている)ので,その志こそ認めないといけないんだろうが。ってことで,半星オマケみたいなところで星★★★☆。

Recorded in September 1985

Personnel: Miroslav Vitous(b)

2022年3月21日 (月)

"New Chautauqua":あの頃のPat Methenyって感じ。 #PatMetheny

_20220319-2"New Chautauqua" Pat Metheny(ECM)

振り返ってみれば,私が初めてPat Methenyの音楽に触れたのは,ECMレーベルにおける”Pat Metheny Group"だった。結構リリースされてすぐぐらいに買った記憶があるので,高校2~3年の頃,確か予備校の夏期講習の帰りかなんかで,京都のショップで購入したような気がする。そこで一気に気に入ってしまい,それ以降のアルバムはほぼリアルタイムで聞いてきたし,それ以前のアルバムも後追いで聞いてきた。後追いで聞いたのは"Bright Size Life","Water Colors"ということになるが,私とPat Methenyとの付き合いも長くなったものである。そんな中,実は"Pat Metheny Group"以降で,リアルタイムで買わなかったのがこのアルバムであった。

本作はPat Methenyの多重録音を交えたソロ・アルバムである。私がPat Methenyに惹かれたのは"Pat Metheny Group"におけるバンド・サウンドであったので,その後"American Garage"が出た時点で,彼らの音楽の全部聞きを目指したはずだ。よって,このソロ・アルバムが出た当時は,まだそこまでプライオリティを上げられなかったということだ。そもそもまだ高校生か,予備校通いをしている頃であるから,限られた小遣いでは,買えるアルバムの枚数も少なかったので,それはそれで仕方がなかった。結局入手したのはCDの時代になってからなので,随分後になっての購入となった。

まぁそれでも,冒頭のタイトル・トラックなんかを聞いていると,どう聞いてもあの頃のPat Methenyの音だよなって感じである。後にPat Methenyはテクノロジーも駆使するようになっていくが,この頃はまだシンクラビアとかギター・シンセサイザーも使っていないから,音的にはまだまだ素朴な感じもするが,フレージング自体は今も昔も変わらないってところだ。

なので,今聞いても,相応に楽しめるアルバムではあると思うが,アナログで言えば,A/B面1曲目のタイトル・トラックと"Hermitage"がいかにもPat Metheny的で魅力的に響くように感じる一方,そのほかの曲のクォリティは今一歩かなって気がする。そういうこともあって,ECMのアルバムの中ではプレイバック頻度があまり上がらないというのが正直なところなのだが,やはり私が期待してしまうのが”Pat Metheny Group”,”Travels”,あるいは”Still Life (Talking)のレベルになってしまうからなのかとも思う。まぁ,どうしても期待してしまう,そういうミュージシャンなのである。それを半世紀近く続けているってのも凄いことだが,このアルバムに関しては星★★★☆ってところ。嫌いじゃないけどね(笑)。でも,この頃から15弦ハープ・ギターとか弾いていたのねぇ。それが後のピカソ・ギターになったのかなんて思ってしまった。

Recorded in August 1978

Personnel: Pat Metheny(g, b)

2022年3月 6日 (日)

Kit DownesのECMにおけるトリオ作。これはいいねぇ。 #KitDownes #ECM

_20220305 "Vermillion" Kit Downes(ECM)

ECMは結構な数のアルバムがリリースされるし,ストリーミングもあるので,以前よりは購入ペースは落ちていて,現物を買うのは自分の趣味に合いそうなものに限定している。Kit Downesは既にECMでアルバムもリリースしているが,これまで私は未聴であった。そんな中,リリースされたのがこのアルバムであるが,これはブログのお知り合いのご紹介などもあって,ストリーミングで試聴することもなく発注したものだが,これが当たりであった。

Kit Downesは英国出身らしいが,私にとっては英国のジャズというのは結構つかみどころがなく,フリー的なアプローチの演奏に印象が強いものが多いが,一方,コンベンショナルな演奏をするミュージシャンも存在する。そうした中で,ここで聞かれるような演奏をする英国のミュージシャンは,あまりいないとは思うのだが,ぱっと思いつくところはJohn Taylorあたりになるだろうか。そこはかとなく抒情性も感じさせながら,清冽な響きを聞かせるピアノ・トリオという感覚を与えるもので,こうした響きにはスウェーデン出身のベーシスト,Petter Eldhの影響もあるかもしれない。

