2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「サッカー」の記事

2021年9月 3日 (金)

W杯アジア最終予選の初戦は完敗であった。

アジア最終予選では何かが起こる。そして今回も日本代表は初戦でオマーンに敗れた。私も試合を見ていたのだが,スコアは0-1の僅差ではありながら,実に情けない試合だったと言わざるをえない。私から言わせれば完敗だ。

そもそもかなりの降雨量で,ピッチ・コンディションは悪く,ボールも転がりが悪い中では,通常の日本のパスをつなぐ,あるいは強烈なスルー・パスを通すということが難しくなるにもかかわらず,今回の日本代表はよく言えば自分たちのサッカー・スタイルを貫いたとも言えるが,むしろ臨機応変に戦うことができていなかったと言わざるをえない。今回のようなコンディションではサイドからぽんぽん中に入れるという選択肢もあったはずだが,つまらないパス回しが多過ぎた。

あのピッチの状態で,私には特に右サイドでちょこまかと短いパスを回し過ぎのように思えたし,不用意な横パスをインターセプトされるシーンが何回もあったのは,オマーンがアウェイということで,もっとディフェンシブに来るという思い込みがあったのではないか?今回のオマーンは想定以上にオフェンシブなサッカーをしていたし,スピードもかなりあったため,日本代表は面食らってしまったと言ってもいいかもしれない。しかし,日本代表が決定的なシーンを作り出せなかったのは間違いない事実だし,そもそも枠を捉えたシュートが何本あったのか?と言いたい。枠を捉えずとも,ゴールを狙うという積極性が感じられなかったのは誠に残念としかいいようがない。シュートを打たなかったら点は入らないのだ。

今回の試合で攻撃面で一番目立っていたのが長友ではないかと思えたが,あれだけタレントを揃えながら,原口も柴崎もあまり機能していたとは言えない。原口は前半で交代させられて当然だと思ったが,柴崎も大した働きをしていないのだから,交代枠をもっと使うというオプションもあったはずだ。大迫は試合を通じてシャットアウトされ,いいところほとんどなしだったし,途中出場の古橋にしても堂安にしても,見せ場らしい見せ場を作れずに終わったということは,オマーンにうまく戦われたということの裏返しだろう。古橋にしても,堂安にしても自分でもっと行けよと,試合を見ながらイライラしていた私である。南野の欠場が痛かったとも言えるが,南野がいなくてもちゃんと戦える戦力はあるはずだったのだが...。

まだ最終予選は10試合のうちの1試合が終わっただけであり,これからいくらでも修正はできると思うが,今回のようなしょうもないサッカーをしているようでは,最終予選を勝ち上がることは難しくなりかねない。キャプテン吉田は「負けるべくして負けた。テンポもコンビネーションも全然良くなかった」と言っているようだが,全くその通りだ。今回の敗戦をよく反省して,次戦の中国戦はゴール・ラッシュで完勝と行ってもらいたい。しかし,その後のアウェイでのサウジ戦,ホームでのオーストラリア戦をどう乗り切るかが重要になってくる。

それにしてもフラストレーションがたまる...。

2021年8月 7日 (土)

オリンピック雑感。

オリンピックのいろいろな競技を見ていて,サッカーについてはこれまでにも書いたが,3位決定戦でのU-24の敗戦はやはり残念だった。私は諸事情あり,試合をライブでは見逃したのだが,失点がPK,FK,CKからだったっていうのが象徴的だったかもしれない。

Photo_20210807170501 その一方,嬉しい驚きとなったのが女子バスケットボールである。そもそも準々決勝におけるベルギー戦の劇的勝利も凄かったが,準決勝でのフランス戦での完勝ぶりには心底驚かされたと言ってよい。そもそも一次リーグでもフランスには勝っているので,勝利そのものは驚きではないが,勝ち方が驚きであった。日本の強みとしての3ポイントを決めたというのもあるが,PG,町田のアシストが決まりまくって,2Q以降のフランスはついてこれない状態が続いたと言ってもよい。

