2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ポップス」の記事

2021年4月16日 (金)

これを聞くのは何年ぶり?Kenny Rankinのスタンダード・アルバム。

_20210412 "A Song for You" Kenny Rankin(Verve)

Kenny Rankinが亡くなったのは2009年のことであったが,2002年リリースの本作が彼の遺作になるのだろうか。いずれにしても,私がこのアルバムをプレイバックするのはいつ以来のことか全く記憶にない。10年以上経過している可能性も否定できないぐらい,実に久しぶりにこのアルバムを聞いた。

このアルバムはTommy LiPumaとAl Schmittという強力コンビによりプロデュースされているが,実に穏やかなスタンダード集となっている。基本となるクァルテットが伴奏をつけ,ゲスト,ストリングス,ホーンが加わるという編成は結構豪華なものであるが,演奏や歌唱は力んだ部分が微塵も感じられない落ち着いた作品であり,これは完全に大人のためのアルバムと言ってよいだろう。

このアルバムで面白いのは"Round Midnight"と思うが,こういう感じの歌いっぷりってのは今までになかったって思える。思わず「へぇ~」となってしまうような,いい意味での「軽さ」がこのアルバムの特性だと言ってしまってもよいだろう。こういう音楽がバーで小音量でかかっていれば,絶対に耳をそばだてるだろうと思えるような洒脱さと言い換えてもよいかもしれない。更にBeatlesの”I’ve Just Seen a Face"やLeon Russellの"A Song for You"がこうなるか!?って思わせるのも実に面白い。崩しの美学って感じか。

本作は比較的取り出しやすい場所に置いてあるにもかかわらず,ちっともプレイバックしていない私も困ったものだが,久しぶりに聞いて,このアルバムの心地よい魅力を感じたのであった。刺激は全然ないと言ってもよいが,もっと知られてよいし,もっと聞かれてもよいと思えるアルバム。星★★★★。

Personnel: Kenny Rankin(vo, g), David Spinozza(g), Leon Perndervis(key), Christian McBride(b), Lewis Nash(ds), with John Beasley(synth, arr), Roy Hargrove(tp), Chris Potter(ts), Russell Malone(g), Alan Broadbent(arr) with strings and horns

2021年3月 1日 (月)

YouTubeに上がっていたJulie Andrews初来日時の模様。

気まぐれでJulei Andrewsのライブ盤を聞きながら,Webサーフィンをしていたらこの映像を見つけてしまった。あぁ,これってTBSで特番でやってたやつだなぁと思って,懐かしく見てしまった。二谷英明が司会兼通訳みたいな感じでやっているが,通訳としてはかなり適当でも,二谷が結構真っ当な英語を喋っていたという記憶があった。今聞いても,二谷英明の英語はかなりまともである(笑)。ただ,シナリオがあった上で通訳っぽくしてようなのは,今となっては...であるが,もはやそれは時効ってことにしよう(笑)。

ここで演じられている曲は1977年の来日時のライブとほぼ同じはずで,それを追体験するには格好の映像である。1977年当時はホーム・ヴィデオなんてものは我が家にはなかったから,私はこの番組を音だけ録音したと記憶しているが,それにしても懐かしい。この映像ではライブ盤に入っていない"Somewhere"が歌われているのが貴重だが,そう言えばライブでは歌っていたなぁなんて思ってしまう。ついでに言っておけば日本語で歌う「ドレミの歌」はカンペ付きとは言え,かなりいい線行っている。彼女の耳のよさはこういうところで明らかなのだが,それにしても懐かしい,私が高校1年の頃の映像である。この映像がネット上にアップされていたことだけで感動してしまった私であり,この映像が残っていてよかったというのが正直なところ。本当に素敵なライブであり,わが青春の一コマである。

2021年2月 7日 (日)

Joni Mitchellも参加したベネフィット・コンサートのライブ盤。まぁ珍盤ではあるな。

Stormy-weather "Stormy Weather" Various Artists(AT&T)

このアルバム,珍盤と言ってよいものだと思う。なぜなら公的にリリースされたものではなく,AT&Tのユーザ(長期契約者?)に配られたものだからである。しかし,その内容は注目に値するものであるから,今回取り上げてみよう。

