2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

2021年のおすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ブラジル」の記事

2023年1月17日 (火)

久しぶりにEgberto Gismontiを聴く。

_20230115 "Dança das Cabeças" Egberto Gismonti(ECM)

「輝く水」という邦題でリリースされていた本作はEgberto Gismontiによる記念すべきECM第一作。近年Egberto Gismontiのレコーディングは新録としては"Saudações"が最後で,それ以来行われていないようだが,最近はどうしているのだろうか?私は近年では2007年と2016年の来日公演を観ているが,どちらも強烈な印象を残すライブであった。2007年は晴海の第一生命ホール,2016年は練馬文化センターというちょっと変わったヴェニューでのライブというのも記憶している理由になるかもしれない。

それはさておき,このアルバムを聴いたのも実に久しぶりのことであった。ECMのミュージシャンの中でもギタリストとしてはRalph Towner,Pat Methenyのアルバムと並んで別格扱いにしているにもかかわらず,あまりプレイバックしていないのも困ったものということもあり,取り出してきたもの。ECMレーベルに相応しいボーダレス感に溢れたアルバムと言ってよいだろうが,アナログであればA面に相当するPart 1がより土俗的な感覚が強いのに対し,B面に相当するピアノで演じられるPart 2前半はKeith Jarrettがかつてよく聞かせたフォーク・タッチにも通じるところを感じさせながら,より美的な展開を図るのが実に面白い。そして後半に改めてギターにチェンジしても,Part 1とは明らかに異なるリズム感覚を打ち出している。

私が二度接したライブでも第一部はギター,第二部はピアノという構成だったと記憶しているが,楽器によって感覚の違いを出すっていうアプローチだったのかもしれないと思わせる演奏と言ってもいいだろう。私としてはEgberto Gismontiはギタリストという位置づけではあるが,本人にとってはピアノもギターも主楽器なんだろうなぁと思わせるに十分。ピアノもうまいRalph Townerに通じるところも感じていた私である。

久々に聴いたが,これは傾聴に値する作品であることは間違いない。これ以外のEgberto Gismontiのアルバムもちゃんと聞き直すことにしよう。星★★★★☆。

Recorded in November, 1976

Personnel: Egberto Gismonti(g, p, wood-fl, vo), Nana Vasconselos(perc, berimbau, corpo, vo)

2022年11月20日 (日)

何とも不思議なMilton NascimentoとHerbie Hancockの「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」出演時の音源。

_20221118"Under Tokyo Skies" Herbie Hancock / Milton Nascimento(Jazz World)

タイトルからして,いかにも怪しげな音源である。今はなき,「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」での演奏を収めたものだが,放送音源をソースとするであろうブートまがいのアルバムで,アルバムの構成そのものも相当無理がある。あたかもHerbie HancockとMilton Nascimentoの全面共演のように見えるが,決してそんなことはない。

1曲目の"Jack In"は1990年のPararell Realitiesの音源,2曲目~6曲目が1991年のMilton Nascimentoのグループの演奏,7~8曲目がこれも1991年のSelect Live Special Sessionからで,Herbie HancockとMilton Nascimentoが共演しているのは最後の2曲のみである。裏ジャケにはDavid Sanbornの姿さえ写っているが,演奏が収められている訳ではないという,まぁ相当適当かつ雑なつくりである。まぁそれがブートまがいということなのだが...。

この音源を聞いていると,ライブ音源ということもあって,相当粗い感じがするのは仕方のないところだが,Milton Nascimentoのグループの演奏は聴衆は盛り上がっているが,こうしてCDとして聞いてしまうと,その粗が相当目立つ。そもそもこのCDをいつどこで買ったかの記憶も曖昧だが,出来としてはイマイチとしか言いようがない。当たり前の話だが,ブートにもいいものもあれば,こういうしょうもないのもあるってのは避けられないよなぁ。それでも聞きたいと思ってしまうのが「性」ってことだ(笑)。

Personnel: (Track 1) Herbie Hancock(key), Pat Metheny(g), Dave Holland(b), Jack DeJohnette(ds), (Track 2-6) Milton Nascimento(vo, g), Robertinho Silva(ds), Tulio Mourao Pontes(key), Vanderlei Silva(perc), Joao Baptista Carvahiho(b), Ronald Silva(perc), (Track 7-8) Milton Nascimento(vo, g), Wayne Shorter(ss), Herbie Hancock(p), Stanley Clarke(b), Robertinho Silva(ds) 

2022年11月10日 (木)

気持ちよさの極致:Celso FonsecaとRonaldo Bastosの3枚目。

_20221108 ”Juventude / Slow Motion Bossa Nova" Celso Fonseca & Ronaldo Bastos(Dubas)

Celso FonsecaとRoberto Bastosのコンビによる第3作。この二人の作るアルバムは,究極的な心地よさを持っていて,このアルバムも第1作"Sorte",第2作"Paradiso"同様,現代のボサ・ノヴァかくあるべしみたいなサウンド。"Slow Motion Bossa Nova"とはよく言ったものだが,まさにゆったりとした時の流れを生み出すナイスなアルバム。

前作に比べると,参加ミュージシャンも多く,サウンドはよりカラフルとも言えるのだが,それが派手派手しいのではなく,所謂サウダージを生み出すのに適切なレベルになっているところがまたいいのだ。星★★★★☆。

彼らにはもう一枚"Liebe Paradiso"という"Paradiso"をリメイクしたアルバムもあって,そちらはアナログで入手しているのだが,そちらもそのうち記事をアップすることにしよう。

2022年9月17日 (土)

前々から気になっていた”Spirit of the Forest”を入手。

_20220909-4 ”Spirit of the Forest” Various Artists(Virgin)

熱帯雨林保護を目的としたチャリティ・ソングである。まぁ,"We Are the World"の環境保護版ってことになるのだが,以前からこれが気になっていたのは,偏にJoni Mitchellの参加ゆえである。こういうのって,同じくJoni Mitchellが参加したNorthern Lightsによる"Tears Not Enough"1曲を聞くために"We Are the World"を入手するのと同じようなものだが,ファンってのはそういうものだ(苦笑)。

Spirt-of-the-forest-vocal-chart ジャケのイメージからだけではわかりにくだろうから,参加したメンツがわかるイメージがDiscogsにあったので貼り付けておくが,まぁ凄いメンツである。チャリティについては,各々のミュージシャンが意思を以て参加しているので,それについてはそれを尊重すべきであるし,曲のよしあしとかについてどうこう言うつもりもない。それにしても,LA,NY,ロンドンの3か所でのレコーディングによくぞこれだけミュージシャンが集結したものだ。

私としてはこの7インチ・シングルをゲットしたことで満足である。オーストラリアのセラーから,送料込みにするとそこそこのコスト(と言っても大した金額ではない)は掛かったが,Joni Mitchellの一瞬のソロ・フレーズははっきりしているし,まぁいいやってことにしておこう。一般的には,完全にオタクの世界と言っても過言ではないが(爆)。

尚,このシングル,A面とAA面から成るが,両面でソロを取るミュージシャンには違いがあるのは写真の通りである。

YouTubeにはこの曲の映像もあったので,ついでに貼り付けておこう。因みに映像はA面のメンツ。普通の人はこれで十分でしょう(笑)。ところで,映像に出てくるブラジルのミュージシャンはどこで録ったのか?また,映像にはStingらしき人物も映っているように見えるのは気のせい?

2022年7月29日 (金)

久しぶりに”Paradiso”を聴く:やっぱりこれは最高だ。 #CelsoFonseca #RonaldoBastos

_20220727 "Paradiso" Celso Fonseca and Ronald Bastos(Dubas Musica/WEA)

私は決してブラジル音楽に造詣が深いとは言えないものの,ブラジル音楽は結構好きで聞いている。ブラジル音楽がもたらしてくれる心地よさこそが私にとっての最高の魅力と言っても過言ではないが,そんな私の嗜好において筆頭に位置付けたいアルバムと言ってもよいのが"Paradiso"である。

このアルバムが好きだということは,この二人の初作である"Sorte"の記事をアップした時にも書いている(記事はこちら)が,最近聞いてないなぁってことで,久しぶりに取り出して聴いてみたら,あまりに気持ちよくなって,リピート再生してしまったではないか(笑)。

抑制されたリズムの中で,流れる現代的なボサ・ノヴァの世界に身を委ねるだけで,これぞサウダージって気分を味合わせてくれるのだ。極端な言い方をすれば,私がこれまで聴いたブラジル音楽の中でも,最高のアルバムの一枚だと思っている。いきなりストリングスが飛び出してびっくりするが,そこからボサ・ノヴァの世界に入っていく流れも最高なのだ。だからこそ,Celso Fonsecaのアルバムには常々期待するのだが,このレベルには達しないというのが常で,いかに私がこのアルバムに惚れ込んでいるかの裏返しである。

印象的なジャケット・デザインを含めて実に素晴らしいアルバム。傑作である。

Personnel: Celso Fonseca(vo, g, arr), Eduardo Souto Neto(arr), Milton Nascimento(vo), Jaques Morelenbaum(cello), Marcio Montarroyos(tp), Nivaldo Ornelas(sax), Arthur Maia(b), Luis Alves(b), Marcos Suzano(perc), Ramiro Musotto(perc), Robertinho Silva(perc), Angelo Dell'orto(vln), David Chew(cello), Eduardo Pereira(vla), Leo Ortiz(vln), Philip Doyle(tp), Raul Mascarenhas(sax, fl), Vittor Santos(tb)

2022年7月23日 (土)

Ambitious Loversってのは面白いバンドだった。 #AmbisousLovers

_20220722"Lust" Ambitious Lovers(Elektra)

このアルバムがリリースされたのが1991年のことである。私が丁度NYCに在住している頃で,その時に購入したものだが,30年以上経っても,かなり好きなアルバムである。今にして思えば,当時は結構尖ったバンドであったが,なぜ私がこのアルバムを購入する気になったかは全く記憶から飛んでいる。多分店頭でプレイバックされていて購入に至ったものと思われる。

何せArto Lindsayのバンドであるから普通な訳はないのだが,当時だったらArto Lindsayと言えばもっとノイズ系の音だと思ったら,出てきたのがファンクとブラジルの合体みたいな音楽だったので,意外性というのもあった。しかし,その後のArto Lindsayの活動や彼の出自を考えれば,彼とブラジルのつながりは実に深いものがあるから,こういうのも当然ありだということにはなる。いずれにしても,出てくる音は結構「まとも」である(笑)。もちろん,効果音的に入るArt Lindsayのノイジーなギターもちょこちょこ出てくるが...。

そもそもAmbitious Loversのアルバムのタイトルは"Envy"→"Greed"と来て,この"Lust"である。嫉妬,強欲,そして色欲という「七つの大罪」がタイトルになっている訳で,本来なら7作出す予定もあったはずが,3作目の本作で解散となったのは,このバンドが好きな私としては惜しいと思えた。

それはさておきである。Nile Rogersが参加した曲のどファンクな感じもあれば,ラストに収められた"É Preciso Perdoar"のようにもろボサ・ノヴァ的な演奏の混じり具合が実に心地よい。Nile Rogersのギターのカッティングなんて,まさにNile Rogersの音であるが,それがAmbitious Loversにフィットしているし,ゲストで入るCaetano Velosoの声だって,うまくブレンドしてしまっているところが,このファンクとブラジルなら何でもありのようなAmbitious Loversの音楽の真骨頂という気がする。ファンク系の曲ではMelvin Gibbsの重量級のベースも効いている。ちょっと甘いの承知で星★★★★★。いずれにしても,こういうグループの音楽が,メジャーのElektraレーベルから出たってのも今となっては信じられないような事実である。久々に前2作も聞いてみることにするか。

その後,来日公演も行っているArto Lindsayはさておき,Peter Schererはどうしているのかと調べてみると,母国スイスに戻って,映画音楽を書いたり,教鞭を執ったりしているようである。

Personnel: Arto Lindsay(vo, g), Peter Scherer(key, p, g, sampler, synth-b, vo), Melvin Gibbs(b), Tony Lewis(ds), Nana Vasconcelos(perc), Marc Ribot(g), Billy "Spaceman" Patterson(g), Nile Rogers(g), Lorelei McBroom(vo), D.K. Dyson(vo), Lovejoy Simms(vo), Mauxa(vo), Vera Negli(vo), Mark Anthony Thompson(vo), Caetano Veloso(vo), Gail Lou(vo)

2022年4月15日 (金)

Eliane Eliasのベスト盤:コンピレーションとしてはどうなのかねぇ...。 #ElianeElias

_20220413 "Perspectiva: The Best of Eliane Elias" Eliani Elias(Somethin’ Else)

Eliane Eliasに何を求めるかってのは結構難しい。このブログで彼女のリーダー・アルバムとして"Dreamer"を取り上げたことがある(記事はこちら)が,それもボサ・ノヴァ・アルバムだったように,ブラジル出身だけにそういう音を求めるリスナーも多いように思う。しかし,現在の旦那であるMarc JohnsonとのアルバムやSteps Aheadでの仕事を聞けば,決してブラジル音楽(それも歌もの)に留まる人ではない。

