2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「高橋アキの世界」のCD版を入手。 #高橋アキ | トップページ | Miroslav Vitousの"Emergence":どれだけ訴求力があるかは別にして,これだけベース・ソロでアルバムを作ってしまうECMは凄い。 #MiroslavVitous #ECM »

2022年3月21日 (月)

"New Chautauqua":あの頃のPat Methenyって感じ。 #PatMetheny

_20220319-2"New Chautauqua" Pat Metheny(ECM)

振り返ってみれば,私が初めてPat Methenyの音楽に触れたのは,ECMレーベルにおける”Pat Metheny Group"だった。結構リリースされてすぐぐらいに買った記憶があるので,高校2~3年の頃,確か予備校の夏期講習の帰りかなんかで,京都のショップで購入したような気がする。そこで一気に気に入ってしまい,それ以降のアルバムはほぼリアルタイムで聞いてきたし,それ以前のアルバムも後追いで聞いてきた。後追いで聞いたのは"Bright Size Life","Water Colors"ということになるが,私とPat Methenyとの付き合いも長くなったものである。そんな中,実は"Pat Metheny Group"以降で,リアルタイムで買わなかったのがこのアルバムであった。

本作はPat Methenyの多重録音を交えたソロ・アルバムである。私がPat Methenyに惹かれたのは"Pat Metheny Group"におけるバンド・サウンドであったので,その後"American Garage"が出た時点で,彼らの音楽の全部聞きを目指したはずだ。よって,このソロ・アルバムが出た当時は,まだそこまでプライオリティを上げられなかったということだ。そもそもまだ高校生か,予備校通いをしている頃であるから,限られた小遣いでは,買えるアルバムの枚数も少なかったので,それはそれで仕方がなかった。結局入手したのはCDの時代になってからなので,随分後になっての購入となった。

まぁそれでも,冒頭のタイトル・トラックなんかを聞いていると,どう聞いてもあの頃のPat Methenyの音だよなって感じである。後にPat Methenyはテクノロジーも駆使するようになっていくが,この頃はまだシンクラビアとかギター・シンセサイザーも使っていないから,音的にはまだまだ素朴な感じもするが,フレージング自体は今も昔も変わらないってところだ。

なので,今聞いても,相応に楽しめるアルバムではあると思うが,アナログで言えば,A/B面1曲目のタイトル・トラックと"Hermitage"がいかにもPat Metheny的で魅力的に響くように感じる一方,そのほかの曲のクォリティは今一歩かなって気がする。そういうこともあって,ECMのアルバムの中ではプレイバック頻度があまり上がらないというのが正直なところなのだが,やはり私が期待してしまうのが”Pat Metheny Group”,”Travels”,あるいは”Still Life (Talking)のレベルになってしまうからなのかとも思う。まぁ,どうしても期待してしまう,そういうミュージシャンなのである。それを半世紀近く続けているってのも凄いことだが,このアルバムに関しては星★★★☆ってところ。嫌いじゃないけどね(笑)。でも,この頃から15弦ハープ・ギターとか弾いていたのねぇ。それが後のピカソ・ギターになったのかなんて思ってしまった。

Recorded in August 1978

Personnel: Pat Metheny(g, b)

« 「高橋アキの世界」のCD版を入手。 #高橋アキ | トップページ | Miroslav Vitousの"Emergence":どれだけ訴求力があるかは別にして,これだけベース・ソロでアルバムを作ってしまうECMは凄い。 #MiroslavVitous #ECM »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「高橋アキの世界」のCD版を入手。 #高橋アキ | トップページ | Miroslav Vitousの"Emergence":どれだけ訴求力があるかは別にして,これだけベース・ソロでアルバムを作ってしまうECMは凄い。 #MiroslavVitous #ECM »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作