2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ”Matchbook”: Ralph TownerとGary BurtonでリリシズムMax。 #RalphTowner #GaryBurton | トップページ | Netflixで観た「エグゼクティブ・デシジョン」:ありがちなサスペンス展開。 »

2022年5月20日 (金)

これこそ真の事件だ!Albert Aylerのラスト・レコーディングの完全版の発掘。

Revelations "Revelations: The Complete ORTF 1970 Fondation Maeght Recordings" Albert Ayler(Elemental)

Albert Aylerのラスト・レコーディングは,"Nuits de La Fondation Maeght"として,アナログ時代は2枚のLPがリリースされ,現在はCD1枚に収録されるかたちで入手可能である(それに関する記事はこちら)。それが1970年7月27日のレコーディングで,その2日前の同地での演奏も"Live on the Riviera"としてリリースされている。しかしである。それらは当日のライブの模様を完全に収めたものではなかったのだが,その全貌が明らかになるテープが発見され,CDは4枚組,Record Store Day限定のアナログは5枚組でリリースされた。私はCDを購入したのだが,これはまさに事件である。

今や,さまざまなミュージシャンの未発表音源が発掘されている。Bill Evansの音源にも素晴らしいものがあったが,このAlbert Aylerボックスの衝撃度ははるかにそれを上回る。Albert Aylerはこのレコーディングの約4ヶ月後,NYCのイースト・リヴァーに水死体として浮かんでしまうが,このレコーディングはそのAylerの最後の輝きである。

この音源が凄いのは,7月25日と27日の2回のライブの模様が完全なかたちで収められているだけでなく,現地のラジオ局ORTFが残していた音源にリマスタリングを施しているので,古いだけに音も最高とは言えずとも,真っ当な音になっていることが素晴らしい。これまでリリースされていた音源に付加される音源は2時間を越えるという強烈な音源なのである。これによって,"Nuits de La Fondation Maeght"も"Live on the Riviera"も,もはや用なしとなったと言いたくなる。

いずれにしても,よくぞこんな音源が残っていて,よくぞリリースしてくれたものだと言いたい。歴史的偉業とさえ言いたくなる超弩級発掘盤。このアルバムには星★★★★★以外ありえない。まじで凄い。まじで強烈。ジャケット写真も素晴らしいし,豪華なブックレットには,貴重な写真だけでなく,なんとSonny Rollinsをはじめとする豪華ミュージシャンへのインタビューまで掲載されている,まさに至れり尽くせりのアルバム。今年の発掘盤大賞はこれで決まり(きっぱり)。

Recorded Live at the Fondation Maeght on July 25 & 27, 1970

Personnel: Albert Ayler (ts, ss, vo), Call Cobbs (p on July 27 only), Steve Tintweiss (b), Allen Blairman (ds), Mary Maria(vo, ss)

« ”Matchbook”: Ralph TownerとGary BurtonでリリシズムMax。 #RalphTowner #GaryBurton | トップページ | Netflixで観た「エグゼクティブ・デシジョン」:ありがちなサスペンス展開。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”Matchbook”: Ralph TownerとGary BurtonでリリシズムMax。 #RalphTowner #GaryBurton | トップページ | Netflixで観た「エグゼクティブ・デシジョン」:ありがちなサスペンス展開。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作