2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Barney Wilen:ドラムレスの編成がいいねぇ。 #BarneyWilen | トップページ | 実にReichらしい響きに満ちた新作:”Reich/Richter” #SteveReich »

2022年6月16日 (木)

Rudresh Mahanthappa:インド風味のFive Elementsみたいな...。

_20220615"Gamak" Rudresh Mahanthappa(Act)

このアルバムがリリースされたのが2013年なので,既に10年近くの時間が経過しているが,このアルバム,クロゼットにしまい込まれて,これまでちゃんと聞いた記憶がない(爆)。しかし,先日クロゼットを漁っていて,おぉ,こんなのもあったなぁということで取り出してきたのだが,このメンツ,実に気になるところであった。何てったって,変態ギタリスト,David Fiuczynski が目を引くが,ベースはFrançois Moutin,ドラムスはChris Potter UndergroundにNate Smithのトラで入ることもあるDan Weissである。 

リーダー,Rudresh MahanthappaはDownBeat誌の国際批評家投票では常に高く評価されている人だが,日本での知名度はちっとも上がっていないってところではないか。このブログでも”Who Is Rudresh Mahanthappa???”なんて記事をアップしたのが2011年(記事はこちら)だが,それ以降,日本での認知度が上がったって話は聞いたことがない(笑)。だが,その時取り上げた"APEX"も優れたアルバムであったし,このアルバムも改めて聴いてみると,Steve Coleman & Five Elementsにインドのフレイヴァーをまぶした感じのファンク色の強いアルバムだったのが面白かった。

アメリカの批評家に受けるのは,この尖った感じなんだろうなぁと思いつつ,そこに加わるのがDavid Fiuczynskiというのが何とも言えない変態的な感覚を加えているのも,その尖り感を増幅させている。ウネウネした感じはまさにDavid Fiuczynskiってところだ。David Fiuczynskiは上原ひろみのアルバムでも弾いていたことがあるが,変態度はこっちの方が上。星★★★★。

Recorded on April 2 & 3, 2012

Personnel: Rudresh Mahanthappa(as),David Fiuczynski(g),François Moutin(b),Dan Weiss(ds)

« Barney Wilen:ドラムレスの編成がいいねぇ。 #BarneyWilen | トップページ | 実にReichらしい響きに満ちた新作:”Reich/Richter” #SteveReich »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Barney Wilen:ドラムレスの編成がいいねぇ。 #BarneyWilen | トップページ | 実にReichらしい響きに満ちた新作:”Reich/Richter” #SteveReich »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作