私はこのアルバムにJoni Mitchellが参加していることを知って,何とか手に入れたいなぁなんて思っていたのだが,eBayであっさり入手できたはずだ。今でも結構eBayには出品されているから,決して入手は難しくない。しかも安値である。それはさておきなのだが,このCD,Don Henleyがコーディネートして,Walden Woods Projectのベネフィットを目的として開催したコンサートのライブ盤である。Don Henleyは自分でもコンサートに出演したりもしているが,今回はこのコンサートの裏方みたいなものだろう。因みに,私も在米中にWalden Woods Projectのベネフィット・ライブをMadison Square Gardenに観に行っているが,その時はDon Henley,Billy Joel,そしてStingというとんでもないトリプル・ビルであった。実はそこで本当にDon Henleyのソロ曲の魅力にはまってしまったのも懐かしい。

そして,このライブは西海岸,LAのWiltern Theaterにおいて,10人の女性ヴォーカリストがフル・オーケストラをバックに,古いスタンダードを中心に歌うというものであった。Joni Mitchellはその最後に,タイトル・トラックを歌っている。後にJoni Mitchellはオーケストラをバックに歌うという”Both Sides Now"と"Travelogue"を作っているが,本作もその2作もアレンジャーはVince Mendozaってことで,このライブがのちのアルバム制作の契機になったのかもしれないなんて想像してしまった。

出演している人たちは有名な人とそうでもない人さまざまだが,聞いていて思ったのはStevie Nicksはこういう曲とか伴奏には合わないなぁってことである。むしろ,Linda Ronstadtとか呼べなかったのかなぁなんて妄想してしまう私である。まぁ,企画アルバムなので星はつけないが,珍しいアルバムとして認識ておけばいいって感じである(笑)。

Recorded Live at Wiltern Theater on April 16, 1998

Personnel: Gwen Stefani(vo), Paula Cole(vo), Shawn Colvin(vo), Trisha Yearwood(vo), Sandra Bernhard(vo), Sheryl Crow(vo), Natalie Cole(vo), Stevie Nicks(vo), Björk(vo), Joni Mitchell(vo), Chuck Berghofer(b), Jim Cox(p), Peter Erskine(ds), Gary Foster(as), Mark Isham(tp), Plas Johnson(ts), Vince Mendoza(arr) with Orchestra

2021年1月25日 (月)

ってことで,今日は本家「つづれおり」。

_20210123-2 "Tapestry" Carol King(Ode)

昨日,本作へのトリビュート・アルバム"Tapestry Revisited"を取り上げたので,今日は本家「つづれおり」である。この記事を書こうと思って,Wikipediaでこのアルバムのことを見ていたら,1,000万枚以上売れたアルバムをダイアモンド・ディスクと言うそうだ。ゴールド,プラチナ,マルチ・プラチナってのはよく知られているが,ダイアモンドってのは初めて聞いた。よくよく見てみると,ほかにもダイアモンドはBeatlesをはじめ,結構あるようだが,勉強になりましたってことで(笑)。

"Tapestry Revisited"でも書いたことだが,アルバム全体で,名曲,佳曲揃いってのが凄いのだが,実にシンプルなバックの演奏の中で,このアルバムが出来上がっているのも素晴らしい。シンプルでも,曲の魅力でアルバムは優れたものになるし,売れるってことである。この手作り感というのも実に心地よい。

思い返してみれば,このアルバムがリリースされたのが1971年だから,私はまだ小学生だが,その頃から”It’s Too Late"はラジオから流れるのを聞いていたような気がする。その頃は英語を学ぶ前だから,意味なんかわかっていなかったが,メロディ・ラインは記憶に残っていた。後に英語を学ぶようになって,英語のディクテーション(聞き取り)のテキストとして,本作にも収められている"Will You Love Me Tomorrow"のThe Shirelles版が使われたのも懐かしい。今にして思えば,実にわかりやすい英語である。その時のテキストに使われたもう1曲はBilly Joelの"The Longest Time"だったかなぁ(遠い目...)。いずれにしても,そういうかたちでもCarol Kingの音楽には触れていたのだと今更ながら思う。

