2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ポップス」の記事

2021年9月16日 (木)

ようやく記事をアップ:Deacon Blueのライブ・アルバム。

Deacon-blue ”Live at the Glasgaw Barrowllands" Deacon Blue (e.a.r. music)

彼らの最新作である"City of Love"の記事をアップした時に,このライブ盤の記事をアップしていないのはなんでやねん?みたいなことを書いたが,本当に書きそびれてしまったというのが正直なところなのだ。よくよく調べるとその後,"Riding on the Tide of Love"というEPをリリースしているので,"City of Love"は最新作という訳ではないが,それは未聴である。"City of Love"については若干辛口の評価だった私だが,それに先立つライブ盤を,リリースから4年以上経ってアップするのもなんだかなぁというところなのだが,やっぱりこれが素晴らしいので,アップせざるをえない。

私がDeacon Blueというバンドに惹かれるのは,Ricky Rossの書く曲のポップさゆえであるが,バンド歴を重ねてもこのバンドの持つ瑞々しい感覚が不変なのが素晴らしいと思える。Ricky Rossは私よりも年長であるが,全然そういう年齢を感じさせないポップな感覚を失わないところは,還暦を過ぎた私も見習わなければならないとつくづく思ってしまう。

冒頭を"Come Awake"のようなゆったりした曲で飾るというところは意表を突いているが,その後の王道ポップへの流れを作り出すためのプレリュードと言ってもよく,まさに彼らのベスト盤的選曲も素晴らしい。そして最後をBob Dylanの"Forever Young"で締めるところもおっさんの心をくすぐるのだ。全27曲という結構なボリュームであるが,全然飽きるところはないし,どこから聞いてもこのアルバムは楽しい。やはり私はこのバンドが好きなんだなぁというのを再認識させるに十分なアルバム。紹介が遅れてしまったことも反省して,星★★★★★としよう。

Recorded Live at Brrowlands Ballroom on December 4, 2016

Personnel: Ricky Ross(vo, p, key), Lorraine McIntosh(vo, perc), James Prime(key, vo), Dougie Vipond(ds, perc), Gregor Philp(g, key, vo), Lewis Gordon(b, g, vo)

2021年9月 2日 (木)

超懐かしい!Kate Bushのベスト盤。

_20210831 "The Whole Story" Kate Bush(EMI)

私の日頃の音楽的な嗜好とかなりかけ離れていると思われても仕方がないKate Bushである。まぁ自分でもそう思うんだから仕方がない(笑)。そんなKate Bushのアルバムで唯一保有しているのが,この86年にリリースされた彼女のベスト・アルバムである。

そもそも私はロックに関してはブリティッシュよりもアメリカン指向の強い人間なので,Kate Bushの音楽の持つウェットな感覚をあまり得意としていない。それでも一時代を作った人であることは事実なので,ベスト盤ぐらいは聞いておかないと,って感じでこのアルバムも購入したはずである。はっきり言ってしまえば,Kate Bushの声も私の好みとは言えないので,彼女の音楽には特段の思い入れは全くない(きっぱり)。しかし,久々にこのアルバムを取り出して聞いてみると,いい曲書いてたのねぇなんて思ってしまう。

特に懐かしかったのが最後に収められた"Babooshka"だ。この曲のサビの部分の"All Yours,  Babooshka, Babooshka, Babooshka Ya Ya"の部分はまさに宴会ビートにぴったりで,大学時代酔っぱらって宴会手拍子付きでこのフレーズをがなっていた私である。ついでに言うと"Wow"における”Wow Wow Wow Wow Wow Wow Unbelievable!"ってのもよくがなっていた(爆)。結局好きなんじゃねぇ~の?と言われても仕方がないが,あくまでも酒席での話であった(きっぱり)。それでも印象的なフレーズを作り出していたのは事実だし,時代のアイコンの一人だったと言ってもよいだろう。

今聞いても,私のツボにはまる音楽ではないとは思うが,懐かしさが勝るということにしておこう。星★★★★。宴会ビートをご理解頂くために"Babooshka"の映像を貼り付けておこう。

2021年8月25日 (水)

今更ながらのMichael Jackson。

Bad "Bad" Michael Jackson(Epic)