決勝はアメリカが相手だが,一次リーグでは17点差をつけられて敗れている。しかし,日本代表の勢いは予選リーグの時より間違いなく増してきているので,明日の決勝戦はよりいい試合を期待したい。そのためにはフランス戦同様,3ポイントの成功率と,町田の的確なパス出しが決め手になると思うが,王者アメリカに臆することなく戦って欲しい。いずれにしても明日の決勝戦はワクワクしながら観戦することにしよう。

ゴルフの稲見萌寧の銀メダルも快挙だ。本戦の18番のボギーはつくづく惜しかったが,元世界#1のLydia Koをプレーオフで破っての勝利は実に素晴らしい。また,Lydia Koに限らず,多くのアスリートが見せたスポーツマンシップには大いに感動させられたと言ってよい。金メダルの数だけが目標の,勝利至上のどこかの国の関係者からは感じることがない清々しさであった。

2021年7月27日 (火)

オリンピックで男女サッカーを見ていて思うこと。

Photo_20210726181801 今回の東京オリンピックには様々な批判があるのは事実であり,何よりもせっかく世界の一流アスリートが集まりながら無観客はあまりにも寂しい。それはやむを得ないことだとして,私はいろいろな協議をTV観戦する中で,サッカーについてはどうしても言っておきたいことがある。

まずはU-24日本代表であるが,南アフリカ,メキシコを連破して現在勝ち点6でグループ首位というのは素晴らしい。メキシコ戦の前半を見ていると,アグレッシブな攻撃や,詰めの早さ等,見ていてA代表の試合より面白いとさえ思ってしまう。2点リードした後半はディフェンシブになって,メキシコがレッド・カードで一人退場になっても,守勢に回ってしまったのはちょっとなぁと思うが,前半の戦いぶりはまさに見事と言ってよかった。同じようなことは南アフリカ戦でも感じたが,結局は攻撃は最大の防御というところである。オーバー・エイジの3人の貢献度も大きいのはもちろん,タレントも揃っている。あとはフランス戦にも勝って,グループ・リーグをトップで突破して,更に上を目指してもらいたい。

その一方,なでしこの体たらくには本当に失望した。初戦のカナダ戦は何とかドローに持ち込んだものの,イギリス戦は一方的な展開でパスを回されて,プレスもかけられない,攻撃にもスピードもイマジネーションも感じられないのでは,予選リーグの突破などおぼつかないとしか言いようがない。なでしこが強かった頃に比べれば,決定的にタレントが不足しているというのも事実だが,そもそも勝利に対する執念が感じられない。だから見ていてイライラしかしないのだ。テスト・マッチで連勝をして調子に乗っていたのかもしれないが,結局は戦った相手が弱かっただけであり,いまのなでしこには世界と伍して戦う実力がないことを認識すべきだ。

Pk 象徴的だったのがU-24のメキシコ戦,なでしこのカナダ戦でのPKである。メキシコ戦は堂安が名キーパー,Ochoaに対してど真ん中に蹴り込んだのに対し,カナダ戦での田中は枠に入れることを優先して,全く勝負になっていないようなPKを蹴ったことだ。田中のPKは外すことを怖がって,安易なキックを止められるべくして止められたのだ。これはもはやメンタルの違いとしか言いようがないが,なでしこが勝負をしていないことを示している。そもそも田中は頭抱える暇があったら,ルーズ・ボール追い掛けろよと言いたい。

私はU-24は次戦も応援するが,なでしこの試合は全く期待できないし,失望させられるだけなのでもう見ないだろう。イギリス戦を振り返って「全員集中していましたが,一つのプレーで仕留められてしまいました。向こうの思ったようなゲームプランになってしまったと思います」なんてお気楽なコメントを残す高倉監督はさっさと解任すべきだ。

2019年10月11日 (金)

モンゴル戦は楽勝だったが,決定力不足が気になるサッカー日本代表。

ワールドカップのアジア2次予選において,はるかに格下のモンゴルに勝つのは当たり前としても,見ていて若干不満も残る日本代表の試合運びであった。6-0というスコアだけ見ていれば楽勝というところではあるし,試合を見ていても,まさに危なげはなかった。とにかくボール支配率が違い過ぎる,スピードもパスの精度も違い過ぎるのだから,完封は当然だろう。

しかし,私が気になったのは決定力不足である。モンゴル戦の試合運びからすれば,あと3~4点は確実に取れていた試合だろう。イラン代表がカンボジア代表を14-0で下したらしいが,それぐらい徹底的にやろうと思えばやれたはずだ。勝ち点3を上げたことはよかったとしても,もっといい勝ち方があるはずである。一番いただけなかったのは交代出場した鎌田が「ど」フリーにもかかわらず,ワントラップしたことにより,ディフェンスにカバーする時間を与えてしまったシーン。あそこはダイレクトで決めるのがフォワードの仕事だろう。代表初得点となったその後のシーンも,遠藤の強烈なミドルの結果の「ごっつぁんゴール」のようなものである。いずれにしても,押さえが聞かず枠をはずすシーンが多過ぎたのはちゃんと反省して欲しいところ。

モンゴル戦の収穫は伊東のスピーディで精度の高いクロス。森保監督が堂安で行くか,伊東で行くか悩んでしまうような活躍ぶりはよかったが,ディフェンスの強いチームではそう簡単にはいかなかったであろうってことも認識しながら,次戦のアウェイでのタジキスタン戦に臨んで3連勝として欲しいものである。

2019年2月 3日 (日)

敵ながらあっぱれであったカタール代表。日本代表は発展途上ってことで。

アジアカップが終わった。日本代表は最終的に優勝を逃したが,準決勝におけるイラン戦において,このチームの可能性を感じさせたことには収穫があった。しかし,それまでの戦いぶりにはストレスがたまることも多かっただけに,このチームはまだ発展途上なのだということを改めて感じさせた今回の大会であった。

決勝戦は,次回W杯開催国であるカタール代表との一戦だった訳だが,前半の2失点が痛かった。特に2点目のミドルは完全に相手をフリーにしてしまったところ,ゴール左隅に見事に叩き込まれてしまったのは,心理的なダメージが大きい。1点目のオーバーヘッドも,当たりはよくなかったにもかかわらず,飛んだコースがよかっただけって感じもするだけに,その辺りも士気に影響した部分もあろう。しかし,2点目に関しては明らかにディフェンスの寄せが遅れたってことだろう。それにしても,特に前半のカタール代表の前線のスピードには驚かされた。日本代表のディフェンスは相手のスピードについていけず,振り切られるシーンのなんと多かったことか。スピードという強力な武器を持つカタール代表の攻撃は見事なものであった。日本代表も浅野が怪我をしていなければ,同様の攻撃オプションを仕掛けられたようにも思うが,いかんせん今回は途中離脱も含め,怪我人が多過ぎた。

そして,決勝戦においては大迫へのマークが厳しく,決定的なシーンをあまり作れなかったが,後半,運動量が落ちたカタール代表を1点差に追い込んだところでの,吉田のハンドによるPK献上は痛かった。あの3点目で,カタール代表は元気を取り戻してしまった感が強く,明らかに動きが回復していた。

終わってみれば,完敗と言ってもよい試合だったと思うが,特に前半のいいようにやられてしまった感は,今後の日本代表が進化していく上でいい薬になったと考えることにしよう。そして,後半あれだけコーナー・キックをもらっておきながら,そこから得点できなかった攻撃陣をどうするのかという課題も残る。森保監督が今回の結果を受けて,どのような強化を図っていくのかを見守っていきたい。3月にはコロンビア,ボリビアとのテスト・マッチがあるが,そこでどのような選手を試し,どのような戦術を仕掛けるのかに期待しよう。

いずれにしても,あれだけの帰化選手への依存というのはどうなのよ?という指摘はあろうとも,カタール代表の戦いぶりは称賛されるべきものと思う。敵ながらあっぱれであった。 

Almoezali

2018年7月 4日 (水)

惜しかった!頑張った!! ありがとう,日本代表!!!

Photo

ワールドカップ決勝トーナメントの日本対ベルギーの戦いは実に素晴らしい一戦であった。前半,ベルギーに押し込まれ,防戦一方となる時間もあった日本がなんとか0対0でしのぎ,後半の3分,7分と原口,乾が立て続けにゴールした時は,私は早朝にもかかわらず,大いに興奮させられたし,新たなジャイアント・キリングかとマジで思わせた。原口のゴールも,乾のゴールも実に見事なものであり,特に乾の無回転ミドルはまさにビューティフル・ゴールと言ってよいものであった。

Photo_2このまま行けるのではないかと思わせたところでの,フェルトンゲンのヘッドがふらふらと上がって,入ってしまったあの一点目が痛かった。ある意味あんなへなちょこゴールをされるぐらいなら,ドカンと一発突き刺された方が諦めもつくというものである。あれはかなり精神的なダメージを与えたはずであるし,ベルギーには活力を与えてしまった。

そして,ベルギーの選手交代の妙と言うべきか,高さを誇るフェライニのヘッドによる同点ゴールは,まさに狙い通りの得点であった。それでもその段階では同点であったし,本田のFKは惜しくもセーブされたものの,アディショナル・タイムでの大きな得点機であった。そして,4分のアディショナル・タイムも残り30秒となったところで,日本はコーナーキックを獲得したのだが,残り時間を考えて点を取りに行ったというその気持ちは理解できない訳ではない。しかし,その後,ベルギーにこれ以上はないというカウンターを完璧に決められ,何とも憎らしいことにゴール前でルカクがスルーし,これも交代で入ったシャドリが決勝点をあげるという結果を生んでしまった。

Photo_3結果論になるが,あのCKをショート・コーナーを使って,時間ギリギリになるまでボールを保持し,最終的にシュートで終えていれば,得点,あるいは延長戦という可能性もあったように思えるだけに,あの時間帯でのコーナーキックの判断の是非は問われても仕方がない部分はある。だが,勝利を目指してのCKであり,かつベルギーの残り30秒からのカウンターが本当に完璧だったことを考えると,残念だったが,負けは負けである。

私はポーランド戦の戦術に関しては徹底的に批判したが,ベルギーとは正々堂々戦って欲しいと,このブログにも書いた。そして彼らは正々堂々と戦い,正々堂々と散った。まさにこれこそポーランド戦では感じることができなかったスポーツマンシップである。このゲームは大きな感動を多くの人に与えたはずだし,日本代表が一皮むける契機になるのではないかと期待できる試合であった。

本当に惜しかった。でも日本代表はよく頑張った。乾,原口,酒井宏樹の涙を見て,朝から私はもらい泣きをしていたが,大会前に,これほどの日本代表の戦いぶりを誰が想像しただろうか。今回の頑張りは胸を張るべき戦いぶりであった。だから,彼らには顔を上げて,堂々と帰国,あるいは,自分の所属チームに帰って行って欲しい。そして,4年後には今回のメンバーから大幅に入れ替えが起こるだろうが,これまで長きに渡って主将としてチームを支えた長谷部は代表引退だそうである。長谷部のこれまでのリーダーシップと精神力には頭が下がる思いだ。そして,今回,献身的な守備でルカクを抑えた昌子は4年後もディフェンスの柱として活躍し,柴崎は今回にも勝る的確なロング・パスやスルー・パスを連発していることを確信している。そうした中で,おそらく日本が強化すべきは,オフェンス時のスピードのギアを一段上げる能力だろう。それができるのは今のところ,今回は代表からもれた浅野ではないかと私は思っている。日本にもスピード・スターは必要なのだと強く感じさせたのは事実であるが,そうした今後の日本代表の姿を想像する楽しみも,彼らは与えてくれたと思う。

いずれにしても,ベルギー戦での日本代表の戦いぶりに改めて大きな拍手を送るとともに,声を大にしてありがとう!と言いたい。

2018年7月 3日 (火)

