2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« RMS:英国版ジャズ・ロックの楽しさ。 | トップページ | 今年最初の映画館通いは「哀れなるものたち」。エロでグロでブラックだ。そして強烈。 »

2024年2月 4日 (日)

Stern~Brecker Night@Virtuoso Akasaka参戦記。

Sternbrecker-night_20240203102501

今年3本目のライブはVirtuoso AkasakaにおけるStern+Brecker Nightであった。当たり前だが,もちろん本人ではない。同地でMike Stern Nighってのがあったのが2022年6月のことだったが,その時同様のなりきりぶりを楽しみに店に駆けつけた。

それにしても,リーダー,矢堀孝一のギターは現在のMike SternよりMike Sternらしくて思わず笑ってしまうレベルだったし,サックスの札幌在住のBjörn Arköは,前回同様相変わらずのうまさであった。Björn Arköは昨年のCotton ClubでのSwedish All Starsでも聴いたが,いかようにでも吹けてしまうのには感心してしまったのであった。NYCの55 Barが閉店してしまった今,あの店で聴けたような感じの音楽が聴けるのはVirtuoso Akasakaだよなぁなんてライブを観ながら思っていた私である。

当日のライブの模様を貼り付けておこう。本人以上に本人っぽい演奏をご堪能あれ。日本のJeff Andrewsこと横田健斗のベース,大槻カルタ英宣のタイトなドラミングも注目。もう一本のサックスは早稲田留学中のイケメン・テナー,Erik Nelson。夜な夜なセッションに出没しているらしいが,若いのに大したもんだ。

Live at Virtuoso Akasaka on February 2, 2024

Personnel: 矢堀孝一(g), Björn Arkö(ts, EWI), 横田健斗(b), 大槻カルタ英宣(ds), Erik Nelson(ts)

« RMS:英国版ジャズ・ロックの楽しさ。 | トップページ | 今年最初の映画館通いは「哀れなるものたち」。エロでグロでブラックだ。そして強烈。 »

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2024年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RMS:英国版ジャズ・ロックの楽しさ。 | トップページ | 今年最初の映画館通いは「哀れなるものたち」。エロでグロでブラックだ。そして強烈。 »