2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ブート購入のオマケでもらったEric Dolphyの64年,パリでの演奏。 | トップページ | Badgerのライブ盤によるデビュー作。懐かしいねぇ。 »

2022年2月10日 (木)

Weather Report最初期のライブ音源を収めたブートレッグ。これは痺れる。

_20220208_20220208144601 ”Definitive Europe 1971" Weather Report(Bootleg)

またブートかよ?って声も飛んできそうだが,それが何か?(笑) 昨今はブートレッグも"Definitive"と称して,リマスターだ,放送音声なしだと,エンハンスしたヴァージョンがどんどん出てきている。音質が改善されることはそれはそれでいいことだと思うが,散財の機会が増えるのは困ったものだ。

この2枚組のブートは以前から知られた音源のはずだが,それが音質エンハンスして市場に出回っているのがこれである。2枚組のDisc 2はDVDでも出回っている"Beat Club"映像の音起こしだと思うが,YouTubeでも見られる映像でも,音はそこそこよいのはわかる。よって,注目はDisc 1だが,これが実に音がよいのだ。これはポイントが高い。

Weather Reportのファースト・アルバムがリリースされたのが71年の5月。そしてこのDisc 1は6月の初の欧州楽旅の模様を収めたものとのことである。Weather Reportには"Live and Unreleased"という未発表ライブ音源を集めたアルバムがあったが,そこにはMiroslav Vitous在籍中の音源が全く入っていないという決定的な瑕疵があった。その他の演奏は実に素晴らしいのだが,なぜVitous入りの音源が省かれたのか?それはJoe ZawinulとMiroslav Vitousの確執が原因とする説もあるが,そのことを実に残念に思っていた私である。Vitous入りのライブなら"Live in Tokyo"を聞いていればいいって話もあるが,やっぱりもっと聞きたいのだ。大げさに言えば,そんな渇きを癒すのがこういうブートってことになる。

聞いていて面白いと思ったのは,初期のWeather Reportには"In a Silent Way"的な牧歌的な展開が随所で聞かれることであった。例えばMiles DavisのLost Quintetならハードにブチかましまくるが,ここでのWeather Reportは硬軟を取り混ぜたかたちで,バランスの取れた音楽を展開しているのが興味深い。かつその音楽的な質の高さは半端でなかった。ブートレッグも凄い時代に入ったなぁと実感させるに十分。こういう音源はどんどん世に出すべきだと改めて思ってしまった。

Recorded Live at Stiftshoff, Ossiach, Austria on June 27, 1971 and at Beat Club, Humburg, Germany on August 9, 1971

Personnel: Joe Zawinul(p, el-p, key), WaynZawinul(p, el-p, key), Wayne Shorter(ts, ss), Miroslav Vitous(b), Alphonse Mouzon(ds), Don Un Romao(perc, fl)

« ブート購入のオマケでもらったEric Dolphyの64年,パリでの演奏。 | トップページ | Badgerのライブ盤によるデビュー作。懐かしいねぇ。 »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブート購入のオマケでもらったEric Dolphyの64年,パリでの演奏。 | トップページ | Badgerのライブ盤によるデビュー作。懐かしいねぇ。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作