2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« GW中にストリーミングで観た映画(3):「プレステージ」 | トップページ | 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire »

2022年5月11日 (水)

Santanaは好きなんだが,何回聞いてもピンとこない”Viva Santana!”。 #Santana

Viva-santana"Viva Santana!" Santana (Columbia)

私の記憶によれば,このアルバムを購入したのは,私がまだ町田に在住していた頃のレコファンにおいてであったと思う。当然中古であったはずだが,かなりの安値(2枚組だが500円ぐらい)で入手したように記憶している。それ以来,結構な時間が経過しているが,何度聞いてもこのアルバムはピンとこないのだ。今回,久しぶりに聞いてみて,その原因を考えてみた。

私は結構Santanaが好きな方だと思う。アルバムだって結構保有している。前にも書いたかもしれないが,一番好きなのは"Caravansarai"ではあるが,特に初期のアルバムの方に惹かれるというのは事実である。でも"Moonflower"とかも結構好きだったりする。だからと言って,昨今のアルバムはストリーミングで済ませるというのが通常という,それぐらいの好きさ加減だと思ってもらえばよい。

このアルバムはバンドとしての活動が20年という節目を迎え,それまでの活動を回顧するという一種の企画アルバムなのだが,未発表音源やライブ音源,あるいはリマスター音源などが入っているのはいいのだが,80年代の低迷期の音源も入っていて,なんでそれが低迷期だったのかというのは売れ筋の音を模索したかのような音源から明らかになる。ある意味,Santanaらしさの欠如ってところか。また,このアルバムに入っている80年代のライブ音源は,音自体はSantanaでも,軽さを感じさせてしまうように思えるのだ。私が感じるピンと来ない感じ,あるいは違和感と言ってもよいかもしれないが,それは80年代の演奏におけるヘヴィーさが足りないというところに今回行きついた。

確かに未発表音源が多いので,聞きたくなるファンがいても不思議はない。しかし,これを聞くなら,Santanaの過去のアルバムを聞く方がずっとましなのだ。ということで,やっぱりこのアルバムは趣旨は分かるが,編集方針,あるいはパフォーマンスの選定が失敗だったと思う。星★★☆。"Lotus"でも聞いて口直しが必要だな(笑)。

« GW中にストリーミングで観た映画(3):「プレステージ」 | トップページ | 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire »

ロック」カテゴリの記事

コメント

Santanaですか、私も好きでしたねぇー-。
今も衝撃のLP「SANTANA」(1st)は、当時のものがスクラッチノイズがたっぷりですが聴けます(笑い)。
そして私の場合は、"Soul Sacrifice"、2ndの"black magic woman"あたりが初期の最高、そしてアルバムはやっぱり『キヤラバンサライ』ですね。『ウェルカム』『不死蝶』のフュージョンぽい頃が好きです。まあ70年代前半でしょう、最高は。ジャズと宗教が混在した当時は悩める男の作品が意外にいい。
来日『ロータスの伝説』もそのころですね。
『アミーゴ』以降はもうお付き合いのレベルですね。『Viva Santana』は当時は映像物で楽しんでました。
人気の『スーパーナチュラル』からは、もう作品というより「ショー」ですね、今も・・・(笑い)。

photofloyd(風呂井戸)さん,こんにちは。リンクありがとうございます。

>Santanaですか、私も好きでしたねぇー-。

ご同慶の至りです(笑)。

>そして私の場合は、"Soul Sacrifice"、2ndの"black magic woman"あたりが初期の最高、そしてアルバムはやっぱり『キヤラバンサライ』ですね。

そうなるのは当然と思います。勢いが違います。

『ウェルカム』『不死蝶』のフュージョンぽい頃が好きです。まあ70年代前半でしょう、最高は。ジャズと宗教が混在した当時は悩める男の作品が意外にいい。
>来日『ロータスの伝説』もそのころですね。

世代もあると思いますが,その辺までの音源に最も惹かれます。ただ私の場合,リアルタイムでは「アミーゴ」って言うより「哀愁のヨーロッパ」ぐらいからですかね。

もちろんラジオから流れる「ブラック・マジック・ウーマン」とかは認識してましたが,後追いで聞いても初期のアルバムは熱量が違いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GW中にストリーミングで観た映画(3):「プレステージ」 | トップページ | 久しぶりに聞いたR&B/ソウル・シンガーによるEW&Fトリビュート。 #EarthWind&Fire »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作