2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

2021年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,Jeff Beck。 | トップページ | 第1作は見ていないのだが,「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」を観に行った。 »

2023年1月14日 (土)

Jeff Beckを偲んで,なのだが,この荒々しさに改めて興奮してしまう。

_20230112 "Jeff Beck Live at BB King Blues Club" Jeff Beck(No Label)

先日亡くなったJeff Beckの音源をずっと聞いている私である。手持ちのアルバムを次から次へとプレイバックして,Jeff Beckの音楽を振り返っている中で,どのアルバムについて書こうか考えていたが,2003年にレコーディングされて,当初はWebを通じて販売されていたこのライブ盤を取り上げることにしよう。その後,正規盤としても日本では発売されたが,私はネットで購入したもの。

確か本作もオフィシャル・ブートレッグ的な扱いだったと記憶するが,そのためという訳でもないだろうが,クレジットもほとんどなく,参加ミュージシャンも書いていない。しかし,ここで演奏しているのはTony HymasとTerry Bozzioという"Guitar Shop"でのトリオである。そもそも"Guitar Shop"も相当激しいアルバムであったが,このライブは輪を掛けて激しい。ライブならではのラフさというのもあるとは思うが,この激しさはレベルが違う。"Scatterbrain"なんて,明らかにトチ狂っている。21世紀になってJeff Beckはライブ・アルバムを何枚か出しているが,私が聞いたものの中では断トツの強烈さで迫ってくる。聞いているこっちとしても,静かに追悼って感じには絶対ならない。

メンツがメンツだけに"Guitar Shop"からの曲が多いが,そのほかのアルバムからも満遍なく選曲されているが,総じてここまで激しくやらなくてもいいんじゃない?ってぐらいに感じさせる中で,"People Get Ready"とかやってくれるとホッとする。それぐらい全編を通じてのテンションが高く,聞き通すには体力が必要である。これに比べれば,Jan Hammerとのライブ盤なんて聞き易いものだ(きっぱり)。

聞くのには体力は必要だが,聞き終わった後にはJeff Beckを失った喪失感が押し寄せてくるってところである。改めて惜しい人を亡くした。

Recorded Live at B.B. King Blues Club & Grill, NYC on September 10, 2003

Personnel: Jeff Beck(g), Tony Hymas(key), Terry Bozzio(ds)

 

« 追悼,Jeff Beck。 | トップページ | 第1作は見ていないのだが,「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」を観に行った。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 追悼,Jeff Beck。 | トップページ | 第1作は見ていないのだが,「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」を観に行った。 »

Amazon検索ツール

2023年のおすすめ作

2022年のおすすめ作