2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「クラシック」の記事

2020年11月21日 (土)

夜になるとSamson Françoisのショパンを聞き続ける私...(笑)。

Samson-franois "The Chopin Recordings" Samson François(EMI)

在宅勤務中の昼間は結構なボリュームで音楽をプレイバックしている私だが,家人が帰宅した夜になると,比較的おとなしく音楽を聞いている(笑)。そんな私がここのところ,夜になると続けざまに聞いているのがこの10枚組。Samson Françoisによるショパンのレコーディングをほぼ網羅したボックスを,私は相当お買い得価格でゲットしたと記憶している。

そもそも私は真っ当なショパンの音楽のリスナーではない(きっぱり)。ArgerichやPolliniが弾いたショパンのアルバムは保有しているが,それ以外はほとんど保有していない(更には聞いていない)ぐらいのものである。あとはPeter Serkinがあったか。だから私がショパンの音楽について語る資格は正直ないのだが,私にとってショパンの音楽に接するにはこのボックスが最適と言ってもよいというか,それしか手段がない。もちろん,ストリーミングでもいろいろなショパンの音楽は聞けるだろうが,クラシック音楽をストリーミングで聞く気にはならないってのが正直なところだし,それほどショパンの音楽に対する思い入れもないのだ。そういうこともあって,邪道と言われるかもしれないし,それはいくら何でも...と言われるかもしれないが,私にとってはショパンの「標準」はこのSamson Françoisの演奏なのだ(笑)。

古い録音だけに音がどうのこうのという話もあるが,私は全然気にならない。どこから聞いても実に素晴らしい演奏集であることに間違いはあるまい。どう考えても星★★★★★である。

これを聞いていると,Samson Françoisが弾いたシューマンってどうったんだろうと猛烈に気になっている,実は意外にも結構シューマン好きの私(爆)。

Personnel: Samson François(p)

2020年11月19日 (木)

リリースから40年を経過しても鮮烈なArgerichのバッハ。

_20201116"J.S. Bach: Toccata In C Minor BWV 911; Partita No.2 In C Minor, BWV 826; English Suite No.2 In A Minor, BWV 807” Martha Argerich(Deutsche Grammophon)

私がクラシック音楽を聴き始めたのは高校に入ってからだと思うが,このアルバムが出たのは1980年だから私の浪人中のことである。実際に買ったのは大学に入ってからかもしれないが,今でもこのアルバムは私の中で,数あるMartha Argerichのアルバムの中でも屈指のものと思っている。

一方で,彼女の弾くバッハは聞く人によってはこんなのはバッハじゃないと思われるかもしれない。確かにこの躍動感はバッハの一般的な響きとはちょっと印象が異なるかもしれないのだが,それでもこの鮮烈さにまいったと思ったことは,それからどれだけの年月が流れようとも,私の中では変わらない。私はGlenn GouldやSviatoslav Richter,あるいはAndrás Schiff の弾くバッハだって好んで聞いている訳だが,彼らとは明らかに違う個性を打ち出しているところを感じてしまうと,これはやはり強烈な演奏だったのだと思う。

躍動的で完璧なアーティキュレーションという意味で,こんなバッハは二度と出てこないのではないかとさえ思ってしまえる傑作。今聞いても実に素晴らしい。星★★★★★。昔,私はこれをドイツ盤のアナログで保有していたのだが,今はCDである。しかし,改めてアナログで聞いてみたくなってしまった私である(無駄遣いの予感:爆)。

Recorded in February, 1979

Personnel: Martha Argerich(p)

2020年9月24日 (木)

話題沸騰:Teodor Currentzisの「運命」。

_20200923 「ベートーヴェン:交響曲第5番 作品67:運命」Teodor  Currentzis/MusicAeterna(Sony)

昨今,クラシック界で何かと話題のTeodor Currentzisである。いろいろなところで評判がよいが,その演奏のダイナミズムに燃えてしまうリスナーが多いからではないかと想像している。確かにチャイコの6番も強烈な演奏だったのは間違いないところで,まぁ興奮させる演奏だよなぁと思っていた。

