2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 | トップページ | 不思議な編成のJohn Surmanの新作:でも昔のECMならこういう編成は結構あったような...。 »

2024年2月28日 (水)

相変わらずのScott Hendersonの新譜。

_20240227_0001 "Karnevel!" Scott Henderson(自主制作盤)

Scott Hendersonはだいたい4~5年に1枚のペースで新作をリリースしているが,レコード会社との契約はないようで,このアルバムもレコード会社の企業情報が全く記載されていないところを見ると,今回も自主制作ということでよいだろう。一部ではカルト的な人気を誇るスコヘンのような人でも契約を取れないというのは何とも不幸なことだが,そう売れるって訳でもないだろうから仕方なしってところか。

本作は前作"People Mover"と同じメンツでレコーディングされており,これが現在のスコヘンのレギュラー・バンドってことになるだろうが,リズムは欧州ベースのようなので,現在行っているツアーも3月いっぱいは欧州ということになっている。その後中国~インドと回るようだが,日本でのライブはなかなか難しそうなのが残念。情報によるとブッキングしてもらえないそうだ。中国まで来ているんだから呼べばいいのにと感じざるをえないが,やっぱりこの人はライブで観ると燃えるよねぇと思っているので,また日本にも来て欲しいものだ。

それにしても,ここでの音楽を聴いていると,Scott Hendersonが今年古希を迎えるとは信じがたいが,やる音楽に年齢は関係ないって感じで,相変わらずのスコヘン節炸裂である。むしろこの人の場合,変わりようがないって方が正しいんだろうが,いかにもスコヘンらしいフレージングや音を聞いているだけでファンは嬉しくなること必定。アルバムとして突出した出来とは思わないが,このレベルを維持してくれれば私としては文句も出ない。そして"Sky Coaster"みたいな曲でギターとドラムスのバトルみたいなのをやられてしまえば,こっちはウハウハになってしまうのである。ということで今回も星★★★★。

尚,ベースのRomain Labayeのサイトにバンドでのライブの模様の写真がアップされていたので貼り付けておこう。

Personnel: Scott Henderson(g), Romain Labaye(b), Archibald Ligonniere(ds), Scott Kinsey(e-perc), Roland Ajate Garcia(conga)

本作へのリンクはこちら

Scott-henderson-band

« 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 | トップページ | 不思議な編成のJohn Surmanの新作:でも昔のECMならこういう編成は結構あったような...。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2024年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 | トップページ | 不思議な編成のJohn Surmanの新作:でも昔のECMならこういう編成は結構あったような...。 »