このコンピレーションはおそらくは日本編集によるものだろうから,国内制作のアルバムからの選曲ということになっていると思う。そもそも国内制作ゆえのつくりってのが根底にあるから,一般的なEliane Eliasのイメージに基づくものとなっているのはそういうもんだろう。

しかし,そうだとしても,プロデューサーあるいはコンパイラーが明示されていないのは,ベスト盤としてはどうなのよ?って思ってしまう。こういうベスト盤は選曲のみならず,曲順ってところにもセンスが表れると思うのだが,責任者を記載しないのは,無責任の誹りは免れない。ついでに言っておけば,曲ごとのパーソネルを記載するのも筋で,それをしないところにSomethin’ Elseあるいは東芝EMIのいい加減さを感じてしまうのだ。

これはここに収められた音楽の質とは関係ない話かもしれないが,売れればいいのか?って感じさせると言いたくもなる制作姿勢が気に入らない。演奏には特に文句はないし,相応に楽しめるが,こういう作りをしてしまうレコード会社は,ミュージシャンに対するリスペクトが足りないと言わざるをえない。そういうことをEliane Elias本人はわかっていたのだろうか...?あるいはこのCDの購買層には関係ない話だったというのだろうか?

我ながら理屈っぽいとも思いつつ,やっぱり納得がいかない。

2022年1月19日 (水)

イタリア人ミュージシャンがJobimの有名曲を交えて,軽くブラジル風に演じたアルバム。

_20220118 "Jobim Variations" Fabio Zeppetella(EmArcy)

ジャズ・ミュージシャンの間でもAntonio Carlos Jobimというのは特別な位置づけにあるが,それは世界のどこでも同じってことで,本作はイタリアのミュージシャンがJobimの有名曲に,自身のオリジナルを交えて,ストリングスも導入しながら軽いサウンドを生み出したアルバムである。

私はてっきりこのアルバムについて,既にブログにアップした気になっていたのだが,どうも完全に失念していたようだ。Fabio ZeppetellaについてはKenny Wheeler入りの"Moving Lines" をアップしていた(記事はこちら)ので,その気になっていたのかもしれない。このアルバムは2009年にリリースされているが,"Moving Lines"も2009年に記事を書いているから,やっぱりそういうことだろうなぁ(苦笑)。

それはさておき,上述の通り,Jobimの相当な有名曲とメンバーのオリジナルが並んでいる。Jobimの曲は"How Insensitve","Sem Você","Wave","Corcovaco",”Ipanema","Águas de Março",そして"Dindi"とまぁお馴染みの曲が並び,そこにメンバーのオリジナルとIrving Berlin作の"Change Partners"が並ぶという構成なのだが,Jobimの曲とほかの曲が何の違和感もなく混じりあっていて,これはなかなかくつろげる。だからこそ"Jobim Variations"なのねぇと納得していしまう私である。そうは言ってもJobimの曲もストレートにばかりやっている訳ではなく,崩しも入っている感じなのがこれまた"Variations"な訳だな。"Ipanema"はピアノ・ソロ,"Águas de Março"はベース・ソロだもんなぁ...。

このアルバムは,Jobimの曲に関しては変化球,オリジナルに関してはブラジル風味の直球勝負みたいな感じと言えばいいかもしれないが,時にムーディーにさえ感じさせる演奏は決して仕事の邪魔にならないのもよかった(笑)。いずれにしても,12年以上寝かせていたって感じで,リリース以来何度プレイバックしたかもわからないが,久々に聞いても実に面白いアルバムであった。星★★★★。

Recorded on November 13-15, 2008

Personnel: Fabio Zeppetella(g), Danilo Rea(p), Ares Tavolassi(b), Aldo Romano(ds)

2021年11月30日 (火)

Marisa Monte,10年ぶりのスタジオ録音作だそうである。これがまたも素晴らしい。

Marisa-monte "Portas" Marisa Monte(Sony)

私は長年,Marisa Monteの音楽に痺れていると言っても過言ではないが,Marisa Monteがスタジオ録音のアルバムをリリースするのは"O Que Você Quer Saber de Verdade(あなたが本当に知りたいこと)"以来10年ぶりになるということだ。そのアルバムが出た時も私は絶賛している(記事はこちら)が,その年は私はMaria Ritaがマイ・ブームになっており,その年のベスト盤には前作は選んではいないものの,十分高く評価していたつもりである。本作はそれ以来のスタジオ録音ということだが,当初はデジタル音源でリリースされていたものが,CDでもリリースされると知って,早速購入したもの。そしてやっぱり今回もMarisa Monteは素晴らしかった。

上記でリンクした記事でも書いているが,私はMarisa Monteの魅力はその声にあると思っている。あの魅力的な声で歌われたら,大概の場合,まいってしまうだろうと思う。そこへ今回は全17曲という大盤振る舞いである。それも粒よりと言ってよい佳曲が並んでいるのだから,これはたまらん。

極めてヴァラエティに富んだ曲が並んでいるし,派手目のアレンジが施された曲もあり,私としてはもうちょっとしっとり感があってもよかったかなとも思うが,そんなことはどうでもよくなるような魅力がこのアルバムにはあると言っておこう。様々なコラボを通じて生み出された佳曲の数々に身を委ねていればOKみたいな感じになってしまう。久しぶりに2曲にArto Lindsayが共同プロデュースで関わっているのも嬉しかった。貼り付けた映像でやっている"Calma"もそのArto Lindsayとの共同作業で生まれた曲である。

とにかく,全編に渡って私にとっては心地よいことこの上なく,師走を前にいいものを聞かせてもらったって感じである。今回も軽々と標準的なレベルを越えたナイスなアルバム。星★★★★☆。彼女のほかのアルバムも久しぶりに聞きたくなる効果は絶大。買い逃していたTribalistasの第2作も慌てて発注した私(笑)。

Personnel: Marisa Monte(vo, g), Dadi(g, b, p, el-p, perc), Nicolas Hakim(g), Davi Moraes(g, b, perc), Chico Brown(vo, g, p), Pedro Baby(g, perc, vo), Marcelo Camelo(g, b, perc), Jorge Drexler(vo, g), Mauro Deniz(cavaquinho), Paul Wilson(p, org, synth), Pretinho de Seminha(key, perc, vo),  Claudi Andrade(el-p), Melvin Gibbs(b), Martin Leiton(b), Kassa Overall(ds), Jorginho Gomes(ds), Kassa Overall(ds), Calinhos Brown(perc),  Michael Leonhart(tp), Seu Jorge(fl, vo), Melanie Charles(fl), Silva(vo), Flor(vo) with Strings and horns

2021年11月21日 (日)

CDの整理をしていて,久々に聞いたVinicius Cantuária。

_20211120 ”Horse and Fish” Vinicius Cantuária(Bar None)

ここのところ,買ったCDを全く整理していなかったので,デスク脇にはうずたかくCDの山ができていた。部屋の整理も兼ねて,CDを片付け,収納すべき場所に収納を進めていて,久しぶりにこのアルバムが目に留まってしまった。

Vinicius Cantuáriaについては,アルバム"Vinicius"や"Cymbals",そして"Samba Carioca"にBrad Mehldaugが参加していることもあって,それらのアルバムは保有しているが,本作はBrad Mehldauは参加していないものの,結構Vinicius Cantuáriaの音楽が気に入って購入したものと思う。しかし,それでも放置状態を続けていて,聞くのは何年振りだろうか?

このアルバムを聴いてこれは象徴的だなぁと思ったのが冒頭のGilberto Gilが書いた"Procissão"である。ほかの曲に比べて,この曲におけるエレクトリックな感覚,あるいは明らかに異なるムードが異色に響く。その後は比較的オーセンティックなボサノバ的な音楽が続くが,多少ベース・ラインが強調されているように思える部分もあって,その辺りはコンテンポラリー感が強い。Vinicius Cantuáriaの弾くエレクトリック・ギターのトーンもそういう部分があるが,これは聞いていてなかなか面白いと思えるものであった。

このアルバムは,私が保有するほかのVinicius Cantuáriaと異なり,固定メンツでのレコーディングとなっているが,こうした音場を生み出すにはある程度メンバー間のコンセプトの共通理解が必要だったのかもなぁなんて思ってしまった。それにしてもやっぱり"Procissão"は異色だ。星★★★★。ほかのアルバムもここのところ全然聞いていないので,そのうち聞いてみようっと(笑)。

Recorded in October, 2003

Personnel: Vinicius Cantuária(vo, g), Paulo Braga(ds, perc), Paul Socolow(b), Michael Leonhart(tp, perc, synth), Mauro Refosco(perc), Nanny Assis(perc)

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール

2023年のおすすめ作

2022年のおすすめ作