2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ようやく入手した山下トリオの”Up-To-Date”。 | トップページ | 久しぶりにめちゃ混みの映画館で観た「トップガン マーヴェリック」 »

2022年6月 5日 (日)

Bobby Timmons:モダン・ジャズの一つの典型と言いたい。 #BobbyTimmons

_20220605"This Here Is Bobby Timmons" Bobby Timmons(Riverside)

当ブログにおいて,Bobby Timmonsのリーダー作は”Born to Be Blue!"を取り上げただけ(記事はこちら)で,それ以外はArt Blakey & Jazz Messengersとのアルバムがほとんどである。JMでの活動が華やかだっただけに,リーダーとしての活動は若干地味に映るのは仕方がない。

しかし,このアルバムを聞いていると,主題の通り,モダン・ジャズの一つの典型と言いたくなるような演奏で,これが聞いていて実にいいと思ってしまう。このアルバムでは"This Here","Moanin'","Dat There"というそれこそBobby Timmons三大オリジナル(笑)が含まれているところに,その他のスタンダードとの組み合わせが絶妙で,これぞピアノ・トリオの王道の一つと言いたくなる。やっぱりこの人の演奏は渋いが,本当に魅力的に響くと改めて思った私である。

このアルバムをレコーディングした当時,Bobby Timmonsはまだ24歳というのが信じられないような,渋くも成熟したピアノを聞かせるところも凄い。こういうのはやっぱりグラスを傾けながら聴きたくなってしまい,そうすると,ついつい酒量が増えるという罪作りなアルバム(笑)。星★★★★☆。結局,私が保有しているBobbby TimmonsのアルバムはRiversideレーベルの3枚だけだが,こういうBobby Timmons,あるいはこういう音が好きなのねってことである。いいねぇ。

Recorded on January 13 & 14

Personnel: Bobby Timmons(p),Sam Jones(b),Jimmy Cobb(ds)

« ようやく入手した山下トリオの”Up-To-Date”。 | トップページ | 久しぶりにめちゃ混みの映画館で観た「トップガン マーヴェリック」 »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく入手した山下トリオの”Up-To-Date”。 | トップページ | 久しぶりにめちゃ混みの映画館で観た「トップガン マーヴェリック」 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作