そんなCurrentzisが生誕250年となるベートヴェン・イヤーの今年になってリリースしたのがこの「運命」であるが,まぁ,とにかく速い。クラシックを聞いて血沸き肉躍ったというのは,私は横浜でCarlos Kleiberがベト4とベト7を振った時がその最たる経験であったが,そういう感覚を思い出させる演奏と言ってもよい。ついつい身体が反応してしまうって感じの演奏であった。しかもこれを古楽器でやってしまうってのも凄い発想だと思うが,Kleiberに興奮した世代は,こういう演奏にもついつい惹かれてしまうのかもしれない。

今年予定されていた来日公演は,コロナ禍の影響で中止となってしまったが,どういうことになってしまうんだろうなあ...。こういうのを聞かされると,生でも聞いてみたいと思わせる。こういう演奏は好みや評価がわかれると思うが,私としては結構楽しんでしまったというのが実感。スピード感に煽られた感じもするが,星★★★★★にしてしまおう。

しかし,この人がショスタコの5番とか振ったらどういうことになってしまうんだろうなあ...。

尚,リリースされてから結構時間が経っているが,新譜扱いとさせてもらう。

Recorded between July 31 and August 4, 2018

2020年8月30日 (日)

真夏のColin Davis/ACOのストラヴィンスキー連続聞きってなんでやねん?

Colin-davis-stravinsky1

こう暑苦しい日が続くと,聞く音楽も暑苦しいってことで,全くの気まぐれで聞いたのが,懐かしのColin Davis指揮,アムステルダム・コンセルトヘボウ・オーケストラによるストラヴィンスキーの3部作である。この「春祭」は父が持っているのを昔聞いていたなぁなんて思い出しているのだが,実に懐かしい。こういう音楽を聞いていると,この強烈なオーケストレーションは,今となっては全然抵抗がなくても,初演の時とか大変だったろうなぁなんて思ってしまうが,暑さも吹っ飛ぶ激演群。いやぁ,久々に聞いてもええですなぁ。

結局「春祭」の前では「ペトルーシュカ」は曲としてはかすんでしまうなぁと思いつつ,「火の鳥」についてはYesがライブのオープニングに使っていたのも懐かしく,そこで盛り上がってしまう私がいるのだ。いずれにしても,家人がいないことをいいことに,こういう音楽をヴォリュームを上げて聞くのは快感であった。やっぱり音楽はある程度しっかりした音量で聞くことは大事なのだ(笑)。 

2020年4月23日 (木)

在宅勤務の友はクラシックのボックス・セット(笑)。

Tennstedt-box やんごとない事情は継続中だが,自分ではどうしようもないこともあり,ひたすら在宅勤務を続けている私である。在宅勤務をしていると,日頃あまりプレイバックしないボックス・セットをまとめて聞いてしまおうなんてことも可能になるのはいいことである。ということで,久しぶりにいろいろなボックス・セットを聞いているのだが,ここのところ集中的に聞いているのが,Klaus Tennstedtのいくつかのボックスである。

例えば,放送音源を集めたと思しきベートーヴェンの交響曲ライブ・ボックスやら,EMIのマーラー以外(「巨人」だけ入っているが...)の音源を集めた"The Great Recordings"等である。昨今は,私がプレイバックするクラシック(?)は現代音楽のピアノが中心である中,オーケストラの演奏は滅多に聞くことはないのだが,ここのところ,集中的にオーケストラ音楽を聞いていると,たまにはこういうのもいいねぇと思ってしまう。特に高揚感を得られる演奏をされると,仕事も捗るって感じである。

こういう演奏を聞いているのには実は理由があって,家人も在宅勤務が増える中,ビートの効いた音楽はうるさがられるということもあるものの,オケの演奏であれば,ボリュームをそれほど上げない限りは文句も出ないということもあるのだ。もちろん,ピアノやギターの音楽を聞いてもよいのだが,今のところ,オケ音源に久しぶりに身を委ねている私である。EMIのボックスなんて,14枚組で3,000円ちょっとで買えるのだから,1枚250円もしないのだが,オーケストラ音楽にひたる楽しみを与えてくれる。

今は家人の手前,ボリュームも絞りがちだが,家人がたまに出勤をする際には,ブルックナーでも音量を上げて聞いてみるかなんて思っている私である。Tennstedtはマーラーのボックスもあるのだが,それも今後聞くか,それともAbbadoの韓国盤で出た旧録ボックスにするかなんて迷っているのは嬉しい悲鳴?