若干,アブストラクトな展開を示す部分はあるものの,決して聴きづらいというほどのものではなく,スポンテイニアスでありながら,美的でもあるという,いかにもECMのピアノ・トリオらしい「美味しさ」を感じさせる演奏と言えばよいだろう。アルバム・タイトルである"Vermillion"は朱色の意味(アルバム・カヴァーもブルー基調の中,タイトルだけ朱色になっている)であるが,暖色の持つ温かみというよりは,全面的に寒色系ではないものの,どちらかと言えばクールな響きということのように思える。それが私の趣味にずっぽしはまるのである。

メンバーのオリジナルに加えて,最後をジミヘンの"Castles Made of Sand"で締める辺りは,やっている音楽はジミヘンには全然つながらないように思えるところで実に興味深いが,ここでの演奏を聞いて,ジミヘンを想起することは不可能って感じの演奏に仕立てていて,曲はあくまでも素材。私が不勉強なだけで,今頃言うなとお叱りを受けそうだが,またもECMから注目に値するピアニストが登場って感じである。星★★★★☆。

Recorded in May and June, 2021

Personnel: Kit Downes(p), Petter Eldh(b), James Maddren(ds)

2021年12月30日 (木)

2021年の回顧:音楽編

2021-best-albums
いよいよ今年の回顧も最後の音楽編である。このブログにも何度か書いているように,私の新譜購入のペースは,以前に比べると随分落ちた。そんな中で印象に残った新譜音源(星★★★★☆以上)については,ブログ右側の「2021年のおすすめ作」にアップしているので,そこが回顧する上でも基本になる。

しかし,回顧するもへったくれもなく,今年のベスト作はこれになるだろうなぁと思っていたのが2作ある。それが児玉桃の”Hosokawa/Mozart”と菊地雅章の"Hanamichi: The Final Studio Recordings"であった。この2作ともにこのブログに記事をアップしたのは3月であったが,その段階でこれを越えるものはないと思っていた。児玉桃については2006年録音の音源ではあるが,細川俊夫の「月夜の蓮(”Lotus under the Moonlight”)」の演奏があまりにも素晴らしく,私は唸ってしまった。もちろん,モーツァルトのピアノ協奏曲23番もいいのだが,何と言っても「月夜の蓮」である。

そして,菊地雅章だ。これも2013年の録音ではあるが,この作品について記事を書いた時の「命を削って紡ぎだされるフレージング」という表現には,いささかの誇張もないと思っている。それぐらい痺れる音楽であったと言わざるをえない。私にとってはこの2枚の印象があまりにも強かった。

そのほかでは新録音では,ジャズ界の不老不死,Charles LloydのMarvelsとのアルバムはいつもながらの優れた出来であった。記事にも書いたが突出した部分はないとしても,このクォリティの高さは尋常ではない。メンバーの貢献度も高かった。また,私が高く評価し続けるMarcin Wasilewskiの"En Attendant"はこれまた痺れる出来であった。Joe Lovanoを迎えた前作,"Arctic Riff"も悪くなかったが,私としては多少の違和感もあった。やはりこの人たちはトリオが一番いいと思う。また,Dave Hollandも年齢を感じさせないカッコいい音楽を作り続けていて凄いなぁと思う。音楽性をアルバム毎に変えてくることも立派。本当に幅が広いし,もう一人の主役と言ってよいKevin Eubanksのギターもよかった。

そして,年末になって現れたRobert Plant/Alison Kraussの第2作は滋味溢れる出来に嬉しくなった。Bruno MarsとAnderson PaakのSilk Sonicはソウルの楽しさを完璧なまでに打ち出していて,これまたいいものを最後の最後に聞かせてもらった気がする。全然タイプは違うが,現代音楽ではMichael WendebergとNicolas Hodgesによるブーレーズのピアノ曲全集。私の嗜好にばっちりはまるこの音楽は,決して万人向けではないとしても,この手の音楽好きにはたまらない魅力があると思う。

