2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Tobias Baderのバックでクラヴィネットを弾くBrad Mehldau。いろいろやっているねぇ。 | トップページ | コレクターはつらいよ(27):Tobias BaderのアルバムにおけるBrad Mehldauの参加曲を,リサーチ結果に従いダウンロード。 »

2022年8月14日 (日)

血迷ったとしか思えないMcCoy Tynerの”Looking Out”。 #McCoyTyner

Looking-out "Looking Out" McCoy Tyner(Columbia)

このアルバム,なぜかアナログで保有している私である。このアルバムが話題になったのはMcCoy TynerとCarlos Santanaの共演が収められているからで,私としてもこの二人が共演したらどういうことになるのかということで,中古で入手したと記憶している。しかし,このアルバムがターンテーブルに乗ることはほとんどなかった。そしてこれからもそれは変わりあるまい。なぜか?面白くないからである(きっぱり)。

このアルバムは端的に言えば,McCoy Tynerによるフュージョンである。だが,McCoy Tynerの音楽を知るリスナーからすれば,McCoy Tynerとフュージョンが合う訳がないのだ。Carlos Santanaとの共演という情報だけでは,ここまでフュージョンに傾斜しているとは想像していなかったが,先日,久々にこのアナログ盤を聴いて,「何じゃこりゃ?」としか思えなかったというのが実感である。

McCoy Tynerのピアノ・スタイルはよく言えばOne & Only,悪く言えばワンパターンな訳だが,そうした点も理解して新機軸を打ち出そうということで,ヴォイスを入れてみたり,あるいはミュージシャンの組合せをいじってみたり,あるいはビッグバンドとやったりという取り組みはそれまでにもあった。本人もプロデューサーも自覚の上ってところだろうが,だからと言って合うはずもないフュージョンに手を出したのは明らかに失敗だったと思う。

私もそうだが,リスナーなんて勝手なもので,従来の音楽はワンパターンとけなしながら,新機軸を打ち出せばイメージに合わないと言ってしまうものだが,それにしてもである。結構豪華なメンツを集めていると言ってもいい中で,どうしてこれほどPhyllis Hymanに花を持たせるかとも思ってしまう。彼女が悪いのではない。ここで彼女が登場することによって,McCoy Tynerの音楽である必然性がますます薄れたとしか言いようがないのだ。

ということで,McCoy Tyner,血迷ったり!としか言えない私である。星★★。

Personnel: McCoy Tyner(p, synth), Stanley Clarke(b), Carlos Santana(g), Buddy Williams(ds), Gary Bartz(as), Gerry Gonzarez(perc), Phyllis Hyman(vo), Charles Johnson(g), Denzil "Broadway" Miller(synth), Ndugu Chancler(ds)

« Tobias Baderのバックでクラヴィネットを弾くBrad Mehldau。いろいろやっているねぇ。 | トップページ | コレクターはつらいよ(27):Tobias BaderのアルバムにおけるBrad Mehldauの参加曲を,リサーチ結果に従いダウンロード。 »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tobias Baderのバックでクラヴィネットを弾くBrad Mehldau。いろいろやっているねぇ。 | トップページ | コレクターはつらいよ(27):Tobias BaderのアルバムにおけるBrad Mehldauの参加曲を,リサーチ結果に従いダウンロード。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作