これでやんごとない事情さえなければ,もっと嬉々として聞けるんだけどなぁ...。

2020年3月24日 (火)

追悼,Peter Serkin。

Peter-serkin-bw

昨日のAnna Gourariの記事にも書いたのだが,私を本当の意味で,現代音楽,特にピアノ音楽に誘ったのはPeter Serkinだったと言ってよい。もちろん,現代音楽に限らず,Peter Serkinはバッハの音楽においても優れたアルバムを残しているし,それも私は長年愛聴してきた。2017年にはすみだトリフォニー・ホールで「ゴルトベルク変奏曲」を聴いている(その時の記事はこちら)。

そんなPeter Serkinの訃報(2/1逝去だったらしい)を知ったのはつい最近のことであった。昨年の来日公演がキャンセルされたのはよほど体調が悪かったが故と思われるが,本当に惜しい人を亡くしたという思いである。そうは言っても,Peter Serkinも既に72歳となっていて,いつまでも若いイメージを持っているのはこっちだけだよなぁというのは,すみだトリフォニーでも思っていたことである。

遅ればせながら,彼を追悼するには何がいいだろうと思って,取り出したのがメシアンの「アーメンの幻影」であった。高橋悠治とのデュオによるこの演奏をレコーディングしたのがほぼ半世紀前。当時から才気に溢れたピアニストであったと想像させるに十分な演奏である。また,そこに追加されている「鳥のカタログ」からの第7曲,「ヨーロッパヨシキリ」も実に素晴らしい演奏で,ますます惜しい人を亡くしたと思ってしまった私である。

現代音楽は難しいと思わせる面があるのも事実だが,そうしたイメージを払拭し,心に響く音楽,あるいは純粋に身を委ねればいい音楽なのだとわからせてくれたPeter Serkinには改めて感謝したい。

R.I.P.

2020年3月23日 (月)

Anna Gourari:ECM New Series得意のパターンだが,こういうのにはまるのだ。

_20200321"Elusive Affinity" Anna Gourari(ECM New Series)

以前にも書いたように,私はECMの結構なファンだが,ECM New Seriesまではなかなか全面的にフォローできていない。ReichやSchiffのアルバムは例外として,そのほかで買うのは若干の例外はありつつも,ほぼ現代音楽系のピアノ音楽に限定と言ってもよい。私はPeter Serkinのピアノを通じて,現代音楽のピアノに目覚めさせられたと言ってもよいが,ECM New Seriesからリリースされるピアノ音楽は,ストレートに私に訴求してくるのだ。なので,このアルバムも後追いで買ったものだが,やっぱりはまってしまう魅力があった。

ECM New Seriesではこのブログにおいては,最近ではAlexei Lubimovの"Der Bote"を取り上げた(記事はこちら)が,そこでもバロックと現代音楽が混在するプログラムであった。まさにこういうプログラムは,リサイタルのプログラムならありえようが,レコーディングとしてはECM New Series以外ではありえないものだと思っている。本作においても同様で,冒頭と最後にバッハ編曲によるヴィヴァルディとマルチェッロを配置し,その間に現代音楽曲を挟み込むというものなのだが,これが実に心地よい。結局のところ,私は現代音楽のピアノの響きが好きな訳だが,そうした私の嗜好にストレートにフィットしてしまった。

なかなかこういう音源まで追い切れないのは歯がゆいが,それでもちゃんと聞くことができてよかったし,春先のまったりした気分の中で,涼やかな気分さえ味合わせてくれたと言っては言い過ぎか。おそらくこれからもこうしたアルバムはリリースされ続けると思うが,それを見逃さないようにしたいものである。反省も込めて星★★★★★としてしまおう。いやぁ,ええですわ。

Recorded in January 2018

Personnel: Anna Gourari(p)

2019年11月29日 (金)

静かに時を過ごすには最適な音楽。

_20191128"Bach: Sonatas & Partitas" Hopkinson Smith(Astree/Naive)

このアルバムがリリースされたのが2000年ぐらいだと思うが,滅多に聞かない割に,聞きだすとやめられなくなってしまう音楽である。これはバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」をバロック・リュートで演奏したアルバムなのだが,これが実に落ち着く。もちろん,ヴァイオリンで聞いても極めて魅力的な曲であるが,リュート版は,時にヴァイオリンの音色に感じることのある尖った感じがないのだ。逆に言えば刺激が薄いと感じたり,鋭さを感じないと言うリスナーもいるだろうが,主題の通り,静かに時を過ごしたいと思う際には,これほどぴったり来る音楽はなかなかない。