発掘ものもいいものがあったが,発見という意味ではJohn Coltraneの「至上の愛」ライブははずせないところ。いかんせん音がもう少しよければ...というところはあったが,歴史的音源であることは間違いない。むしろ,私が音楽として楽しんでしまったのがCharles Mingusのカーネギー・ホールでのライブ。その日の演奏をきっちり収めたこともに加え,演奏が何よりも楽しい。Mingusに対する私の勝手な思い込みやイメージを覆したのが本作だったと言ってよい。そして,Joni Mitchellのアーカイブ・シリーズ第2弾が実に素晴らしく,もはや第3弾が楽しみな私である。アナログでリリースされた初期4枚のアルバムのボックスも実によいのだが,ディスクがきつきつで取り出しにくいのが玉に疵(笑)。

ということで,新譜の購入枚数は減ったものの,今年もそれなりに楽しめた1年であったと思う。

2021年12月17日 (金)

全然聞けていなかったChick Coreaの"Piano Improvisation Vol.2"。

Chick-corea-piano-improvisation2 "Piano Improvisation Vol.2" Chick Corea(ECM)

私はこのVol.1はアナログでも長年保有してきたが,Vol.2についてはECMがChick Coreaのピアノ・ソロを3枚組ボックスにしてリリースした時に初めて入手したのであった。そのボックスがリリースされて10年以上経過するはずだが,このVol.2についてはプレイバックした記憶がない。保有していることに満足してしまっている最たる事例だが,遅ればせながらこのアルバムを聞いて,なんでこれを放置していたのかと後悔してしまった。

Vol.1の出来のよさや,当時のChick Coreaの創造力を考えれば,いいに決まっているのだが,これが実によかった。Wayne Shorterの"Masqualero"の中間部のフリーな展開とかには驚いてしまうものの,いかにもChick Coreaらしい,基本的にはリリシズムに溢れるピアノ・ソロなのだが,そこに時折現れるフリー風味が当時のChick Coreaの音楽性ってところかもしれない。"Departure from Planet Earth"なんて,もはや完全フリーな世界だしなぁ。そこにまたミニマルな雰囲気も醸し出すところが実に面白いのだ。

いずれにしても,こういうのがアルバムとの「縁」なんだろうなぁと思ってしまうが,これまで聞くチャンスはいくらでもあったのに,それに気づかずに時間を過ごしてしまったことを今更ながら反省してしまった私である。取り敢えず買っておいて,後から聞けばいいやなんて思っているアルバムはこれに限った話ではないので,ちゃんとプレイバックの機会を見つけなければと思ってしまう。本作についてはVol.1と"Children’s Song"で聞いた気になっていたってところだと思うが,1971年当時の才気溢れるピアノ・ソロは今聞いても全然古びたところを感じさせないのは立派。

Chick Coreaは惜しくも今年の2月に亡くなったが,彼の残した音楽はまさにレガシーだったと思わされた一枚。放置したことへの反省も込めて星★★★★★としよう。改めてChick Coreaのご冥福を祈りたい。

Recorded in 1971

Personnel: Chick Corea(p)

2021年12月11日 (土)

今更ながらの”Bass Desires”。懐かしいねぇ。

_20211210 "Bass Desires" Marc Johnson(ECM)

私はこのブログにMarc Johnsonのアルバムを何度か取り上げてきたが,そこではことあるごとに"Bass Desires"がどうのこうのという書き方をしてきたように思う。それだけMarc Johnsonと言えばこのアルバムみたいになっていることは間違いない。本作がリリースされたのが1986年なので,私は最初からCDを購入したと思うが,もうそれから実に長い時間が経過した。それでもこのアルバムの持つカッコよさってのは不変だ。

今回,久しぶりにラックから取り出してみたら,随分ジャケが黄ばんでしまったなぁと気づいた私である。まぁ経年劣化ってのもあるかもしれないが,保存状態が悪かった訳ではないはずなのだが...。本作はあまりに好きだったので,米国に渡る際にも日本から持って行ったはずで,ジャケにはMarc Johnsonのサインが入っている。私の記憶が確かならば,サインをもらったのはMarc JohnsonがJohn Scofield Quartet(Joe Lovano入りの頃)でSweet Basilに出た時のはずだ。そう言えばあの時,ジョンアバが聞きに来ていた。私はジョンアバがMarc Johnsonと話しているところに図々しく割り込んだはずだ(爆)。

