2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« Bob Seger:アメリカン・ロックの典型 | トップページ | FIFA ワールドカップ:ドイツ戦を振り返る »

2022年11月24日 (木)

今更ながら「沈黙のパレード」を観に行った。

Photo_20221121093101 「沈黙のパレード」('22,東宝)

監督:西谷弘

出演:福山雅治,柴咲コウ,北村一輝,檀れい,椎名桔平,飯尾和樹,戸田菜穂,田口浩正,吉田羊,酒向芳,村上淳

何だかんだ言って,ガリレオ・シリーズの好きな私である。新作が出れば読むし,映画化されれば,ついつい見てしまうのだ。まぁ,それでも公開されてから随分経ってから観に行っているのが,その程度の関心と思ってもらえばよい。小説版の本作について書いた時,「本作最大の悪役は誰が演じるのかが興味の焦点」なんて書いているが,ここでそれを演じる村上淳の嫌らしさは大したものであった。

但し,映画を観ていて,こんな話だったかなぁなんて思っているのだから,私の記憶力もいい加減なものなのだ。この映画はいかにもの東野圭吾的ストーリーだが,映画化するに当たって,ドラマ版よりは「予算を取ってます」的な感じが非常に強く感じられて,私としては冷めた感じで観ていたというのも事実である。映画では北村一輝の出番が結構多いが,それを生み出すドラマの背景との交錯具合はいかにも東野圭吾。しかし,小説ではあまり感じなかったストーリーのやり過ぎ感をこの映画に感じてしまった私であった。

まぁ,この映画を観ていて,女性刑事役は吉高由里子より,やっぱり柴咲コウだななんて思っていたが,まぁ映画としては星★★★ぐらいだろうな。

« Bob Seger:アメリカン・ロックの典型 | トップページ | FIFA ワールドカップ:ドイツ戦を振り返る »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bob Seger:アメリカン・ロックの典型 | トップページ | FIFA ワールドカップ:ドイツ戦を振り返る »

Amazon検索ツール

2022年のおすすめ作

2021年のおすすめ作