2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで「ビッグ・ガン」を観た。これって映画館で観たんだよなぁ。 | トップページ | 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 »

2024年2月26日 (月)

祝来日:James Taylorってことで,彼の旧作を。

_20240223_0001 "Never Die Young" James Taylor (Columbia)

この4月に来日公演を行うことになっているJames Taylorである。公演が東京で1回だけというのが,日本における今のJames Taylorの受け入れられ方なのかと思ってしまうが,かく言う私も都合がつかないため行く予定はない。都合がつきさえすれば,多分行っていたと思えるだけにちょっと残念ではある。何と言っても米国の国民的な歌手という位置づけは揺るがないところだけに,やはり見ておきたいという思いは強いのだ...。

ということで,ライブには行けそうにはないが,私としても結構な数のアルバムを保有しているから,久しぶりに聞いてみるかということで取り出したのが1988年リリースの本作。正直言って,James Taylorのアルバムには奇をてらったところはないので,いつでも安定のJames Taylorを楽しむことができる。その中でアルバムにはそれぞれ良し悪しはあるとしても,平均点は高いのがこの人のアルバムの特徴だと思う。

このアルバムも,突出した曲はないとは言え,まぁいつもJames Taylorである。まぁ,"Sun on the Moon"なんかはワールド・ミュージック風味を感じさせるのが新機軸ってところではあるが,それでも大筋は変わらない。この人の声さえあれば成立してしまうんだろうなぁという感じもするが,私はJames Taylorはそれでいいと思う。そしていつも思うことだが,James Taylorの音楽を支えるバックのメンツの豪華さである。そうしたところにJames Taylorの米国音楽界におけるポジションが表れていると思ってしまうのだ。これだけのメンツが揃えばおかしなことにはならんというのが正直なところだが,このアルバムはちょっと甘いかなと思いつつ星★★★★ってところだろう。James Taylorと言えばこれって作品ではないが,私が保有するアルバムに限ってということにはなるが,つくづくJames Taylorに駄作はないと思わされるアルバム。

Personnel: James Taylor(vo, g), Leland Sklar(b), Carlos Ve, g), Leland Sklar(b), Carlos Vega(ds, perc), Bob Mann(g), Dan Dougmore(pedal-steel, banjo), Don Grolnick(key), Arnold McCuller(vo), Rosemary Butler(vo) with Michael Brecker(ts), "Cafe" Edson A. daSilva(perc), Jay Leonhart(b), Jeff Mironov(g), Mark O'Conner(vln), Bill Payne(synth), Greg "Fingers" Taylor(hca), David Lasley(vo), Lani Groves(vo)

本作へのリンクはこちら

« Amazon Primeで「ビッグ・ガン」を観た。これって映画館で観たんだよなぁ。 | トップページ | 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 »

ポップス」カテゴリの記事

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazon Primeで「ビッグ・ガン」を観た。これって映画館で観たんだよなぁ。 | トップページ | 高橋アキが弾く佐藤聰明:このミニマルな響きがたまりません。 »