それはさておきである。ECMらしくないと言えばECMらしくないアルバムである。しかし,このメンツの妙と言うか,全員がリーダーを張れる4人がバンドとして演奏をしているのだ。残念ながら彼らのライブに触れる機会はなかったが,まだこの4人は存命なので,万一再編されるようなことがあれば絶対観たいバンドである。冒頭の"Samurai Hee-Haw"からリスナーは心を捉えられること必定,そして2曲目はColtraneの「至上の愛」から"Resolution"が来て,更に興奮度が上がるのだ。

そしてジョンスコとビルフリという個性の塊みたいな2ギターというのも,好き者には超魅力的。そしてそれを煽るPeter Erskineも素晴らしければ,バンドとしてまとめたMarc Johnsonのリーダーとしての資質を強く感じさせられたことが今でも記憶に残っている。実に懐かしくもいまだに魅力的な傑作と思う。個人的な好みも含めて星★★★★★。

Recorded in May 1985

Personnel: Marc Johnson(b), Bill Frisell(g, g-synth), John Scofield(g), Peter Erskine(ds)

 

2021年12月10日 (金)

Apple MusicでPat MethenyのECMベスト盤を聞いた。

Rarum-ix”Rarum IX: Selected Recordings" Pat Metheny(ECM)

在宅勤務が基本となっている私ではあるが,珍しく出社の機会があったので,さて通勤では何を聞くかってことでApple Musicでセレクトしたのがこれであった。ECMのPat Methenyのリーダー作は全部保有している私であるから,何もベスト盤を聞かなくてもいいだろうという気もするが,気楽に聞くには丁度いいわと思ってプレイバックしたらはまってしまった(笑)。

まだ,テクノロジーを強烈に使いだす前って感じで,今聞くと結構シンプルささえ感じさせる演奏とも言えるのだが,こういうまだ「素」とも言えるPat Methenyは実に魅力的に響いた。今や大御所と言ってもよいポジションを確保したPat Methenyだが,ECM時代は人気はあっても,まだまだビッグネームとまでは言えなかっただろう。そんなまだ若かりしPat Methenyの演奏は,今聞いても全然色褪せていないなぁと思ってしまったのだ。特に"Travels"からの”Are You Going with Me?"の完璧さはまさに驚異的。このライブ音源を越える演奏はあり得ないと思えるほどの完成度を改めて確認。ほかにもECMの諸作から美味しいところが並んでいて,またECMのアルバムをちゃんと聞き直したくなってしまった私である。いやぁ,今更ながら,やっぱりええですわぁ。家に帰って,"Watercolors"とか"Offramp"を改めて聞いてしまったのであった。

2021年11月29日 (月)

実に面白いEberhard Weberのライブ発掘音源。

_20211128 "Once upon a Time" Eberhard Weber(ECM)

最近,ベース・ソロのアルバムがよく出るECMであるが,これはEberhard Weberが94年に行ったライブ音源を発掘リリースしたもの。Eberhard Weberのソロ演奏となっているが,おそらくシークェンサーを用いて,多重録音的な雰囲気を醸し出している。そして,いかにもEberhard Weberらしいベース音が捉えられていて,実にECMらしいアルバムとなった。このECMらしさは最近,エンジニアリングで名前を観ることもあるGerald de Haroが,このレコーディングのプロデュースとエンジニアリングを行っていることによる部分もあるかもしれない。

いかにもEberhard Weberらしい音楽が続く中,突然"My Favorite Things"が現れるのには驚くが,「音」の一貫性もあるので,演奏としての違和感はない。

いずれにしても,このタイミングでこの音源がリリースされることに,ECMというレーベルにおけるEberhard Weberの重要性というものが示されていると思う。今年,ECMからはMarc Johnsonのベース・ソロ・アルバムもリリースされたが,同じベース・ソロでもこれほど違うというところを感じさせるのが実に面白く,Marc Johnsonもよかったが,このアルバムも同じぐらいよいと思ってしまう。

もはやEberhard Weberは脳梗塞により演奏はできないし,既に傘寿を過ぎた高齢ではあるが,過ぎし日の創造性を感じさせるには十分なアルバムであった。万人向けとは思わないが,好き者にははまる世界ってことで,星★★★★☆。

Recorded Live at Theater des Halles, Avignion in August, 1994

Personnel: Eberhard Weber(b)

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作