VARは是か非か。

今回のワールドカップにおいては,VAR(Video Assistant Referee)の導入は大きな改革の要素だと思える。その一方で,これによってゴール前の微妙な判定が覆えることも多々あるように思え,レフェリーの価値や質の低下を招く可能性も否定できないだろう。また,VARによって,試合の流れが分断されることが多く見られるのも事実なのだ。まぁ,新しい仕組みには,往々にして負の要素がつきまとう訳で,今回は今回として,次回からはゴール時の得点判定は残しつつ,その他の判定については,バレーボールやテニスのようにチャレンジ方式を採用してはどうだろう?そうすれば,何でもかんでもVARっていうことにはならないし,主審の恣意的な判断は排除し,チャレンジ対象となったプレーに関してはVARの判断を絶対的なものとすればいいと思える。

ほかの競技で採用されている方式をうまく取り入れることも知恵だと思うのはきっと私だけではないはずだ。FIFAもどうすれば運用がスムーズになるのかを考えることも必要だと感じる今大会。

2018年6月30日 (土)

日本対ポーランド戦についての思い。

Photo

日本代表の決勝トーナメント進出は非常にめでたいことだ。そのことに異議はない。下馬評を覆した日本代表には改めて敬意を表したい。だが,雌雄を決するポーランド戦の内容については,私は全く納得していない。

今回の試合にはいろいろなシナリオがあった。日本が勝つか引き分けるのが最も確実な決勝トーナメントへの進出方法である。敗戦したとしても,コロンビア〜セネガル戦の結果次第では進出の可能性があることはわかっているから,それに応じた戦い方もあるのもわかる。だが結果によりグループ首位通過と2位通過では,今後に大きな違いがあることも事実であった。

だが,最初の勝つか引き分けというシナリオは,ポーランドに先制を許した段階で崩れた。そもそもあのFKからの失点が全くいただけない。大迫がゴール前につめ、酒井高徳もマークに入っていながら,上の写真のように簡単に振り切られ,完全に相手DFベドナレクをフリーにしてしまったあのディフェンスはなんだ?セットプレーへの対応が課題でありながら、あれでは問題である。この段階では,コロンビア対セネガルがスコアレスのままだったので,日本は絶対に点を取りに行かなくてはならない状況だった。

しかし,その後,日本は足が止まり,前線にボールがフィードできないばかりか,攻めなければならない時間に,逆にポーランドに押し込まれていたのが次なる問題だ。天候や連戦による疲労もあるだろうが,全く攻撃になっていなかったのは明らかだ。

そしてコロンビアが1点先制した後の,パス回しで時間稼ぎをした姿には,私はスポーツマンシップの欠如を強く感じた。今回の日本代表は逆境をはね返す強さを持っていることが,彼らに対する評価を上げた要因であるにもかかわらず,あのやり口は何なんだ。「試合に負けて,勝負に勝った」と言えば聞こえはいいが,これからサッカーを目指す青少年に対してさえ悪影響しか及ぼさないあのやり方は,どうしても褒められないし,何の感動もなかった私である。

西野監督の采配はあれはあれで仕方がない部分もあるし,1位通過したいコロンビアだってセネガルに得点機を与えないため,ボール回しに徹していたかもしれない(そっちは見ていないからわからないが...)。ポーランドも勝ち点3があればいいと思ったのか攻め手を緩めたのも事実だ。だとしてもである。私は今回の試合にはどうしても後味の悪さを感じたし,あのやり方は日本らしくないとしか言いようがない。"Samurai Blue"というニックネームが空々しく響き,フェアプレー・ポイントで薄氷の一次予選通過というのが,まさにジョークとしか思えない。あの戦い方はフェアプレーから乖離したものであり,単なる勝利至上主義だ。

次戦は更なる強豪ベルギーが相手である。次からはノックアウト方式なのだから,今回のような「せこい」戦い方は許されない。日本代表が最初の2戦から,ポーランド戦前半までのような正々堂々とした戦いを挑む姿が見たい。

ベルギー戦では今回のことは水に流して応援するが,午前3時キックオフはきついよなぁ。延長だ,PK戦だってなると,終了時間は更に遅くなる訳だが,いずれにしても予選リーグ通過チームとして,敗退したセネガルのためにも全力で戦って欲しいものである。

2018年6月25日 (月)

日本対セネガル戦を振り返る。

Photo

勝ち点3同士の日本対セネガルの試合は,決勝トーナメント進出を占う上で,非常に重要な一戦となった。結論から言えば,勝つチャンスは間違いなくあった。しかし,先制された後,乾のゴールで追いつき,勝ち越された後,本田のゴールで追いつく展開は,今までの日本代表と異なる部分を感じさせ,収穫も感じさせるドローだった。

セネガルのカウンターとそのスピードは確かに脅威であり,危ないシーンも何度かあった。だが,細かいパスへの対応能力には限界もあり,そこをついていけば,勝機はあると思いながら試合を見ていた。ただ,日本代表には相変わらずつまらないパスやクリアのミスもあれば,特に前半はプレスもかけられないほど,翻弄されている印象があったのは確かである。1点目の失点は原口の明らかなクリア・ミスに,GK川島の判断ミスが重なったものであり,早い時間の失点にがっくりきたのも事実である。

しかし,前半のうちに乾のゴールで追いついたのは,本当によかったと思う。だが,後半も攻勢に出ていた日本代表に対し,一瞬の隙をついて2点目を入れられたときは,正直敗戦を覚悟していた。間違いなく,後半に入って香川の活動は目立たくなっていたし,原口も疲労していた。そこに交替で入れた本田で追いついてしまうという展開を誰が想像しただろうか。西野監督の采配が当たったと言えばその通りであるが,正直これは今までの日本代表ではなかったことなのだ。

今までの日本代表は,勝ち越しや逆転を許すと,途端にダメダメになるというパターンを繰り返してきたことを考えると,今回の日本代表は,周囲からボロクソに言われていたのを精神のてこにして強くなっているとしか思えない。正直言って,私も本田は日本代表に必要なのかと思っているクチだが,コロンビア戦,セネガル戦での貢献を考えれば,好き嫌いは別にしても,本当にこの人は何かを「持っている」としか言いようがない。

だが,この試合で2得点の起点になったのはあくまでも乾であって,私はMVPは乾とするべきと持っている。本当に乾の左サイドからゴール右端に突き刺すゴールは,何度見ても素晴らしいし,彼の得意技と言ってもよいだろう。

ポーランド戦はそれこそ引き分けでもいい訳だが,ここを勝ちに行く姿勢を示して,最低でも勝ち点1を得れば,日本代表は決勝トーナメント進出なのである。ポーランドはそれでもFIFAランキング上位国として真っ当な勝負を仕掛けてくるだろうが,モチベーションは相当影響するはずである。よって,次戦ポーランド戦は日本代表有利だと思って,28日の試合に臨むこととしよう。

まぁ,決勝トーナメントに進出したとしても,次の相手はベルギーかイングランドという鬼のような相手であるが,勝ち残ることにまずは価値がある。ってことで,今日も頑張れニッポン!で締めておこう。こうなったら勝って1位通過だ!

2018年6月20日 (水)

日本代表,コロンビア撃破! 嬉しいねぇ。

523cbd14019e4b2da03afb249e92d8d1対戦前にはコロンビアに勝つと思っている日本人が少なかったというのが,今回の日本代表への期待レベルではないかと思うが,勝っちゃったねぇ。見事な,そして嬉しい裏切りだ。

私は出張先の下関のスポーツバーで試合を見ていたのだが,勝ったからよかったものの,ほぼ試合を通して11対10の数的優位に立ちながら,実質的に優位に立てないという点では欲求不満だった私である。つまらないミスもあったし,プレスもサイド・チェンジも十分ではなかったと思う。しかもスポーツバーにいた連中はほとんどサッカーを理解していないと思わせたから,結構私はさめていたが,それでもこの勝利はでかい。勝てば官軍である。また眠れぬ夜が長くなっても仕方ない。

とにもかくにもPKを決めた香川も,決勝点を決めた大迫も見事であった。実は香川のPKのシーンでは天に祈り,決めた瞬間,涙していた私である。いずれにしても次戦はポーランドを倒したセネガル戦だ。次戦は決勝トーナメント進出の鍵を握る重要な一戦だ。次も頑張れニッポンだ!

より以前の記事一覧

Amazon検索ツール