2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 追加音源が強烈過ぎるHamiet BluiettのIndia Navigation盤。 | トップページ | 当たり前の話だが,ReichはどうやってもReichであったというアルバム(笑)。 »

2022年11月17日 (木)

久々に聞くSwing Out Sisterのマキシ・シングル。

_20221115"Heaven Only Knows" Swing Out Sister(Mercury)

最近は全く追い掛けることもなくなったSwing Out Sisterであるが,7枚目のアルバム"Somewhere Deep in the Night"までは全てのアルバムを購入していた私である。しかし,徐々に当初の魅力を感じなくなっていったというのが正直なところ。だが,デビュー・アルバムは今でも好きなアルバムだし,2枚目の"Kaleidoscope World"のJimmy WebbあるいはBurt Bacharach的なサウンドもよかった。ライブ盤,"Live at the Jazz Cafe"はライブ・バンドとしてもいけているところを示したし,結局,かなり好きだったというのが事実である。

そんな彼らが最初のベスト盤を出したのが1996年のことだが,そこに収められていた新曲がこの"Heaven Only Knows"であった。そういうのさえも聞きたいと思って買ったのがこのマキシ・シングルだが,この頃はやはりまだまだ魅力的な音を出していたと思える。この人たちのいいところは,そこはかとないファンク風味も感じさせながら,メロディアスな曲を聞かせるところにあると思うが,ここで聞けるゆったり感が何とも心地よい。

カップリングされているは3枚目のアルバム,"Get in Touch with You"からの"Incomolete without You"に,4枚目の"The Living Return"からの"That’s the Way It Goes"であるが,これらの曲だってベスト盤に入れてもおかしくない曲だったと改めて思う。この頃までのこの人たちの音楽には結構愛着を覚えてしまう私である。でももうこれも四半世紀以上前の音源だってことにちょっとしたショックを受ける私である。星★★★★。

Personnel: Corrine Drewery(vo), Andy Connell(key)

« 追加音源が強烈過ぎるHamiet BluiettのIndia Navigation盤。 | トップページ | 当たり前の話だが,ReichはどうやってもReichであったというアルバム(笑)。 »

ポップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 追加音源が強烈過ぎるHamiet BluiettのIndia Navigation盤。 | トップページ | 当たり前の話だが,ReichはどうやってもReichであったというアルバム(笑)。 »

Amazon検索ツール

2022年のおすすめ作

2021年のおすすめ作