2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ようやくゲットしたPrysmの1stアルバム。フランスのトリオらしからぬところが,彼らの魅力だと思う。 #Prysm | トップページ | 才人3人による”Wave”:悪いはずがない。 »

2022年8月27日 (土)

Super Guitar Trioの発掘音源をストリーミングで聴いた。 #Superguitartrio #AlDiMeola #JohnMcLaughlin #PacoDeLucia

Saturday-night-in-sf "Saturday Night in San Francisco" Al Di Meola / John McLaughlin / Paco De Lucia(ear Music / Impex)

所謂Super Guitar Trioによるライブ盤"Friday Night in San Francisco"は強烈な印象を残すものでありながら,私にはややギミック過剰にも思えたことは事実である(そのアルバムに関する記事はちら)。だが,そのアルバムの翌日の演奏の未発表音源がリリースされるとなれば,やはり気になる。気にはなるのだが,いかんせんこのアルバムの価格が結構高い。そこまでして買うかなぁってこともあって,買い控えていたのだが,めでたくストリーミングで公開されたので聞いてみた。

するとである。これが結構いいのだ。"Friday"にあったような過剰な遊びがなく,トリオでの演奏はきっちり技巧とアンサンブルを聞かせるところは好感度が高い。そして,このアルバムがいいのは各々のギタリストのソロ曲がそれぞれ1曲ずつ収められているところだろう。特にここでのPaco De Luciaのソロである"Monasterio de Sal"が実に素晴らしい。全体を通して聞いてみると,私は"Friday"よりこっちの方が好きなのではないかとさえ思えてしまったぐらいだ。

だからと言って,これからCDやアナログを購入してもプレイバック頻度は高くなりそうもないので,今後もストリーミングで楽しめばいいやと思いつつ,これは聞いて損はないと思えるアルバムであった。やっぱりこの3人が揃えば強烈なのだ(笑)。甘いの承知で星★★★★☆。

因みに,このアルバム,最後の曲が「黒いオルフェ」のものと,"Soniquete"のものがあるようだ。私がストリーミングで聴いたのは後者だが,多分前者がear Music版で,後者がImpex版のCDということだろう。しかし,確認した訳ではないので為念。

Recorded Live at Warfield Theater on December 6, 1980

Personnel: Al Di Meola(g), John McLaughlin(g), Paco De Lucia(g)

« ようやくゲットしたPrysmの1stアルバム。フランスのトリオらしからぬところが,彼らの魅力だと思う。 #Prysm | トップページ | 才人3人による”Wave”:悪いはずがない。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくゲットしたPrysmの1stアルバム。フランスのトリオらしからぬところが,彼らの魅力だと思う。 #Prysm | トップページ | 才人3人による”Wave”:悪いはずがない。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作