思うに,音楽には刺激を求めることも多い私だが,その対極にあるような音楽も時には必要だということだ。このアルバムに多言は無用。ただただ音楽に身も心も委ねたいと思ってしまう。そして,これを聞くと,ヴァイオリン版も聞きたくなるという効果もあるのだ。この心地よさに星★★★★★。しかし,どうしてこれを買う気になったか,どのようにして買ったのかは全く覚えていない(苦笑)が,以前,銀座にあったHMVのクラシック・コーナーで買ったのではないかなぁ。

Recorded between September and November, 1999

Personnel: Hopkinson Smith(lute)

2019年11月10日 (日)

これも久々に聞いたManuel Barruecoの”Sometime Ago”。

_20191110 ”Sometime Ago" Manuel Barrueco(EMI)

これは懐かしいアルバムである。リリースされたのは1994年だからもう四半世紀も前であるが,アルバム・タイトルからも窺い知れるし,ジャケには"Compositions by Corea, Jarrett, Simon & Harrison"とある。それらはChick Corea,Keith Jarrett,Paul Simon,そして現代音楽作曲家のLou Harrisonを示す。ジャズ,ポップ・フィールドからすれば,Lou Harrisonだけが異色に見えるが,Keith Jarrettはこの人のピアノ協奏曲を吹き込んでいるので,必ずしも無縁な訳ではない。

それはさておき,このアルバムを購入した一番の理由はギタリストの端くれとして,ギターで「ケルン・コンサートPart IIC」,即ちアルバム最後に収められたアンコール・ピースをどう料理するのかにあった。Paul Simonの「旧友」や「ブックエンズ」,あるいはChick Coreaの"Children's Song"あたりはまぁ想定できるが,「ケルン」については想像ができなかったからである。

だが,アルバム全体を通して聞いてみて,「ケルン」はなるほどねぇと思わせる演奏だが,本作は特に「ケルン」にこだわらなくても,美しくも優雅な時間を過ごすことができるアルバムだと思う。クラシックのギタリストが市井の楽曲に取り組むことに,あまり音楽のジャンルにこだわらない私は何の違和感もおぼえないが,いずれにしても,ここでは美しいメロディ・ラインと,美しいギターの音色を楽しめばいいのだと思えてしまう。

ということで,このアルバムも久しぶりに聞いた訳だが,その魅力を改めて感じることができた。企画の勝利みたいな部分もあるが,やっぱりいい曲はいいのだということを実感。星★★★★☆。

Recorded on September 13-15, 1993

Personnel: Manuel Barrueco(g)

2019年11月 4日 (月)

Alexei Lubimovの”Der Bote”:この曲の組合せはECM以外にできないだろう。

_20191104 "Der Bote" Alexei Lubimov(ECM New Series)

このアルバム,タイトルは"Der Bote"(英語にすると"The Messenger"らしい)であるが,これは最後に収められたシルベストロフの曲のタイトルから取られたものだろう。しかし,バック・インレイには"Elegies for Piano"とあり,そっちの方がずっとわかりやすいのではないかと思えるアルバムとなっている。

このアルバムが特異だと思えるのは,様々な時代の音楽,それこそバロックから現代音楽までの曲を並べておきながら,そこに全くの違和感をもたらさないことである。普通の人間であればC.P.E.バッハとジョン・ケージの音楽が続けて演奏されることなど夢想だにしないが,自然に耳に入ってきてしまうって実は凄いことではないのか。

ここでピアノを弾いているAlexei Lubimovは,様々な現代音楽の初演をしていることからしても,現代音楽には造詣が深いはずだが,ソ連時代に活動の制約を受けて,古典も演奏していたことを踏まえると,ここでの曲の並びは彼にとっては全然不思議はないのかもしれない。しかし,このようにいろいろな時代に作られた曲が演奏されながら,響きは極めて一貫性があって,私は一発でまいってしまった。響きにはもの悲しさをたたえているが,実に美しい音楽。Manfred Eicherの美学ってのをこういうところにも強く感じてしまった。星★★★★★。たまらん。

Recorded in December, 2000

Personnel: Alexei Lubimov(p)

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作