2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで猪木名勝負10選を見る。まずはストロング小林戦。 | トップページ | 今聞くと新鮮に響く"Wings Over America"。 »

2024年1月23日 (火)

Marlena Shawを偲んで,"Who Is This Bitch, Anyway?"を聞く。

Marlena-shaw

_20240122_0001 "Who Is This Bitch, Anyway?" Marlena Shaw(Blue Note)

Marlena Shawが亡くなった。私自身はこの人の大ファンって訳でもないとしても,"Who Is This Bitch, Anyway?"(それにしても凄いタイトルだ...)は優れたソウル・アルバムであり,冒頭の会話のシークェンス(これが面白過ぎる)から,ファンク・ビートが炸裂する"Street Walkin’ Woman"を聞いたら痺れること必定であることはいつ何時も変わらないのだ。ここでのChuck Raneyのベースはまさにファンクの聖典の一つと言っても過言ではなかろう。

全編を通してMarlena Shawのヴォーカルは実に素晴らしいが,このアルバムがBlue Noteレーベルから出たというのが何とも象徴的であり,ファンクとメロウが混在するサウンドが70年代中期という時代にフィットしたアルバムだったのだと思う。もちろん本作以外にもヒット曲はあるMarlena Shawだが,私にとってはこの1枚で記憶に残る人となった。そして,1曲を除いてリズムを支えるChuck RaneyとHarvey Masonにとっても最高のバックアップ作のひとつとなったはずだ。また,提供した曲も含めて,プロデューサーとしてのBenard Ighnerにとっても最良の一枚だっただろう。

改めて,このアルバムを聞いて,Marlena Shawを偲びたい。

R.I.P.

Personnel: Marlena Shaw(vo, p), Chuck Raney(b), Chuck Domanico(b), Harvey Mason(ds, perc, wind-chimes), Jim Gordon(ds), David T. Walker(g), Larry Carlton(g), Dennis Budimir(g), Larry Nash(el-p), Mike Lang(p), Bill Mays(p), King Errison(perc)

本作へのリンクはこちら

« Amazon Primeで猪木名勝負10選を見る。まずはストロング小林戦。 | トップページ | 今聞くと新鮮に響く"Wings Over America"。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazon Primeで猪木名勝負10選を見る。まずはストロング小林戦。 | トップページ | 今聞くと新鮮に響く"Wings Over America"。 »