このアルバムが優れていることは,収録された曲がいかに数多くカヴァーされているかによっても明らかだ。もともとは職業作曲家転じて,自作自演歌手となったCarol Kingではあるが,ソングライターとしての功績は,このアルバムよりとっくの昔に成し遂げられていた訳だが,歌手としてもいけていたということを改めて感じさせる作品だったと言える。Carol Kingが歌わずとも,いい曲はいい曲なのはカヴァー・ヴァージョンでもわかるが,彼女の歌にはそれなりの魅力があることは言うまでもない。演奏や歌からは70年代初頭という時代感も感じられるが,やはり曲の魅力は不滅。星★★★★★。

尚,"Will You Love Me Tomorrow"には”The Mitchell / Taylor Boy-And-Girl Choir"という冗談のような名称で,Joni MitchellがJames Taylorともどもバッキング・ヴォーカルで参加している。

Recorded in January 1971

Personnel: Carol King(vo, p), Danny Kootch(g), James Taylor(g, vo), Ralph Schuckett(el-p), Charles Larkey(b), Russ Kunkel(ds), Joel O'Brien(ds), Curtis Amy(fl, sax), Merry Clayton(vo), Joni Mitchell(vo) with Strings

2021年1月24日 (日)

"Tapestry Revisited":誰が歌ってもいい曲揃いの「つづれおり」トリビュート。

_20210123"Tapestry Revisited" Various Artists(Atlantic)

タイトルの通り,Carol Kingの”Tapestry(つづれおり)"に様々なアーティストがトリビュートしたアルバム。95年にリリースされているので,もう四半世紀以上前か。光陰矢の如し,歳を取る訳だ(苦笑)。

こういうのを聞く前に,ちゃんとオリジナルを取り上げるべきなのだが,今日は完全に気まぐれである。本作は「つづれおり」の曲順通りに演奏されているのだが,それは曲順を含めて,「つづれおり」というアルバムが完璧であったということを示すものと言ってもよい。2020年版Rolling Stone誌の”500 Greatest Albums of All Time”の25位だもんねぇ。

オリジナルがリリースされたのが50年前であるが,曲のクォリティには一点の古臭さも感じられないと思わせる。それはこうしたトリビュート・アルバムでいろいろな人が歌ってもそうなのだから,やっぱり凄いことである。永遠のスタンダードと言ってもよい。Burt Bacharachの曲もそういうところがあると思うが,「アルバム単位」でってのはまさに強烈である。

参加している人たちは,地味なのか,派手なのかよくわからんという部分もあるが,これぐらいが丁度良かったって改めて聞いて思った。オリジナルにかなり忠実なものもあれば,手を加えて個性を出しているものもあるが,どっちにしてもいい曲揃いだった。星★★★★。

Personnel: Eternal, Rod Stewart, Amy Grant, Curtis Stigers, Richard Marx, Blessed Union of Souls, Bebe & Cece Winans Featuring Aretha Franklin, Faith Hill, Bee Gees, Manhattan Transfer, All-4-One, Celine Dion

2021年1月16日 (土)

久々に10CCを聞く。

_20210108 "Deceptive Bends" 10CC(Mercury)

10CCは,私がまだ中学生から高校生だった70年代中盤から後半に,その活動のピークを迎えていたというのが妥当な評価だと思う。本作に収録された"The Things We Do for Love(「愛ゆえに」である)"も結構はやったしなぁ。そんな記憶もあって,私が彼らのライブを見に行ったのが6年前(その時の記事はこちら)だが,曲のよさは変わらず,演奏も現役感たっぷりで,昔の名前で出ていますって感じではなかったのは実によかった。

そんな10CCの5枚目のアルバムである本作が出たのが1977年。私は完全に洋楽志向が固まっている高校1年の頃であった。私は彼らのMercuryレーベル時代のボックス,”Classic Album Selection: Five Albums 1975-78"の1枚として保有しているのだが,日頃はラックの奥に押し込まれており,このボックスを取り出すことも滅多にないが,そこは気まぐれである(笑)。そして久しぶりに聞いたらこれが実によかった。

このアルバムが当時注目された理由としては,バンドの片方のコアであったGodley & Cremeチームが脱退して初のアルバムだったからだろうが,2人が抜けたら5CCか?と揶揄されたとも言われる,残ったGouldman~Stewartチームは実にいい仕事をしたと思える作品である。このポップさと曲のクォリティは見事なもので,Godley &Cremeの脱退の影響は全然感じられないと言ってもよい。私は冒頭の"Good Morning Judge"からワクワクしてしまった。Gouldman~Stewartとしてもミュージシャンのプライドを掛けて制作したとさえ思いたくなるようなナイスなアルバムである。

オリジナルのアルバムの最後には3部構成の11分を越える"Feel the Benefit Part1-3"も収められていて,ポップでありながら,コンセプチュアルな感じも打ち出してしまうところが,バンドとしての質の高さを実証しているのも大したものだと思う。

私が保有しているボックス・セットは紙ジャケ・スタイルなのはいいのだが,ミュージシャンのクレジットとかが全くわからないが,Wikipediaによれば,このアルバムはGouldman~Stewartチームにドラマー,Paul Burgessを加えた3人で制作されているらしいが,実にレベル高く仕上げているのは立派なものである。星★★★★☆。

Personnel: Eric Stewart(vo, g, key, perc), Grahma Gouldman(vo, b, g, org, perc, autoharp), Paul Burgess(ds, perc), Del Newman(arr), Jean Alain Roussel(el-p, org), Tony Spath(p, oboe)

2020年12月28日 (月)

埋もれていたボックス・セット:”Bad 25th Anniversary”

Bad-25 ”Bad 25th Anniversary Edition" Michael Jackson(Epic)

ボックス・セットっていうのは買っても聞こうと思うものと,埋もれるものに絶対分かれるよなぁって思う。ボックス・セットに収められた音源は貴重かもしれないが,それをちゃんと聞こうとするのは多分コアな,それも相当コアなリスナーだけではないか。

私も正直言って,ボックス・セットは山ほど保有しているが,その中で頻繁に聞くものは極めて限定的なのだ。それは取り出しにくいってこともあるが,もっと気楽に聞ける音源を優先してしまうからだ。このボックスもボックスであるがゆえに,私がプレイバックする機会が実に少ないものと言ってよい。というか,そう言えば保有していたなってその程度の感じである。

Michael Jacksonのアルバムは,"Off the Wall"は結構な頻度で聞くし,"Thriller"もそこそこであるが,"Bad"を聞く機会が少ないのは,ボックスで保有しているからだろうと思う。しかし,このボックス,結構侮れないもので,オリジナルの"Bad",そこから洩れた未発表テイク,そして,WemblyでのライブDVDとその音源がセットになっているのだから,かなり強烈である。

このボックスがリリースされたのが2012年のはずだが,私はそれから何度"Bad"を聞いたのだろうかと,ついつい思ってしまう。ほとんど聞いていないと言っても過言ではないし,おそらくWemblyのライブは1回もプレイバックしていないのではないか。

そもそも音楽DVDはよほど出来がよくないと,何度も見る気になれないが,これなんて見てもいないのだから評価のしようがない。しかし,今回,気まぐれでこのボックスを取り出して,ライブの音源を収めたCDを聞いてみると,これがなかなか荒々しい。Michael Jacksonのライブってこんな感じだったのかぁなんて改めて思った次第。

ってことで,時間のある時に改めてちゃんと見聞きするようにしよう(苦笑)。しかし,Michael Jacksonって何にカテゴライズすればいいのかよくわからんなぁ。

2020年12月10日 (木)

”Reel Life”に続くBoy Meets Girlのアルバムなんだけど...。

_20201209 "New Dream" Boy Meets Girl(BMG)

Boy Meets Girlの"Reel Life"はつくづくいいアルバムだし,今でも好きである。だからこのブログにそのアルバムを取り上げた時もべた褒めしている(記事はこちら)。そこにも書いているが,彼らのアルバムで”Reel Life"に勝るものはないというのが私の中の評価である。今回,気まぐれで彼らの"Reel Life"の次に出たこのアルバムを久々に取り出したって感じなのである。でもやっぱり響かない。

なぜなんだろうと考えていて,彼らのポップな感覚は打ち込みよりも,リアルなサウンドでこそ光るような気がしてならないと思った私である。だからバンド・サウンドでやった”Indigo Drums"のような曲には大いに魅かれるのだが,どうも打ち込みバックの曲は魅力的に響かないのだ。

これが1990年当時の音だと言われてしまえばその通りかもしれないが,彼らに合う,合わないというのは確実に存在すると思う。私にフィットしないものは仕方ないので,やっぱり私は"Reel Life"に戻っていくことになるのだが,それでもクレジットを眺めていて,Bootsy Collinsが2曲で参加して,アレンジまで行っているのは面白いなぁと思ってしまった。Boy Meets GirlとBootsy Collinsでは私の中では交わる部分は全くないのに,ごく普通にバッキングを務めているのは実に意外であった。ついでにJeff Baxterの名前を見つけて懐かしく思った私である。

まぁ悪いアルバムではないのだが,前作が良過ぎたって,星★★★☆。

Personnel: Shannon Rubicam(vo), George Merrill(vo, key, b, ds) Joe Mardin(key, b, ds, perc), Joel Johnson(key), Jim Bredouw(g), John Morton(g), John Goux(g), Jeff Baxter(g), Trey Stone(prog, g), Bootsy Collins(b, g, ds), C.J. Vanston(b, key, orchstration), Michael Fisher(perc), Gradual Taylor(prog), Andy Snitzer(ts),Susan Boyd(vo), Phil Perry(vo), Lisa Miller(vo) and Others

2020年12月 3日 (木)

超絶豪華キャストの"Back on the Block"。

_20201201 "Back on the Block" Quincy Jones (QWest)

このアルバムが出たのが1989年。第33回のグラミーではなんと7部門も受賞ていたなんて全然知らなかった。いずれにしても懐かしいアルバムだが,正直言ってプレイバック頻度は高くないし,これより"Sounds and ... Stuff Like That!!"とかの方が好きだってのが,私の中では前提としてあるのだ。

このアルバムに収められた楽曲のクォリティは無茶苦茶高いのだが,いかんせんいろいろな曲が入っていて(入り過ぎていてと言ってもよい),てんこ盛りというか,捉えどころがないというかって感じになってしまうことは否めないと思う。ラップありぃの,ソウルありぃの,ジャズありぃのってのはやはり何でもあり感が強い。

そんな思いはありつつも,ここに登場する豪華絢爛なミュージシャンを見ていれば,そっちの方にびっくりさせられるという感覚の方が強いのではないか。Ella FitzgeraldとSarah Vaughanのジャズ界2大ディーヴァが共演してしまう(そして図らずも彼女たちのラスト・スタジオ録音は本作らしい...)のも凄いが,Ray CharlesとChaka Khanは一緒に歌ってしまうし,更には短いながらもMiles Davisさえ登場するってのは豪華絢爛を通り越してやり過ぎではないのかとさえ思ってしまう。下記のメンツはWikipediaから貼り付けて編集したものだが,それだけでも結構大変だったと言いたくなるようなキャスティングである。

まぁ,こういうメンツが集まって,和気あいあいとした雰囲気の中で作り上げられたのだろうと想像したくなるアルバムである。星★★★★。どんだけ金掛かってるねんと言いたくなるのが庶民の庶民たる所以(爆)。

Personnel: Quincy Jones(vo, clap, etc,), Gerald Albright(as), Nadirah Ali(vo), Maxi Anderson(vo), George Benson(g), Peggi Blu(vo), Michael Boddicker(prog, etc.), McKinley Brown(vo), Ollie E. Brown(perc), Jorge Calandrelli (synth), Tevin Campbell(vo), Ray Charles(vo), Paulinho da Costa(perc), Andraé ouch(vo, arr, cond), Sandra Crouch(vo, cond), Miles Davis(tp), El DeBarge(vo), George Duke(key), Chad Durio(vo), Sheila E.(perc), Nathan East(b). Geary Lanier Faggett(vo), Vonciele Faggett(vo), Ella Fitzgerald (vo), Keneth Ford(vo), Jania Foxworth(vo), Siedah Garrett(vo), Tammi Gibson(vo), Dizzy Gillespie(tp), James Gilstrap(vo), J.C.Gomez(perc), Jackie Gouche(vo), Gary Grant(tp), Reginale Green(vo), Herbie Hancock(key), Alex Harris(vo), Howard Hewett(vo), Jerry Hey(tp, key), Jennifer Holliday(vo), Pattie Howard(vo), Ice-T(rap), James Ingram(vo), Jesse Jackson(narration), Paul Jackson Jr.(g), Al Jarreau(vo), George Johnson(g), Louis Johnson(b, synth, vo), Tiffany Johnson(vo), Jean Johnson-McRath(vo), Big Daddy Kane(rap), Randy Kerber(key, synth), Chaka Khan(vo), Michael Landau(g), Rhett Lawrence(b, g), Edie Lehman(vo), Steve Lukather(g), Clif Magness(vo), Harvey Mason Sr.(ds), Donovan McCrary(vo), Howard McCrary(vo), Bobby McFerrin(vo,, perc), Melle Mel(rap), Kool Moe Dee(rap), James Moody(as), Perry Morgan(vo), David Paich(key), Phil Perry (vo), Tyren Perry(vo), Greg Phillinganes(key), Steve Porcaro(synth), Ian Prince(key, vo), Bill Reichenbach Jr.(tb), John Robinson(ds), Derrick Schofield(vo), Caiphus Semenya(vo), Shane Shoaf(vo),Alfie Silas(vo), Neil Stubenhaus(b), Rose Stone(vo, chorus dir), Bill Summers(perc), Al B. Sure!(vo), Bruce Swedien(perc, vo), Take 6(vo), Rod Temperton(drum machine, clap), Ian Underwood(prog, clap), Luther Vandross(vo), Sarah Vaughan(vo), Mervyn Warren(vo), Dionne Warwick(vo), Barry White(vo), Larry Williams(sax, key), Syreeta Wright(vo), Charity Young(vo), Michael C. Young(prog), Joe Zawinul(synth) 

2020年11月20日 (金)

Deacon Blueの新譜が出ていたのを全く知らなかった...。

_20201118 "City of Love" Deacon Blue (ear Music)

昨今は音楽に関する情報収集があまりちゃんとできていなくて,Deacon Blueが新作を出したことさえ気づいていなかった。ショップに行く機会もあまりないし,ネットでもDeacon Blueを取り上げた記事にはとんと出会ったことがないから仕方がないとは言え,結構私としては贔屓にしてきたバンドの動静はちゃんとフォローすべきだった。ということで,遅ればせながら彼らの新作をゲットした。

私はこのブログで,彼らの近年の作品を非常に高く評価してきた。2012年("The Hipsters"),14年("A New House"),16年(”Believers")と彼らのアルバムを私は年間ベストに選んでいることからすれば,私が彼らにどれほどまいっているかはおわかり頂けるだろう。私の乏しい表現力では「瑞々しい」としか言いようのない彼らのポップ・センスは実に素晴らしく,今回の新作にも期待するのが当然なのである。とか言いながら,彼らのライブ・アルバムをブログにアップしていないのはなんでやねん?と言われれば抗弁の余地はないが...。

それはさておきである。この新譜においても,冒頭のタイトル・トラックから彼ららしい音楽センスが出ていて,今回も期待したくなってしまった。しかし,徐々にそうした感覚が薄れていった感じがするのはなぜだろうか。一言で言ってしまえば,曲の魅力がイマイチって感じなのだ。今回,この記事を書くために,何回かプレイバックしたのだが,上述の3作に感じたような高揚感に乏しい。もろ手を挙げて「最高~っ!」とは言えないのである。

実はこのアルバムを聞く前に,リーダー,Ricky Rossのソロ・アルバム,"Pale Rider"や,Deacon Blueのベスト盤をCDやストリーミングで聞いていたのだが,そっちは実にいい感じだったところの反動が大きかったようにも思える。だが,私にとっては期待値が異常に高いバンドであるだけに,本作はちょっと残念というのが正直なところである。星★★★☆。でも好きなんだけどね。

Personnel: Ricky Ross(vo, p, key), Lorraine McIntosh(vo, perc), James Prime(key, vo), Dougie Vipond(ds, perc), Gregor Philp(g, key, vo), Lewis Gordon(b, g, vo), The Pumpkinseeds(strings), Colin Smith(pedal steel), Andrew Mitchell(g, b)

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール