2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新しいリージョン・フリー・プレイヤーで改めて「椿三十郎」を観た。まさに痛快時代劇。 | トップページ | Peter Erskineのトリオによるイタリアでのライブ盤。これが実によい。 #PeterErskine #AlanPasqua #DarekOles »

2022年8月11日 (木)

これも久々に聴いたJoe Passの”For Django”。うまいねぇ。 #JoePass

_20220807 "For Django" Joe Pass(Pacific Jazz)

Joe Passと言えば,ついついPabloレーベルでの活動に目が向きがちになってしまうのは仕方ないところだろう。"Virtuoso"で聞かせたソロ・ギターの技は素晴らしかったし,Pabloならではのほかのミュージシャンとの共演アルバムにも多数参加しているから,イメージ的にはそうなってしまう。60年代にもアルバムはリリースしているが,Pabloに移籍して以降と比べるとやはり地味かなって気がする。

しかし,60年代のアルバムの中でも屈指のものと言われる本作を聴くと,Joe Passの本質は別に60年代から変わっていないってことが明らかになる。本作における"Night And Day"や"Limehouse Blues"のような演奏を聞いていると,実にスリリングかつ見事なフレージングと言わざるをえない。後のSarah Vaughanとやった"Autumn Leaves"でのソロをついつい思い出していた私である。

本作において,Joe PassがなんでDjango Reinhardtにトリビュートするのかって方が,イメージ的に想起できないってところもあるが,Joe Passがジャズ・ギターを始めたきっかけがDjangoらしいから,そういう事実には「へぇ~」となってしまう。

いずれにしても,ここでの演奏を聞いてもDjango的な部分は希薄ではあるが,既に確立していたJoe Passのギターの技を堪能できるところこそがこのアルバムのポイント。星★★★★☆。

Recorded in October, 1964

Personnel: Joe Pass(g), John Pisano(g), Jim Hugart(b), Colin Bailey(ds)

« 新しいリージョン・フリー・プレイヤーで改めて「椿三十郎」を観た。まさに痛快時代劇。 | トップページ | Peter Erskineのトリオによるイタリアでのライブ盤。これが実によい。 #PeterErskine #AlanPasqua #DarekOles »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいリージョン・フリー・プレイヤーで改めて「椿三十郎」を観た。まさに痛快時代劇。 | トップページ | Peter Erskineのトリオによるイタリアでのライブ盤。これが実によい。 #PeterErskine #AlanPasqua #DarekOles »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作