2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« "Touchdown"は"Touchdown"でも今度はBob Jamesね(笑)。 #BobJames | トップページ | 昨日に続いて,今日もJoe Sample:有名曲をカヴァーした”Invitation”。 #JoeSample »

2022年4月10日 (日)

Joe SampleとLalah Hathawayの組合せならまぁ間違いない(笑)。 #JoeSample #LalahHathaway

_20220408-2 "Song Lives on" Joe Sample Featuring Lalah Hathaway(PRA)

Lalah Hathaway,今は亡きDonny Hathawayの娘である。父も素晴らしいシンガーだったが,ちゃんとDNAを引き継いでいる。それはRobert Glasperの"Black Radio"シリーズでもはっきりしていたし,このブログで取り上げた彼女のライブ・アルバムでも実証されている(記事はこちら)。そのLalah HathawayがJoe Sampleと組めば,大体どういう音になるかは予想がつくし,まぁ間違いないのだ(笑)。

このアルバムがリリースされたのは1999年のことだが,記憶は定かではないのだが,私は確か中古で買ったような気がする。いくら間違いない組合せだとは思っても,私の中での優先順位は必ずしも高かった訳ではない。だが,改めて聞いてみると,やっぱり間違いなかった。Joe Sampleの粒立ちのよいピアノに乗って,Lalah Hathawayが歌うってのはやはり惹かれるものがある。まぁ注目は"Street Life"ってことになってしまうだろうが,テンポを落とした"Street Life"は,オリジナルのRandy Crawford版とは結構感じが違っていて,それはそれでいいとして,決してそれだけのアルバムではない。

まぁ,"Fever"みたいな選曲はどうなのよ?って気もするが,私にはむしろ,Joe Sampleのアルバム,"Spellbound"に収められていた"All God's Children"に歌詞をつけた"Come Along with Me"みたいな曲が実に魅力的に響く。結局,Joe Sampleの書く曲が魅力的なのもあるが,そこに重なるのがLalah Hathawayなのだから,私のようなリスナーの琴線に触れるのだ。"When Your Life Was Low"とか”One Day I Will Fly Away"なんてはまり過ぎである。

大概のJoe Sampleのアルバムがそうであるように,本作も気持ちよく聞けるアルバム。星★★★★。ただねぇ,ボートラの”It’s Sin to Tell a Lie"は感じが違い過ぎて,蛇足気味だが。

Personnel: Joe Sample(p, el-p), Lalah Hathaway(vo), Kirk Whalum(ts), Michael Thompson(g), Jay Anderson(b), Walfredo Reyes, Jr.(ds), Lenny Castro(perc)

« "Touchdown"は"Touchdown"でも今度はBob Jamesね(笑)。 #BobJames | トップページ | 昨日に続いて,今日もJoe Sample:有名曲をカヴァーした”Invitation”。 #JoeSample »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "Touchdown"は"Touchdown"でも今度はBob Jamesね(笑)。 #BobJames | トップページ | 昨日に続いて,今日もJoe Sample:有名曲をカヴァーした”Invitation”。 #JoeSample »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作