Michael Jacksonほど毀誉褒貶相半ばする人はいないのではないかと思ってしまうが,正直言って,私はMichael Jacksonの音楽にそれほど入れ込んできた訳ではない。もちろん,リアルタイムで"Thiriller"は聞いていたし,"Off the Wall"こそが傑作の名に相応しいとかは思ってきたが,それ以外の音楽については,はっきり言って「斜に構えて」見てきたというのが正直なところである。それはこの"Bad"以降顕著になったと言ってもよいかもしれない。そんな訳で,"Bad"はリアルタイムで聞いた訳でもないのだが,25周年記念盤が出た時に,まぁここまではQuincy Jonesがプロデュースしているし,聞いておくかってことでDVDもついたボックスを購入したのであった。そのボックスが出たのが2012年なので,10年近い時間が経過している。そうした時間の経過の中で,このアルバムを何回聞いたかと問われると,多分1回か2回しか聞いているまい。同梱されているライブ音源CDなんて,DVDは見た記憶があるが,多分1回も聞いていない(爆)。

そんなアルバムを今回気まぐれで聞いてみたのだが,アルバムとして聞いた回数は少ないのに,耳馴染みのある曲が多いのにはびっくりしてしまった。それだけFM等でエアプレイされていたってことになるだろうが,今更ながら,なかなかの佳曲揃いである。私はこの後の"Dangerous"以降については全く知らない状態ではあるが,まだまだ本作では十分な魅力を発揮していたってことにはなる。"Bad"以降の作品での唯一例外として馴染みがあるのは,私が在米中にやたらにMVが放送されていた"Black or White"ぐらいだが,あのプロモーションは凄かったなぁなんて記憶の方が勝っている感じだ。

いずれにしても,曲のクォリティは高いし,演奏は更にビートを効かせた感じになっている部分があるが,私がクレジットを見ていて驚いてしまったのが,タイトル・トラックのオルガン・ソロがJimmy Smithだったってことである。"Dirty Diana"のSteve Stevensのギター・ソロと言い,こういったキャスティングには非常に強いこだわりを感じてしまった。また,打ち込みの多用により,ベーシストはNathan Eastが”I Just Can’t Stop Loving You"に参加するのみってのもある意味では凄いねぇと思ってしまう。クレジットを眺めていて,へぇ~と思うことも多かったアルバム。十分星★★★★☆には値するとは思う。ただ,25周年記念盤のディスク2の未収録曲やリミックス版は大したことはないので,オリジナルを持っていれば十分。尚,参加ミュージシャン多数なので,Personnelは省略。

2021年8月10日 (火)

エレクトリック・ポップ的なLaura Marlingもまたよしってことで。

_20210808-2"Animal" Lump(Chrysalis)

私がLaura Marlingを初めて聞いたのが"A Creature I Don’t Know"の時で,今から約10年前に遡る。それ以来,私は彼女の音楽に惹かれるところ大で,今やリーダー作は全て保有(ひっそり出たライブ盤は未入手だが,それは現在取り寄せ中)しているほどである。彼女のシンガー・ソングライター的な魅力は本当に私の嗜好にぴったりで,アルバムが出れば買うモードになっている。

そんなLaura MarlingがプロデューサーのMike Lindsayと組んだバンドがLumpであるが,その存在には不勉強で気づいていなかった。しかし,今回,彼らの第2作がリリースされるということで,ロゴ入りTシャツ付きのバンドルでCDを入手した。おまけにサイン入りのプリントも付いていたが,こういうのを買ってしまう私は,既にバレバレではあるが,ミーハーと言えばミーハーである。

それはさておき,ここに収められている音楽は,いつものLaura Marlingとはちょっと違う。声や歌はLaura Marlingそのものだが,バックがエレクリック・ポップ的なのだ。アメリカならばThe Bird and the Bee的な感じだが,こっちの音楽はずっとウェットな感じがするのがイギリス的。私は聞いていてへぇ~と思ってしまったのだが,これはこれで面白い。

もちろん,私としてはいつものLaura Marlingの音楽の方が好みではあるのだが,スタジオに入って歌詞を載せたという即興性のようなものも感じられて,本当に才能あるねぇと感心してしまった。このバンドの1stも聞いてみたくさせるには十分な出来。星★★★★。しかし,これってカテゴリーが難しいところだが,ポップスなんだろうなぁ。

Personnel: Laura Marling(vo, b-cl), Mike Lindsay(key, p, g, b), Laura J. Martin(fl), Matt Ingram(ds)  

2021年7月22日 (木)

実にユニークな選曲のRickie Lee Jonesのカヴァー・アルバム。

_20210717-2 ”It’s Like This" Rickie Lee Jones(Artemis)

