2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「歌謡曲」の記事

2021年7月 1日 (木)

キュートな上白石萌音が70年代歌謡を歌うということ。

1_20210628222201「あの歌-1-」上白石萌音(Universal)

ドラマでも大ブレイクしている上白石萌音である。本来なら妹の萌歌の方がもっとメジャーになってもよかったところだが,姉の方がポピュラリティとしては想定以上に先んじてしまった感じだろうか。しかし,姉妹二人そろって歌も芝居も両刀使いってところが実に素晴らしい。私はどっちも可愛いと思うが,見た目的には姉の萌音ちゃんの方が親しみやすいかなぁってところである(笑)。

それはさておき,その萌音ちゃんが70年代,80-90年代の曲をカヴァーしたアルバムを2枚同時にリリースしていると知って,当然私はまずは70年代の方からストリーミングで聞いたのであった。いやはやチャーミングではないか。CDを買おうとは思わない(でも一瞬発注しそうになった:爆)が,一緒に歌いたくなる曲が揃っている。だって冒頭から「年下の男の子」だもんなぁ。

こんなキュートな歌い方をしながら,「君は薔薇より美しい(私の持ち歌だ:笑)」とか「勝手にしやがれ」を歌っているのにはびっくりするが,それなりにちゃんとこなしているのがいいねぇ。私の感覚で言えば,「歌のうまい子が昔の曲を歌ってみました」って感じではあるのだが,上白石萌音のようにポピュラーな人がこうした曲に改めてスポットライトを当てることにこそ意義があると思う訳だ。今の若人には全く縁がなかったであろう昔の曲の魅力を知らしめるということの重要性は,過小評価してはならないと思う。

歌いっぷりは平板と言えばその通りだ。しかし,私のような70年代を同時代とするような人間にはよくやってくれたとしか言いようがない。選曲からしてこの人は一本芯が通っていると思わせるに十分なアルバム。そうした中でこの人に一番合っていると思わせたのは「夢前案内人」と思った。山口百恵のオリジナルもいいと思ったが,この曲の魅力を改めて感じさせてもらった私であった。これに限らずどの曲もオリジナルの強さが明白なので,相応に楽しめるものではあったが,萌音ちゃんのキュートな歌いっぷりがいいのだ。但し「木綿のハンカチーフ」は絶対太田裕美の方がいいが...。なぜなら私は上白石萌音の歌では泣けなかったからだ(きっぱり)。

続けて80-90年代をカヴァーした「あの歌-2-」も聞いているが,そっちも捨てがたいとしても,やはりおっさんには70年代のこっちの方が好き(ジャケは-2-の方が好きだが...)。続編の方では「AXIA ~かなしいことり~」の収録には驚いた。この曲の12インチを今でも保有している(記事はこちら)私としては本当に嬉しい。改めて斉藤由貴のオリジナルを聞きたいと思わせるところが立派なのだ。

いずれにしても,歌手としても女優としても,上白石萌音はこれからも応援したいと思わせるに十分な2枚であった。娘にしたいわ(爆)。

2021年5月26日 (水)

30数年ぶりに聞いた「タモリ3 戦後日本歌謡史」。

Photo_20210511185701 「タモリ3 戦後日本歌謡史」タモリ(Alfa)

唐突だがこのアルバムである。実は私はこのアルバムを以前保有していた。大学時代に一旦発禁になったこのアルバムが,新星堂を通じて限定的にリリースされた時に購入したのであった。それが社会人になって寮生活をしている時に,会社の後輩に貸したと思っていたものが,忽然と姿を消して35年以上の時間が経過した。しかし,どうしてもまた聞きたくなってしまい,今更ながら中古でゲットしたのであった。それにしてもあのレコードはどこに行ってしまったのだろうか...?

