2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

2021年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« Everything but the Girl:24年ぶりのアルバム・リリースを前に。 | トップページ | Little Featボックスから今日は”Time Loves a Hero”:随分Little Featのイメージと違うサウンドと言うべきか。 »

2023年1月19日 (木)

これぞキラ星のごとき出演者:"Carnegie Hall Salutes the Jazz Masters"

Carnegie-hall-salutes-the-jazz-masters "Carnegie Hall Salutes the Jazz Masters" Various Artists(Verve)

先日,Joe Hendersonの"Double Rainbow"を取り上げたが,あのアルバムの制作の契機はこのコンサートでのJoe HendersonとAntonio Carlos Jobimとの共演にあったとライナーに書いてあった。私はこのディスクそのものは未聴だったのが,以前はこのライブの模様を収めたレーザーディスクを保有していた。しかし,レーザーディスク・プレイヤーそのものがもはやメンテ不能となり,ソフトも全て廃棄してしまったのだが,やはり映像はあまり見ないということで,このライブ映像も数回見たに留まるはずだ。出演する豪華なメンツが,男性(Pat Methenyさえもである:笑)はタキシードで演奏していたのが印象に残っている。ということで,ちょっと懐かしさもあって聞いてみるかってことで,中古でゲットしたもの。

このコンサート自体はVerveレーベルの50周年記念ということで開催されたもので,各々の収録曲がかつてのVerveに在籍したミュージシャンたちにトリビュートするかたちでの演奏という形態を取っている。当時のVerveレーベルは相当なミュージシャンを抱えていたこともあって,このライブに出演したミュージシャンも主題の通り,キラ星のごときもので,まさに50周年を祝うに相応しい豪華さであった。メンツは下記のPersonnelをご覧頂きたいが,これだけのミュージシャンに一堂に会するというのは米国においてもなかなかないことだと思う。バックのビッグバンドのメンツだって相当凄い。それぐらいのイベントであり,これを目撃できた人は幸せだと言いたい。当時,Verveと契約していた山下洋輔も登場し,ピアノ・ソロでBud Powellに捧げるというかたちで,"Parisian Thoroughfare"をやっているが,ここではさすがの山下洋輔もそれっぽいフレーズは繰り出しながらも,山下洋輔としてはおとなしめの演奏となっている。まぁ,これだけの大御所に囲まれてはそうなるよねぇ。

まぁ,こういうイベントのライブであるから,お祭り的なものとして捉えるべきで,出来がどうこうと言うべきものではないが,それにしても凄いメンツが集ったことにはやはり驚きを隠せないと言うべきだろう。意外なところでは,本イベントでVanessa Williamsとともにホストを務めたHerbie Hancockが,John McLaughlinのデュオで,Bill Evansに捧げる"Turn Out the Stars"をやっているが,これもJohn McLaughlinが"Time Remembered"というアルバムで,Bill Evansの曲を演奏していたことを踏まえてってところか。それでもこのライブにおけるハイライトはAntonio Carlos JobimとPat Methenyのデュオによる"How Insensitive"になってしまうのかもしれないなぁ。Jobimのヴォーカルは相変わらずのヘタウマの世界だが...(笑)。ついでに言っておくと,Verveレーベルとは縁のなかったはずのMiles DavisにもちゃんとトリビュートしているところがMiles Davisたる所以か。Herbie HancockとJohn McLaughlinほかで"It’s About That Time"をやっているが,演奏ははっきり言って大したことないな(苦笑)。

ということで,YouTubeに映像がアップされていたので貼り付けておこう。2時間近くあるが,どこから見てもへぇ~となってしまうような映像のはずだ。

Recorded Live at Carnegie Hall on April 6, 1994

Personnel: Don Alias(perc), Tom Barney(b), Dee Dee Bridgewater(vo), Ray Brown(b), Kenny Burrell(g), Betty Carter(vo), Peter Delano(p), Al Foster(ds), Charlie Haden(b), Herbie Hancock(p, key), Roy Hargrove(tp), Joe Henderson(ts), Bruce Hornsby(p, el-p), Antonio Carlos Jobim(p, vo), J.J.Johnson(tb), Hank Jones(p), Abbey Lincoln(vo), Jeff Lorber(key, ), Christian McBride(b), John McLaughlin(g), Jackie McLean(as), Pat Metheny(g), Art Porter(as), Stephen Scott(p), Jimmy Smith(org), Gary Thomas(ts), Kenny Washington(ds), Vanessa Williams(vo), 山下洋輔(p) with the Carngie Hall Jazz Band: Randy Brecker(tp), Earl Gardner(tp), Lew Soloff(tp), Byron Stripling(tp), Slide Hampton(tb), Doug Purviance(tb), Steve Turre(tb, shells), Dennis Wilson(tb), Jerry Dodgion(as), Franks Wess(as), Alex Foster(ts), Willie Williams(ts), Gary Smulyan(bs), Renee Rosness(p, el-p), Dennis Irwin(b), Kenny Washington(ds), Don Sickler(cond)

« Everything but the Girl:24年ぶりのアルバム・リリースを前に。 | トップページ | Little Featボックスから今日は”Time Loves a Hero”:随分Little Featのイメージと違うサウンドと言うべきか。 »

ジャズ(2023年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Everything but the Girl:24年ぶりのアルバム・リリースを前に。 | トップページ | Little Featボックスから今日は”Time Loves a Hero”:随分Little Featのイメージと違うサウンドと言うべきか。 »

Amazon検索ツール

2023年のおすすめ作

2022年のおすすめ作