主題の通り,実にユニークな選曲のRickie Lee Jonesによるカヴァー・アルバムである。彼女には"Pop Pop"というこれまたユニークなカヴァー・アルバムがあったが,その続編と言ってもよいかもしれない。思うに,カヴァー・アルバムってのは,セルフ・プロデュースなら,自分が歌いたいと思う曲を自分のスタイルでって考えるだろうが,まさにそんな感じと言えばいいだろうか。そもそも"Up a Lazy River"のような古い曲,"On the Street Where You Live"のようなミュージカル曲,「言い出しかねて」のようなスタンダードに加えて歌われるのがSteely Dan,Marvin Gaye,Beatles,更にはTrafficと来ては,やはりこれはユニークだ。それがRickie Lee Jonesの若干クセのある歌い方で歌われる訳だが,私には抵抗がないとしても,彼女の歌い方は好みが分かれることは仕方がないと思う。

ここでは,参加しているミュージシャンや,アコースティック・ベースの全面的な採用により,ジャズ的な響きも相応に強く,実に渋い。こうした響きは約半分の曲で共同プロデュースを務めるBen Sidranの影響もあったのではないかと思わせる。むしろ,ジャケの見た目同様(笑),「華に欠ける」と言われても仕方がないところではある。逆にRickie Lee Jonesに派手派手しさは誰も求めないかもしれないが...。

そしてユニークなのは選曲だけではない。"Up a Lazy River"でバック・コーラスを務めるのはTaj Mahal,Dan Hicks,Ben Foldsの3人だが,この3人とは思えない結構まともな感じのコーラスとなっているのは,間違いなく意図的なものだろう。尚,この曲ではヴァイブの音が聞こえるが,クレジットには記載がない。一体誰が弾いているのか。パーカッションのBashiri Johnsonではないと思うが,だとすれば,オルガンでこの音を出したってことか?う~む,謎だ。

また,冒頭と最後にJoe Jacksonをピアノ,ヴォーカルでゲストに迎えるというのもこれまた意図的だろうし,Joe Jacksonは"For No One"でもピアノを弾いていて,ナイスな助演ぶりである。

こうした助演の面白さもあって,なかなか楽しめるアルバムだとは思うが,やっぱり地味な感じは否めない。決して悪い作品ではないのだが,チャートも最高位148位ってのも仕方がないかなってところだろう。星★★★☆。

Personnel: Rickie Lee Jones(vo, g, org), John Pizzarelli(g), Richard Davis(b), Paul Nowinski(b), Michel Elizondo(b), Carl Allen(ds), Peter Erskine(ds), Rick Marotta(ds), Bruce Brody(org), Bashiri Johnson(perc), Jeff Dellisanti(b-cl), Alex Foster(sax), Conrad Herwig(tb), Joe Jackson(p, vo), Ben Folds(p, vo), Taj Mahal(vo), Dan Hicks(vo)

2021年4月16日 (金)

これを聞くのは何年ぶり?Kenny Rankinのスタンダード・アルバム。

_20210412 "A Song for You" Kenny Rankin(Verve)

Kenny Rankinが亡くなったのは2009年のことであったが,2002年リリースの本作が彼の遺作になるのだろうか。いずれにしても,私がこのアルバムをプレイバックするのはいつ以来のことか全く記憶にない。10年以上経過している可能性も否定できないぐらい,実に久しぶりにこのアルバムを聞いた。

このアルバムはTommy LiPumaとAl Schmittという強力コンビによりプロデュースされているが,実に穏やかなスタンダード集となっている。基本となるクァルテットが伴奏をつけ,ゲスト,ストリングス,ホーンが加わるという編成は結構豪華なものであるが,演奏や歌唱は力んだ部分が微塵も感じられない落ち着いた作品であり,これは完全に大人のためのアルバムと言ってよいだろう。

このアルバムで面白いのは"Round Midnight"と思うが,こういう感じの歌いっぷりってのは今までになかったって思える。思わず「へぇ~」となってしまうような,いい意味での「軽さ」がこのアルバムの特性だと言ってしまってもよいだろう。こういう音楽がバーで小音量でかかっていれば,絶対に耳をそばだてるだろうと思えるような洒脱さと言い換えてもよいかもしれない。更にBeatlesの”I’ve Just Seen a Face"やLeon Russellの"A Song for You"がこうなるか!?って思わせるのも実に面白い。崩しの美学って感じか。

本作は比較的取り出しやすい場所に置いてあるにもかかわらず,ちっともプレイバックしていない私も困ったものだが,久しぶりに聞いて,このアルバムの心地よい魅力を感じたのであった。刺激は全然ないと言ってもよいが,もっと知られてよいし,もっと聞かれてもよいと思えるアルバム。星★★★★。

Personnel: Kenny Rankin(vo, g), David Spinozza(g), Leon Perndervis(key), Christian McBride(b), Lewis Nash(ds), with John Beasley(synth, arr), Roy Hargrove(tp), Chris Potter(ts), Russell Malone(g), Alan Broadbent(arr) with strings and horns