それはさておきである。超久しぶりに聞いて,我ながら笑ってしまったのが,このアルバムの内容をほぼ完璧に覚えていたことだ。一体学生時代にどれだけこのレコードを聞いていたのかと思ってしまうぐらいなのだ。当時は「タモリ」も「タモリ2」も,更には「ラジカル・ヒステリー・ツアー」のレコードも持っていたのだから,私も相当のアホだが,一番聞いたのが多分この「タモリ3」だと思う。

内容は,発禁になっても仕方がないと思えるパロディの連発である。ほぼ原曲そのままに歌詞を変えただけではないかという感じの曲もあり,そりゃ引っかかるわと言いたくなるような曲の連続である。そこに加わるナレーションやものまねも大体覚えている自分に正直呆れてしまった。ついでに歌の部分ではレコードを聴きながら一緒に歌ってしまった私であった。

今やタモリは密室芸人でもなんでもないビッグネームとなってしまったが,タモリが「オールナイト・ニッポン」をやっていた頃をこのレコードを聞きながら懐かしく思っていた。こうして人間は歳を取っていくのねぇ...。それにしても今聞いてもよくできたパロディ盤であった。このレコードを「歌謡曲」カテゴリーに入れていいのかと思うが,副題が「戦後日本歌謡史」だから,まぁよかろう。

2020年11月16日 (月)

私にとっての今井美樹の原点

_20201112 "Ivory II" 今井美樹(For Life)

私がこのブログで取り上げる日本のポップス・シンガーは極めて限定的なのは読者の皆さんならご存じのはずであるが,数少ない例外が今井美樹であることは間違いない。今でも今井美樹が歌ったYuming集や"I Love Piano",そしてこのアルバムは私のCDラックの中でも優遇された位置に置かれているのだ(笑)。

私が今井美樹がいいねぇと思ったのは多分NYC在住中の頃である。友人の家に今井美樹が出ていた「あしたがあるから」のビデオがあって,それを見ていて思ったのが主題歌である"Piece of My Wish"のよさだったのだ。それがずっと記憶に残っていて,帰国後,このベスト盤が出た時に購入したのが1993年のはずである。その頃はまだ,今や今井美樹を象徴する曲となった"Pride"のリリース前であるが,そんなことは関係なく,私はこのアルバムに痺れてしまったのであった。

私が今井美樹に魅力を感じてしまうのは,彼女の声や歌唱はもちろんだが,イメージにフィットした曲を選んでいるということだと思う。このポップな感覚は万人受けすると思うが,私にとっても極めて高い訴求力で迫ってくる。加えてかまやつひろしが書いた"Tea for Two"のボサ・ノヴァ・タッチにだってピッタリなんだから,全く文句の言いようがないのだ。

今でも今井美樹のアルバムが出ると買ってしまう私だが,全部が全部いいとは思わないとしても,今でも魅力的な歌手だと思う。特にレア・グルーブ的なノリは特にいいと思っている。いずれにしても,私にとってラッキーだったと思うのは,彼女の音楽との出会いが本作だったということだろう。これは実によくできたベスト・アルバムであり,今でも十分魅力的に響く。久しぶりに聞いたが,現在でも十分通用するナイスなアルバムである。星★★★★★。

やっぱり原初的な体験は重要だよねぇとつくづく思った私である。そして上田知華の書く曲はよかったなぁと改めて感じた。

2020年10月22日 (木)

筒美京平の"History" 聞き,Vol.1の最後はCD4枚目で完全同時代(笑)。

1_20201018112601 筒美京平の業績を振り返るということで,"History" Vol.1を聞いてきたが,今日はその4枚目ということで,まずはここで一段落。

ここに入っている曲になると,私は中学生になっており,既に洋楽に目覚めている時期になるが,それでも深夜放送は結構聞いていたから,実に馴染みの曲が多い。私が聴いていたのがもっぱら「ABCヤングリクエスト」で,その番組では,邦楽と洋楽が交互にかかるという方式だったはずで,そこで当時のヒット歌謡も聞いていた訳である。

それはさておき,この年代になると,完璧同時代感をおぼえるが,このCD4においては岩崎宏美と太田裕美が非常に重要な位置づけにあることがわかる。私にとっては太田裕美では「木綿のハンカチーフ」が究極ではあるが,デビュー曲「雨だれ」も実に懐かしい。また,岩崎宏美の曲もどれもよくて,ついつい歌いたくなるものばかりである(爆)。

更にこのディスクはスリー・ディグリーズの「にがい涙」とか,Dr. ドラゴン&オリエンタル・エクスプレスの「セクシー・バスストップ」が入っていて,おぉっ,フィリー・ソウル!って感じで,この辺が私の洋楽心を刺激したはずである。

そしてもう1曲,桑名正博の「哀愁トゥナイト」である。桑名正博と言えばVol.2収録の「セクシャルバイレットNo.1」になりがちだが,私は曲としては圧倒的に「哀愁トゥナイト」の方がいいと思っている。ロックとソウルを感じさせるのである。この曲は現代においては認知度は決して高くないだろうが,私はカラオケでついつい歌ってしまうのだ(爆)。

結局,こうして聞き続けてくると,筒美京平の歌は歌いたくなるものである。「にがい涙」ですら,巻き舌交えたカタコトの日本語を真似て歌ってしまう私である(笑)。そうした衝動を生んでしまう,それが筒美京平の曲だということだと思う。本当に惜しい人を亡くした。

近いうちにVol.2も聞くことにしよう。

2020年10月21日 (水)

そしてまた筒美京平に戻るってことで,今日は”History Vol.1” の3枚目。

1_20201016223901 コンピレーション”History Volume 1"の3枚目となると,完全に同時代感が増してくる私である。スタートは南沙織の「17才」であるが,その後に野口五郎,西城秀樹,郷ひろみの御三家が出てくる。

それはそれで私にとっての同時代感には満ちているのだが,このCD3枚目で私がたまらんと思ったのは麻丘めぐみなのだ。彼女の「姫カット」と言われた髪形は今でも覚えているが,それよりも彼女は脚が奇麗だったというのが子供心にも感じていた私である。ここに入っているのはデビュー曲「芽ばえ」,「女の子なんだもん」,そして「私の彼は左きき」の3曲だが,どれを聞いても「萌え~」っとなってしまうオヤジなのだ。アイドルとはこうあって欲しいなんて今さらながら思える王道である。

そしてこの3枚目で印象的だったのは岡崎友紀の「私は忘れない」だ。岡崎友紀と言えば,私にとっては「おくさまは18歳」と「なんたって18歳」,そして「ママはライバル」辺りになるが,彼女の絶頂期と言っていい,それらのドラマの時期にリリースされたこの曲は,何ともいい曲なのである。確かにこのメロディ・ラインは聞き覚えがあったが,これほどの曲だとは思っていなかった。

このディスクになると,私は小学校の4~5年ぐらいで,徐々にテレビから深夜放送に移行し始める年頃だったかもしれない。だからこそ,ここに入っている曲は当時のテレビ番組で放送されたり,AM放送でエアプレイされていたがゆえに記憶が結構ヴィヴィッドなんだろうと思う。

Photo_20201016224501でもやはりこのCD3は麻丘めぐみなのだ(きっぱり)。私より彼女は年上だが,小学生の私でさえマジで可愛いと思っていたよなぁ。その頃は天地真理押しの私だったが,今だったら絶対麻丘めぐみを取るな(爆)。後の森高千里と言い,麻丘めぐみといい,脚の綺麗な人に弱いのである。

この3枚目のディスクには南沙織の曲が結構入っているのだが,それはそれで捨てがたいものではあるのだが,私にとっては麻丘めぐみにつきると思わせた1枚であった。あまりに懐かしいので,彼女の写真もアップしてしまおう(笑)。これで萌えない奴とは友だちになれない(アホか?)。

2020年10月19日 (月)

続けて筒美京平の"History"を聞く。今日はVol.1のCD2。

1_20201015190401 筒美京平が亡くなったことを受けて,改めて彼の業績を振り返るべく,”History"を聞く2回目。Vol.1のCDの2枚目を聞くと,その冒頭の3曲でまいったとしか言えなくなってしまった。だって,「また逢う日まで」~「真夏の出来事」~「さらば恋人」である。私の自我が明確なものとなった昭和46年のこれらの曲は強烈な印象を残したものばかりであり,明確な記憶として私の脳内に存在している。

そしてCD2の面白いところは,その最後にザリバの「或る日」が入っていることである。ザリバと言えば,知っている人は知っているが,知らない人にとっては何それ?って感じだろう。そのザリバには若き日の矢野顕子が参加していることを知ったのは,私も随分後になってから(って言うより,このコンピレーションを買ってようやく知った)のことなのだが,こういうところに才能の集積というか,類は友を呼ぶって感覚を覚えざるをえない。

それはさておき,このCD2で印象深いのは欧陽菲菲だろうか。「恋の追跡」なんてタイトルがついているが,明らかにChaseの「黒い炎」のようなブラス・ロック的なノリには笑ってしまう。これを聞いて,私がカラオケでこの曲に挑んだことは言うまでもない(爆)。それとかチェリッシュとかは実に懐かしかったが,それよりも渚ゆう子の「さいはて慕情」とか,朝倉理恵の「あの場所から」とか無茶苦茶いい曲じゃないかと思ってしまうことの方が印象深い。

小学校の中学年ぐらいの,まだ洋楽に目覚める前の私にとってはとにかく懐かしい曲ばかりだが,実のところ筒美京平が書いた曲から,私の洋楽志向が芽生えるきっかけになったのかもしれないなぁなんて聞いていて思った私である。

2020年10月18日 (日)

改めて筒美京平を偲んで”History”を聞く。今日はまずはVol.1のCD1枚目。

1 筒美京平が亡くなったということは,私のような年代のリスナーにとっては,ある時代の終焉を象徴する出来事となっているはずである。彼の追悼記事を書いた時にも触れたが,私はかなりの数の彼の曲をカラオケで歌えてしまう。それは同時代だったこともあるが,その魅力的なメロディ・ラインは,現代でこそまた光ると思っている部分もあるから,カラオケでがなっていたのだ(最近は全然行っていないというよりも,行けないが...)。

改めて彼の業績を偲ぶためには,CD4枚組×2でリリースされた”History"以外の手立てが私にはない。"History"はiPhoneに突っ込んであるが,CDで聞くのは無茶苦茶久しぶりである。追悼するために改めて取り出すとは思わなかったが,やはり聞きたくなってしまった。

CD1だけを聞いても,いきなり「ブルーライト・ヨコハマ」でスタートし,2曲目もいしだあゆみ,そして弘田三枝子からグループサウンズに突入する流れを聞いているだけでたまらん。だってヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」やオックス(「スワンの涙」とか懐かしかった。)とかから,改めていしだあゆみの「あなたならどうする」を経て最後は「サザエさん」ってどういう頭の構造なのかと言われても仕方のない多様さである。

まだCDの1枚目は私の自我がちょうど目覚めた時期と重なっている(「ブルーライト・ヨコハマ」は私が小学校1年)とも言えるが,全部が全部知っている訳ではない。それでも既視感いっぱいな感覚を覚えるのはやはり同時代ゆえって感じである。このディスクで言えば,黒沢明とロス・プリモスの「ヘッド・ライト」なんて10年以上前に記事にしているのだ(記事はこちら)。やっぱり好きだったのねぇなんて改めて思ってしまうが,とにかく子供にとっても印象に残る曲を書いていたのだと思わざるをえない。朝丘雪路の「雨がやんだら」なんて今でも完全にメロディ・ラインを覚えているしねぇ。それがこのディスクに入っているどの曲にも当てはまる訳ではないが,何らかのかたちで確実に私の脳内に記憶されているのである。例えば橋幸夫の「京都・神戸・銀座」における「しのびあ~い,めぐりあ~い」のフレーズとか,おぉ~,覚えてるぞ~って感じなのだ。

懐かしさとともに,筒美京平の偉大さを感じた1枚。しばらくはこのシリーズが続く(笑)。

2020年10月13日 (火)

追悼,筒美京平。

Photo_20201012224801

筒美京平が亡くなったというニュースを聞いて,本来別の記事をアップする予定だったのをずらし,これを書いている。

メディアでは「昭和歌謡」という言い方をしているものもあったが,筒美京平の活動は,確かに昭和の時代が黄金期であったとしても,その後も素晴らしい活動を続けていた。私は筒美京平作曲と聞くと,ついついシングルも買ってしまったりするのが通例となっていたぐらいだ。例えばTOKIOの"Ambitious Japan"は言うまでもなく,中川翔子の「綺麗ア・ラモード」とかもCDを持っているのだ。それぐらい,彼は私の心をくすぐる作曲家だったのである。

私の親しい人は,私が「木綿のハンカチーフ」という曲を聞くと,いかなる反応を示すかをご存じのはずだが,それは松本隆の詞が影響している部分は否定できないとしても,筒美京平のあのメロディがあるからこそ,私に劇的な反応をもたらすのだ,と言いたい。

とにかく,筒美京平の書いた曲が私の心をとらえるということを象徴的に示すのが,私がカラオケで歌う曲がかなりの確率で筒美京平の書いた曲であるってことなのだ。ここ数年は「哀愁トゥナイト」にはまっていたが,メジャーなところから,マイナーなところまで,かなりの曲を歌えてしまう私だ。

そして,悪く言えば「パクリ」になるのだが,同時代の洋楽のいいところを活かす術にも長けていた。例えば,野口五郎の「19:00の街」なんかは当時のはやりのBee Gees,もしくはBarry GibbプロデュースのBarbra Streisandの”Woman in Love“的なところなどは,それ,まんまやん?って言いたくなるようなアレンジである。しかし,それはあくまでもアレンジメントであって,曲のパクリではない。しかし,そうした既視感を楽しんでいたリスナーも実は多いのではないだろうか。

私は筒美京平の才能は,Burt Bacharachに匹敵すると思っていたし,彼が生み出した曲の数々は,エヴァーグリーンとして歌い継がれていくはずである。筒美京平が日本の音楽界にもたらした功績は,私の表現力を越えて余りある。まさに日本歌謡界の「巨人」であるが,そのキラ星のごとき楽曲の数々を聞いて,近々,改めて筒美京平の業績を振り返ることとしたい。

R.I.P.

2020年8月31日 (月)

出張の道すがら聞いていた森高千里

Photo_20200829165201

「この街 TOUR 2019」森高千里(ストリーミング)

私が結構な森高千里好きなのは,このブログにも何度か記事をアップしているのでバレバレである。50歳を過ぎた今でも,現役でミニスカで歌い踊る森高千里には相変わらず萌え~となってしまうアラカンの私である。

そんな森高千里が昨年行ったツアー音源がストリーミングで公開されているのを見逃す私ではない(きっぱり)。新型コロナウイルス禍により,全然出張もできていなかった私だが,久々に地方に出張する機会があり,その道すがらでこの音源を聞いていたが,聞き始めたら結局最後まで聞いてしまったではないか。結局好きなのだ。

今回のライブは地元熊本への凱旋の模様だが,実は私が出張していたのも偶然熊本ということで因果を感じてしまった。そして,今回のライブにおいて私にとっての最大の注目点は「夜の煙突」をやっていることである。森高千里withカーネーションをオリジナルとするこの曲は,実は私のカラオケ・レパートリー(しかも振り付き:爆)なのだ。森高の脚線美が炸裂するそのPVは,以前このブログでもアップしたことがあるはずだが,しつこく今回もアップする。ほぼオリジナル通りの感じでやっていたが,やっぱりいいねぇ,この曲って思ってしまった。

地元熊本ということもあり,聴衆の盛り上がり方は異常と言ってもよいかもしれないが,おそらくは彼女と同年代もしくは,私ぐらいの世代の聴衆は正直やかましい。しかし,そうなることに若干のジェラシーとシンパシーを感じていた私であった。

「夜の煙突」だけを見るために映像版を購入するかは微妙だとしても,やっぱり見てみたいなぁなんて思う私はアホであるが,まぁ「ザ・シングルス」のツアー映像で我慢かなぁって気もする。でもやっぱり考えちゃうなぁ(爆)。

 

2019年5月25日 (土)

森高千里:歳を取っても可愛いねぇ。

Photo_17 出張の道すがら,Apple Musicで音楽を聞こうと思って,iPhoneを見ていた。すると,ニュー・リリースとして森高千里の『「ザ・シングルス」Day1・Day2 Live 2018 完全版』なる音源がアップされていたので,森高好きの血が騒ぎ(爆),早速聞いてみたのだが,おぉっ,シングル曲をリリース順にライブで再現しているではないか。新幹線での移動中,ほぼDay1を聞き終えたのだが,何とも懐かしく,そして森高千里の声が全然変わっていないことに驚かされてしまった。

森高は昨年,私が勤務する会社のイベントに登場して,その場を大いに盛り上げたのだが,その時にもその変らぬ魅力に,改めて元森高ファンとしての懐かしさを越えて,大したもんだと思っていた。しかし,この音源を聞いていて,これは全く凄いことはないかと思ってしまった。この声の変わらなさ,実に素晴らしい。この音源は先日リリースされたばかりのBlu-rayからのものだろうが,これは映像を見なければならんということで,即発注してしまった私であった。我ながらアホだと思いつつ,途中で歌詞が飛ぶのも可愛く,そして本当に懐かしかったのだ。Blu-rayが届くのが今から楽しみになってきた。

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール