2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ポップス」の記事

2020年11月20日 (金)

Deacon Blueの新譜が出ていたのを全く知らなかった...。

_20201118 "City of Love" Deacon Blue (ear Music)

昨今は音楽に関する情報収集があまりちゃんとできていなくて,Deacon Blueが新作を出したことさえ気づいていなかった。ショップに行く機会もあまりないし,ネットでもDeacon Blueを取り上げた記事にはとんと出会ったことがないから仕方がないとは言え,結構私としては贔屓にしてきたバンドの動静はちゃんとフォローすべきだった。ということで,遅ればせながら彼らの新作をゲットした。

私はこのブログで,彼らの近年の作品を非常に高く評価してきた。2012年("The Hipsters",14年("A New House"),16年(”Believers")と彼らのアルバムを私は年間ベストに選んでいることからすれば,私が彼らにどれほどまいっているかはおわかり頂けるだろう。私の乏しい表現力では「瑞々しい」としか言いようのない彼らのポップ・センスは実に素晴らしく,今回の新作にも期待するのが当然なのである。とか言いながら,彼らのライブ・アルバムをブログにアップしていないのはなんでやねん?と言われれば抗弁の余地はないが...。

それはさておきである。この新譜においても,冒頭のタイトル・トラックから彼ららしい音楽センスが出ていて,今回も期待したくなってしまった。しかし,徐々にそうした感覚が薄れていった感じがするのはなぜだろうか。一言で言ってしまえば,曲の魅力がイマイチって感じなのだ。今回,この記事を書くために,何回かプレイバックしたのだが,上述の3作に感じたような高揚感に乏しい。もろ手を挙げて「最高~っ!」とは言えないのである。

実はこのアルバムを聞く前に,リーダー,Ricky Rossのソロ・アルバム,"Pale Rider"や,Deacon Blueのベスト盤をCDやストリーミングで聞いていたのだが,そっちは実にいい感じだったところの反動が大きかったようにも思える。だが,私にとっては期待値が異常に高いバンドであるだけに,本作はちょっと残念というのが正直なところである。星★★★☆。でも好きなんだけどね。

Personnel: Ricky Ross(vo, p, key), Lorraine McIntosh(vo, perc), James Prime(key, vo), Dougie Vipond(ds, perc), Gregor Philp(g, key, vo), Lewis Gordon(b, g, vo), The Pumpkinseeds(strings), Colin Smith(pedal steel), Andrew Mitchell(g, b)

2020年11月16日 (月)

私にとっての今井美樹の原点

_20201112 "Ivory II" 今井美樹(For Life)

私がこのブログで取り上げる日本のポップス・シンガーは極めて限定的なのは読者の皆さんならご存じのはずであるが,数少ない例外が今井美樹であることは間違いない。今でも今井美樹が歌ったYuming集や"I Love Piano",そしてこのアルバムは私のCDラックの中でも優遇された位置に置かれているのだ(笑)。

私が今井美樹がいいねぇと思ったのは多分NYC在住中の頃である。友人の家に今井美樹が出ていた「あしたがあるから」のビデオがあって,それを見ていて思ったのが主題歌である"Piece of My Wish"のよさだったのだ。それがずっと記憶に残っていて,帰国後,このベスト盤が出た時に購入したのが1993年のはずである。その頃はまだ,今や今井美樹を象徴する曲となった"Pride"のリリース前であるが,そんなことは関係なく,私はこのアルバムに痺れてしまったのであった。

私が今井美樹に魅力を感じてしまうのは,彼女の声や歌唱はもちろんだが,イメージにフィットした曲を選んでいるということだと思う。このポップな感覚は万人受けすると思うが,私にとっても極めて高い訴求力で迫ってくる。加えてかまやつひろしが書いた"Tea for Two"のボサ・ノヴァ・タッチにだってピッタリなんだから,全く文句の言いようがないのだ。

今でも今井美樹のアルバムが出ると買ってしまう私だが,全部が全部いいとは思わないとしても,今でも魅力的な歌手だと思う。特にレア・グルーブ的なノリは特にいいと思っている。いずれにしても,私にとってラッキーだったと思うのは,彼女の音楽との出会いが本作だったということだろう。これは実によくできたベスト・アルバムであり,今でも十分魅力的に響く。久しぶりに聞いたが,現在でも十分通用するナイスなアルバムである。星★★★★★。

やっぱり原初的な体験は重要だよねぇとつくづく思った私である。そして上田知華の書く曲はよかったなぁと改めて感じた。

2020年9月12日 (土)

James Ingram:つくづくいい歌い手であった。

_20200907-2"The Power of Great Music" James Ingram(Warner Brothers)

昨年,惜しくも脳腫瘍で亡くなったJames Ingramのベスト盤を改めて聞いてみた。私にとってJames Ingramは,桑田佳祐もカヴァーした"Just Once"が最も印象に残る。桑田がカヴァーしたのは変名でレコーディングした嘉門雄三&Victor Wheelsのライブ盤であったが,もとはQuincy Jonesのアルバム,「愛のコリーダ(”The Dude")」中の1曲である。これをいち早くライブで取り上げる桑田のセンスに感心しつつ,この曲のよさをつくづく感じていたあの頃が懐かしい。後々になって,やはりBarry Mannの書く曲は素晴らしいと思っていたが,何を血迷ったか,カラオケでこの曲を歌ってしまうという暴挙に出る私なのであった(爆)。それぐらいいい曲なのだ(きっぱり)。

それはさておき,Quincy Jonesのアルバムでの歌いっぷりが素晴らしかったことから,ソロ・アルバムも出し,ビッグネームとのデュエット曲もヒットしたJames Ingramのキャリアを総括するにはこれほど適したアルバムはない。もう肝心なところは全部入っているって感じである。全12曲中4曲がデュエットってのもこの人らしい。

また,このアルバムにはBarry Mannの曲が4曲含まれているが,Barry MannとJames Ingramの関係は,Burt BacharachとDionne Warwickの関係みたいなものだったのかもなぁなんて考えてしまった。まさに相性ぴったりなのである。

そして,改めてこのアルバムのタイトルを見て,今更のようにそうだったのかと思う私も私だが,まさに「音楽の力は偉大だ!」と思わされる堂々たる歌唱の数々を聞いて,つくづく惜しい人を亡くしたと思った私であった。James Ingramは亡くなったが,これこそエヴァーグリーンと呼ぶべき歌唱の数々。これがオリジナル・アルバムならそうもいかなかっただろうが,これほどの名曲,佳曲揃いなら文句も出ない。このアルバムを聞きながら,James Ingramという歌手を偲びたいと思う。星★★★★★。ベスト盤ではあるが,クレジットも手抜きをしないライナーも丁寧に作られているおり,実に好感度が高い。人柄だな。

2020年5月 5日 (火)

元祖ヘタウマ? Nick DeCaroの”Italian Graffiti”。

_20200501-2"Italian Graffiti" Nick DeCaro(Blue Thumb→MCA)

私が初めてNick DeCaroの名前を見たのは,おそらくDoobie Brothersの"Stampede"を買った時なので,私が高校生の頃ではないかと思う。そこで確かNick DeCaroはアレンジャーとしての参加だったはずだが,そのNick DeCaroがアルバムを吹き込んでいるということを知ったのもおそらくその前後か,あるいはずっと後になってからであったと思う。

しかし,このジャケットである。よく出来たアルバムという評価は聞いていても,なかなか購入意欲が高まらないこと甚だしい訳だが,ようやく中古でゲットしたのがいつだったかは覚えていない。多分,町田在住時代に当時町田に大規模店舗を構えていたレコファンで購入したと思う。それはさておきであるが,このアルバム,最初に聞いた時はあまりピンと来ていなかった,何だかヘタウマだよなぁってぼ~っとしながら聞いていた記憶があって,プレイバックするのも久しぶりであった。

今回,久しぶりに聞いてみて,改めてプロデュースがTommy LiPumaだったことに気づく私であったが,なるほど,Michael Franksの源流はこの辺りだったかもと思ってしまった。今となっては元祖AORみたいな言い方もされるとしても,1974年にはこういう音楽は新鮮だったのかもしれないという感じである。

それにしても,この風貌からは想像もできないような声で歌うNick DeCaroであるが,バックの演奏とも相まって,今の耳で聞く分にはほとんど違和感はない。ただ,繰り返しになるが,歌は決してうまいとは言えないので,やはりヘタウマの世界である。その一方でこのアルバムのキモは選曲ではないかと改めて思ったのだが,Joni Mitchellの”All I Want"をやっているなんて全然認識していなかったのだから,私がいかにいい加減な聞き方をしているかがバレバレではないか(苦笑)。しかし,基本カヴァー曲で構成されているこのアルバムにおいて,どんな曲でも一貫してAORライクに仕立てるところはある種の哲学を感じると言ってもよい。それが世評につながっていると思えた。星★★★★。

ついでながら,このアルバムのバックの面々は派手さはなく,結構渋いなぁと思った私である。

Personnel: Nick DeCaro(vo, key, arr), Arthur Adams(g), David T. Walker(g), Wilton Felder(b), Max Bennett(b), Paul Humphrey(ds), Harvey Mason(ds), Bud Shank(fl, as), Plas Johnson(as) 

 

2020年4月 3日 (金)

数十年ぶり(笑)で聞いた”Twin Sons of the Different Mothers”。

Twin-sons"Twin Sons of the Different Mothers" Dan Forgelberg & Tim Weisberg(Epic)

先日,ストリーミングでこのアルバムを聞いたのだが,実に懐かしかった。本作がリリースされたのが1978年の夏で,確か高校時代の友人に借りて,ダビング(死語)させてもらったものだと思う。その頃,私は大学受験に向けた生活に入るってタイミングであったが,現役での受験までの期間にはよく聞いた記憶がある。そして,受験勉強に疲れると,ギターを手に取って,本作に収められている"Guitar Etude No.3"を耳コピーしていたのも懐かしい。要は聞くのはほぼそれ以来ってことになるので,40年も前のことである。そうした記憶がありながら,Dan Forgelbergと言えば,私にとっては"The Innocent Age"なのだが,懐かしさではこっちの方が上かもしれない。

ここで展開されるのはAORと言ってよいだろうが,歌が少ないこともあって,ライト・フュージョンの趣もある。そして何十年ぶりかで聞き直してみると,結構いい曲が多かったねぇと思わせる。ほぼDan Forgelbergの曲から構成されているが,このソング・ライティングは魅力的に響いてきた。気楽に聞き流すには最適な一枚だった。星★★★★。改めて"Guitar Etude No.3"を聞くと,ボサノヴァ・タッチだったのねぇ,なんて昔は全然気づいてなかった(爆)。私も若かったねぇ...。

このアルバムのタイトルもあって,以前はジャケに写る写真の二人はもっと似ているように思っていたのだが,改めて見てみると,大して似てなかったのねぇ(笑)。このアルバムから17年後にこの二人は続編アルバムをリリースしているが,そのタイトルが"No Resemblance Whatsoever"ってジョークが効き過ぎでしょう。

下記の情報はWikipediaから流用。

Personnel: Dan Forgelberg(vo, g, p, key, synth, b, perc, mandolin), Tim Weisberg(fl, perc, oboe, piccolo), David Breinenthal(bassoon), Gary Coleman(perc), Vincent DeRosa(fr-h), Earl Dumler(eng-h), John Ellis(org, oboe), Bobbye Hall(perc), Don Henley(vo), John Leslie Hug(g, harp), Jim Keltner(ds), Joe Lala(perc), Neil Larsen(p, el-p, key), Andy Newmark(ds, synth-ds), Norbert Putnam(b), Ann Mason Stockton(harp), Florence Warner(vo), Willie Weeks(b)

2020年1月 5日 (日)

Michael Franksで更にくつろぐ。

_20200102-4 "Rendevous in Rio" Michael Franks(Koch)

早いもので年末年始の休みも今日で終わりだ。これから年度末に向けてあっという間に時間が過ぎ去っていくことになるが,記事としてアップする休み中のくつろぎ音楽として選んだのがこれである。

私は何だかんだと言ってMichael Franksのアルバムも結構保有しているのだが,最新作"The Music in My Head"は購入していないのはなぜなのか全くわからない。ストリーミングで済ませてしまったってことのなのかどうかも記憶が曖昧である。前々作"Time Together"は記事にしているのだが...(笑)。いずれにしても,この人のサウンドってのは正直言ってどれを聞いても同じように聞こえてしまうというのは事実だが,それでもこっちの期待する音を出してくれるのだから,全然文句はない。

このアルバムは2006年にリリースされたアルバムだが,タイトルからもうかがえるように,ブラジリアン風味が強いと言えば強い。しかし,Michael Franksの音楽には多かれ少なかれボサ・ノヴァ的な部分が感じられるから,これが特にって感じでもないのだが,どうやってもくつろげてしまう音楽だなぁと思ってしまう。これまでのアルバム同様,複数のプロデューサーが関与しているが,出てくる音はどうやってもMichael Franksのものってのはある意味立派だと思う。本作でもChuck Loeb,Charles Blenzig,Scott Petito,Jeff Lorber,そしてJimmy Haslipの5人がプロデューサーとして名を連ねていても,アルバムとしてはどうやってもMichael Franksのものと感じさせる。そしてこっちの期待するくつろぎ音楽が出てくる。

私はこのブログでよく書いているが,ワン・パターンで何が悪いってところである。聞いてる方がそれでいいというのだから全然問題ないのである。星★★★★。バッキング・ヴォーカルにRobbie Dupreeなんて懐かしい名前を見つけてちょっと嬉しくなってしまった。

Personnel: Michael Franks(vo),Chuck Loeb(g, p, key, prog), Romero Lubanbo(g), Marc Shulman(g), Dwight Sills(g), Mike De Micco(g), Charles Blenzig(key, prog), David Sancious(key), Jeff Lorber(key, prog), Roger Burn(key, p), Sergio Barandan(b), Scott Petito(b, key), Alex Al(b), Jimmy Haslip(b), Wolfgang Haffner(ds), Brian Dunne(ds), Jerry Marrotta(ds), Michael White(ds), Vinnie Colaiuta(ds), Cafe(perc), Chris Hunter(sax, fl), Gary Meak(ts, fl), Eric Marienthal(as, ts), Andy Suzuki(woodwinds), Carmen Cuesta Loeb(vo), Veronica Nunn(vo), Robbie Dupree(vo), Leslie Ritter(vo), Beth Reinke(vo), Pamela Driggs(vo), Larry Hoppen(vo)

2019年12月 6日 (金)

超懐かしい!Quincy Jonesの「愛のコリーダ」。

_20191204-2"The Dude" Quincy Jones(A&M)

実に懐かしい。冒頭の「愛のコリーダ」という曲名だけで日本では売れてしまったような気もするが,このアルバム,実にいい曲が揃っている。中でも私としては"Just Once","Razzamatazz",そして"Velas"の3曲が飛び抜けて好きである。

James Ingramが歌う"Just Once"はBarry MannとSynthia Weillの名コンビが書いた本当の名曲である。私は大胆にもカラオケでこれを歌うことがあるが,そう簡単にはいかない(当たり前だ!)。曲よし,歌よし,演奏よしの三拍子とはこれのことだ。"Razzamatazz"はPatti Austinがすばらしいノリで歌い,身体が勝手に動いてしまうこと必定。そして"Velas"である。Ivan Linsのこの曲をToots Thielemansのギター,口笛,ハーモニカでまるで歌うかのように演じている。このアルバムにおける唯一のインスト曲であるが,ここには歌はいらんと思わせるに十分。イントロからメイン・メロの流れはいつ聞いても感動してしまう。

と,ちょっと熱くなってしまったが,それ以外の曲も捨て曲はないと言ってもよい。もう1曲と言われれば"One Hundred Ways"を挙げるが,これに限らず,ナイスな曲揃いである。ただ,「愛のコリーダ」というアルバムの邦題がこのアルバムから私を若いころは遠ざけていたが,もっと早く聞いていれば,もっといい大人になっていたかもなぁ(爆)。結局,Quincy Jonesのアルバムにはやられてしまうということで,星★★★★☆。

それにしても,物凄いメンツが揃っている。パーソネルを眺めているだけで目がくらくらしてくる。あぁ,それって老眼のせい?ほっといてくれ!(爆)

Personnel:Quincy Jones(prod, arr, vo), Charles May(vo), James Ingram(vo), Patti Austin(vo), Jean "Toots" Thielemans(g, hca, whistle), Steve Lukather(g), Louis Johnson(b, clap), Abraham Laboriel(b), John Robinson(ds, clap), Paulinho DaCosta(perc), Herbie Hancock(el-p), Stevie Wonder(synth), David Foster(p, el-p), David 'Hawk' Wolinski(clavinet, synth, prog), Ian Underwood(synth, prog), Greg Phillinganes(synth, el-p, clap), Robbie Buchanan(synth), Lenny Castro(clap), Tom Bahler(vo), Jim Gilstrap(vo), Michael Jackson(vo), Syretta Wright(vo), LaLomie Washburn(vo), Yvonne Lewis(vo), Casey Cysick(vo), Jerry Hey(tp), Chuck Findley(tp), Bill Reichenbach(tb), Kim Hutchcroft(sax, fl), Ernie Watts(sax, fl), Larry Williams(sax, fl)

2019年11月28日 (木)

これを聞くのはいつ以来か?まさに短編小説集のような「時のないホテル」

_20191124-2_20191126153601「時のないホテル」松任谷由実(EMI)

ごくまれにこのブログに登場するYumingネタである(笑)。

主題の通りなのだが,私はこのアルバムをフルで聞いたのがいつ以来か全く記憶がない。Yumingのアルバムの中では比較的地味な位置づけにあると言ってもよいこのアルバムを久しぶりに聞いて,恐るべきストーリーが展開されていたことを改めて感じてしまった私である。まさにこれこそ音楽で描く短編小説と言えばよいだろうか。曲ごとに様々なストーリーが設定されていて,そこにミディアム・テンポの曲が被さるこのアルバムは,今にして思えば実によく出来ている。

確かにキャッチーな曲はないかもしれないが,そこかしこに聞かれるまさにユーミン節のようなメロディ・ラインを聞いていて,新たな感銘に浸っていた私である。ここに感じられるそこはかとない,あるいは明確な暗さは,人によっては抵抗があるかもしれないが,私のような元来ネクラの人間にとっては彼女の音楽世界に没入するには丁度いいぐらいだ。私としては長きに渡って聞かれるべき作品として改めて評価したい。星★★★★☆。私の保有するCDにはパーソネルが記載されていないので,情報はWikipediaから拝借。

Personnel: 松任谷由実(vo),松任谷正隆(key), 林立夫, 青山純, 渡嘉敷祐一(ds), 斎藤ノブ(perc), 高水健司, 後藤次利(b), 松原正樹, 鈴木茂, 今剛, 安田裕美(g), 吉川忠英(g, mandolin), Jake H. Conception, 斉藤清, 砂原俊三(sax), 衛藤幸雄(fl), 山田栄, 沖田晏宏(fr-h), 日色純一(vln), 杉真理, Lilica, Leona, Clara(vo), 松武秀樹(prog)

2019年9月30日 (月)

歌うBensonか,歌わぬBensonか...。

_20190927-2 "Tenderly" George Benson (Warner Brothers)

"Breezin'"がヒットしてから,George Bensonのヴォーカルの傾斜は更に強まったって感じだろうが,彼が歌った方がいいか,ギタリストに徹した方がいいかってのは議論があるところだと思う。このアルバムを久しぶりに聞いても,冒頭の"You Don't Know What Love Is"とか3曲目の"Stardust"を聞いていて,私は「う~む」となってしまったのだが,甘~く歌うのはいいとしても,これじゃさすがにイージー・リスニングではないかと突っ込みを入れたくなる。その間に挟まれて,軽くバウンスする”Stella by Starlight"の方がはるかにいいと思うのはきっと私だけではないだろう。

基本的に全編を通じての甘々な感じをどう捉えるかによって,このアルバムへの評価は極端に変わるはずだが,George Bensonのヴォーカルにある意味での軽薄な響きすら感じる私のようなリスナーにとっては評価できないアルバム。まぁ,"Here, There and Everywhere"のような曲はまだ許せるとしても,こういうアルバムにMcCoy Tynerを客演に迎えるまでもないのである。ギターももう少し弾いてくれればよかったのだが。星★★。結局のところ,私は歌わないGeorge Benson派ってことで。

Personnel: George Benson(vo, g), McCoy Tyner(p), Ron Carter(b), Herlin Riley(ds), Louis Hayes(ds), Al Foster(ds), Lenny Castro(perc)

2019年8月13日 (火)

The Bird and the Bee,4年ぶりの新作は何とVan Halenトリビュート。

_20190811-2 "Interpreting the Masters Vol.2: A Tribute to Van Halen" The Bird and the Bee (No Expectations/Release Me)

ポップな感覚で素晴らしい音源を出し続けるThe Bird and the Beeであるが,メンバーのGreg Kurstinのプロデューサー業が忙しいせいなのか,どうなのかよくわからないが,彼ら自身のアルバムは結構リリースのインターバルが長く,本作も前作の"Recreational Love"以来,約4年ぶりとなる。もともとストリーミングとLPでのリリースであり,CDでリリースされるのは日本だけらしい。

そして,驚いたのが今回の新作がVan Halenへのトリビュートだったことである。Vol.1がHall & Oatesトリビュートだったっていうのは心地よいポップを提供するThe Bird and the Beeとしては鉄板の選択だろうが,彼らがなんでVan Halenなのかとも思ってしまう。しかもVan HalenはVan Halenでも,あくまでもDavid Lee Roth入りのVan Halenというのがポイントだろう。確かにDavid Lee Roth在籍時のVan Halenはハード・ロックのフレイヴァーの中に,実にポップな曲調も聞かせていたのは事実だろう。"Jump"なんてその最たる事例だろうが,そういうところにThe Bird and the Beeの2人が強いシンパシーを感じたとしても不思議ではない。

ここでは彼らしいポップな感覚を失うことなく,オリジナルに結構忠実に対応しているのが面白い。逆に当時のVan Halenの音楽のポップな感覚と,現在のThe Bird and the Beeのよりコンテンポラリーなポップ感覚がシンクロしたというところだろうか。実に楽しい。これぞ正しいロックとポップの融合って気がした。このアルバムを聞いて,改めてVan Halenのアルバムを聞きたくなるという効能は間違いなくあるだろう。星★★★★☆。いやぁ,楽しいですわ。

Personnel: The Bird and the Bee【Inara George(vo), Greg Kurstin(p, key, b, ds)】, Beck Hansen(vo), Gabe Noel(b), Justin Meldel-Johnson(b), Omar Hakim(ds), Joey Waronker(ds), David Ralicke(bs, bass-sax, tb), Alex Lilly(vo), Samantha Sidley(vo), Wendy Wang(vo)

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作