2021年3月 1日 (月)

YouTubeに上がっていたJulie Andrews初来日時の模様。

気まぐれでJulei Andrewsのライブ盤を聞きながら,Webサーフィンをしていたらこの映像を見つけてしまった。あぁ,これってTBSで特番でやってたやつだなぁと思って,懐かしく見てしまった。二谷英明が司会兼通訳みたいな感じでやっているが,通訳としてはかなり適当でも,二谷が結構真っ当な英語を喋っていたという記憶があった。今聞いても,二谷英明の英語はかなりまともである(笑)。ただ,シナリオがあった上で通訳っぽくしてようなのは,今となっては...であるが,もはやそれは時効ってことにしよう(笑)。

ここで演じられている曲は1977年の来日時のライブとほぼ同じはずで,それを追体験するには格好の映像である。1977年当時はホーム・ヴィデオなんてものは我が家にはなかったから,私はこの番組を音だけ録音したと記憶しているが,それにしても懐かしい。この映像ではライブ盤に入っていない"Somewhere"が歌われているのが貴重だが,そう言えばライブでは歌っていたなぁなんて思ってしまう。ついでに言っておけば日本語で歌う「ドレミの歌」はカンペ付きとは言え,かなりいい線行っている。彼女の耳のよさはこういうところで明らかなのだが,それにしても懐かしい,私が高校1年の頃の映像である。この映像がネット上にアップされていたことだけで感動してしまった私であり,この映像が残っていてよかったというのが正直なところ。本当に素敵なライブであり,わが青春の一コマである。

2021年2月 7日 (日)

Joni Mitchellも参加したベネフィット・コンサートのライブ盤。まぁ珍盤ではあるな。

Stormy-weather "Stormy Weather" Various Artists(AT&T)

このアルバム,珍盤と言ってよいものだと思う。なぜなら公的にリリースされたものではなく,AT&Tのユーザ(長期契約者?)に配られたものだからである。しかし,その内容は注目に値するものであるから,今回取り上げてみよう。

私はこのアルバムにJoni Mitchellが参加していることを知って,何とか手に入れたいなぁなんて思っていたのだが,eBayであっさり入手できたはずだ。今でも結構eBayには出品されているから,決して入手は難しくない。しかも安値である。それはさておきなのだが,このCD,Don Henleyがコーディネートして,Walden Woods Projectのベネフィットを目的として開催したコンサートのライブ盤である。Don Henleyは自分でもコンサートに出演したりもしているが,今回はこのコンサートの裏方みたいなものだろう。因みに,私も在米中にWalden Woods Projectのベネフィット・ライブをMadison Square Gardenに観に行っているが,その時はDon Henley,Billy Joel,そしてStingというとんでもないトリプル・ビルであった。実はそこで本当にDon Henleyのソロ曲の魅力にはまってしまったのも懐かしい。

そして,このライブは西海岸,LAのWiltern Theaterにおいて,10人の女性ヴォーカリストがフル・オーケストラをバックに,古いスタンダードを中心に歌うというものであった。Joni Mitchellはその最後に,タイトル・トラックを歌っている。後にJoni Mitchellはオーケストラをバックに歌うという”Both Sides Now"と"Travelogue"を作っているが,本作もその2作もアレンジャーはVince Mendozaってことで,このライブがのちのアルバム制作の契機になったのかもしれないなんて想像してしまった。

出演している人たちは有名な人とそうでもない人さまざまだが,聞いていて思ったのはStevie Nicksはこういう曲とか伴奏には合わないなぁってことである。むしろ,Linda Ronstadtとか呼べなかったのかなぁなんて妄想してしまう私である。まぁ,企画アルバムなので星はつけないが,珍しいアルバムとして認識ておけばいいって感じである(笑)。

Recorded Live at Wiltern Theater on April 16, 1998

Personnel: Gwen Stefani(vo), Paula Cole(vo), Shawn Colvin(vo), Trisha Yearwood(vo), Sandra Bernhard(vo), Sheryl Crow(vo), Natalie Cole(vo), Stevie Nicks(vo), Björk(vo), Joni Mitchell(vo), Chuck Berghofer(b), Jim Cox(p), Peter Erskine(ds), Gary Foster(as), Mark Isham(tp), Plas Johnson(ts), Vince Mendoza(arr) with Orchestra

2021年1月25日 (月)

ってことで,今日は本家「つづれおり」。

_20210123-2 "Tapestry" Carol King(Ode)

