2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire | トップページ | GW中にストリーミングで観た映画(4):「Vフォー・ヴェンデッタ」 »

2022年5月13日 (金)

Wes MontgomeryのCTIに先立ってのイージーリスニング路線。 #WesMontgomery

_20220507-2"California Dreaming" Wes Montgomery(Verve)

Wes Montgomeryのイージーリスニング路線と言えば,CTIの3作ってことになると思うが,それに先立って,Verveレーベルの時代からそういう路線は始まっていた。それをよしとするか否かは人それぞれであるが,私にとってのWes Montgomeryは"Full House"ってことになるので,こういう路線のアルバムはそれほど保有していないし,積極的にプレイバックするという訳でもない。それでもたまに取り出してみたくなるのがWesのWesたる所以である。

冒頭からThe Mamas & the Papasの"California Dreaming"を超ポップな感じで演奏して,ここから「う~む」となってしまうのだが,ほかの曲と比べても,この1曲が飛びぬけて浮いているというのが正直なところである。それでも,やはり"Full House"の世界とは落差はあまりにも大きい。まぁ,そういう音楽だと思って聞けばいいのだが,ジャズの世界から乖離していくWes Montgomeryを当時のリスナーはどう見ていたのだろうと思ってしまう。ジャズ・ファンに留まらないより幅広いオーディエンスに訴求するにはよかっただろうが,やっぱりゆるいよなぁ。同じ"Sunny"でもPat Martinoが弾くのとえらい違いやんけ!と言いたくなるのも事実。しかし,"Sunny"の2ヴァージョンは結構違いが感じられるのは面白かったりするのだが。

Wes Montgomeryのオリジナル,"Sun Down"や"Mr. Walker"ではジャズっぽさが多少は濃くなるが,それでもそれだけでは満足できないのが当たり前だろう。最後の"South of the Border"のイントロでまたずっこけさせてくれるし(笑)。Wesのオクターブ奏法等の技は楽しめるとは言え,星★★★が精一杯ってところだろう。私からすれば,このアルバムにパーカッションが要る?って感じだし,やっぱりタイトル・トラックが浮き過ぎだなぁ。

Recorded on September 14,15 & 16,1966

Personnel: Wes Montgomery(g), Don Sebesky(arr, cond), Mel Davis(tp), Bernie Glow(tp), James Nottingham(tp), Wayne Andre(tb), John Messner(tb), Bill Watrous(tb), Don Butterfield(tuba), Ray Beckenstein(as, fl, piccolo), Stan Webb(as, bs, eng-h, cl), James Buffington(fr-h), Herbie Hancock(p), Richard Davis(b), Grady Tate(ds), Ray Barretto(perc)

« 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire | トップページ | GW中にストリーミングで観た映画(4):「Vフォー・ヴェンデッタ」 »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire | トップページ | GW中にストリーミングで観た映画(4):「Vフォー・ヴェンデッタ」 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作