昨日,本作へのトリビュート・アルバム"Tapestry Revisited"を取り上げたので,今日は本家「つづれおり」である。この記事を書こうと思って,Wikipediaでこのアルバムのことを見ていたら,1,000万枚以上売れたアルバムをダイアモンド・ディスクと言うそうだ。ゴールド,プラチナ,マルチ・プラチナってのはよく知られているが,ダイアモンドってのは初めて聞いた。よくよく見てみると,ほかにもダイアモンドはBeatlesをはじめ,結構あるようだが,勉強になりましたってことで(笑)。

"Tapestry Revisited"でも書いたことだが,アルバム全体で,名曲,佳曲揃いってのが凄いのだが,実にシンプルなバックの演奏の中で,このアルバムが出来上がっているのも素晴らしい。シンプルでも,曲の魅力でアルバムは優れたものになるし,売れるってことである。この手作り感というのも実に心地よい。

思い返してみれば,このアルバムがリリースされたのが1971年だから,私はまだ小学生だが,その頃から”It’s Too Late"はラジオから流れるのを聞いていたような気がする。その頃は英語を学ぶ前だから,意味なんかわかっていなかったが,メロディ・ラインは記憶に残っていた。後に英語を学ぶようになって,英語のディクテーション(聞き取り)のテキストとして,本作にも収められている"Will You Love Me Tomorrow"のThe Shirelles版が使われたのも懐かしい。今にして思えば,実にわかりやすい英語である。その時のテキストに使われたもう1曲はBilly Joelの"The Longest Time"だったかなぁ(遠い目...)。いずれにしても,そういうかたちでもCarol Kingの音楽には触れていたのだと今更ながら思う。

このアルバムが優れていることは,収録された曲がいかに数多くカヴァーされているかによっても明らかだ。もともとは職業作曲家転じて,自作自演歌手となったCarol Kingではあるが,ソングライターとしての功績は,このアルバムよりとっくの昔に成し遂げられていた訳だが,歌手としてもいけていたということを改めて感じさせる作品だったと言える。Carol Kingが歌わずとも,いい曲はいい曲なのはカヴァー・ヴァージョンでもわかるが,彼女の歌にはそれなりの魅力があることは言うまでもない。演奏や歌からは70年代初頭という時代感も感じられるが,やはり曲の魅力は不滅。星★★★★★。

尚,"Will You Love Me Tomorrow"には”The Mitchell / Taylor Boy-And-Girl Choir"という冗談のような名称で,Joni MitchellがJames Taylorともどもバッキング・ヴォーカルで参加している。

Recorded in January 1971

Personnel: Carol King(vo, p), Danny Kootch(g), James Taylor(g, vo), Ralph Schuckett(el-p), Charles Larkey(b), Russ Kunkel(ds), Joel O'Brien(ds), Curtis Amy(fl, sax), Merry Clayton(vo), Joni Mitchell(vo) with Strings

2021年1月24日 (日)

"Tapestry Revisited":誰が歌ってもいい曲揃いの「つづれおり」トリビュート。

_20210123"Tapestry Revisited" Various Artists(Atlantic)

タイトルの通り,Carol Kingの”Tapestry(つづれおり)"に様々なアーティストがトリビュートしたアルバム。95年にリリースされているので,もう四半世紀以上前か。光陰矢の如し,歳を取る訳だ(苦笑)。

こういうのを聞く前に,ちゃんとオリジナルを取り上げるべきなのだが,今日は完全に気まぐれである。本作は「つづれおり」の曲順通りに演奏されているのだが,それは曲順を含めて,「つづれおり」というアルバムが完璧であったということを示すものと言ってもよい。2020年版Rolling Stone誌の”500 Greatest Albums of All Time”の25位だもんねぇ。

オリジナルがリリースされたのが50年前であるが,曲のクォリティには一点の古臭さも感じられないと思わせる。それはこうしたトリビュート・アルバムでいろいろな人が歌ってもそうなのだから,やっぱり凄いことである。永遠のスタンダードと言ってもよい。Burt Bacharachの曲もそういうところがあると思うが,「アルバム単位」でってのはまさに強烈である。

参加している人たちは,地味なのか,派手なのかよくわからんという部分もあるが,これぐらいが丁度良かったって改めて聞いて思った。オリジナルにかなり忠実なものもあれば,手を加えて個性を出しているものもあるが,どっちにしてもいい曲揃いだった。星★★★★。

Personnel: Eternal, Rod Stewart, Amy Grant, Curtis Stigers, Richard Marx, Blessed Union of Souls, Bebe & Cece Winans Featuring Aretha Franklin, Faith Hill, Bee Gees, Manhattan Transfer, All-4-One, Celine Dion

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール