2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Phil Manzaneraの初リーダー作は豪華メンツに支えられたアルバム。 #PhilManzanera | トップページ | 先日のPhil Manzaneraつながりで,今日はRoxy Music。 #RoxyMusic »

2022年2月26日 (土)

またブートですか?と言われそうだが,今回はBrad Mehldauの2008年の記録。 #BradMehldau

_20220225 "Salzburg 2008" Brad Mehldau Trio(Bootleg)

昨今,このブログにブートレッグを取り上げる機会が増えていて,またですか?と言われてしまいそうだが,今回はBrad Mehldauのトリオによる2008年の演奏を収めた音源である。

このブログにも書いてきたが,私はBrad Mehldauの音源のコンプリート・コレクションを目指している。と言っても,それは公式音源に限った話で,例えば各国の媒体を全部揃えるとか,ブートまで全部カバーするとかいうものではない。よって,コレクターとしては結構「やわ」な訳だが,それでもなかなかコンプリートってのは難しいものだと思っている。まぁ,それでもBrad Mehldauが高校生の時に吹き込んだ演奏以外は多分揃っているはずだ。ブートレッグについては,注目に値するもの,音がいいもの,演奏がいいものなどは拾うようにしているが,このブートについては音と演奏がよいと思って購入したものである。

タイトル通り,ザルツブルグでの演奏を収めたものだが,私にとってザルツブルグと言えば,「サウンド・オブ・ミュージック」である。よく似合わないとは言われるのだが,私が人生においてもっとも繰り返し見た映画は「サウンド・オブ・ミュージック」であり,最も好きな映画の一本なのだ。だから,死ぬまでにザルツブルグは絶対訪れたいと思っているし,ロケ地を回るツアーにだって行きたいぐらいなのだ。

このブートは実に音がよくて,公式音源と比べても遜色がないものだが ,それに加えて,ザルツブルグでの演奏ということもあってか,「サウンド・オブ・ミュージック」から"Something Good"を演奏しているのが珍しい。この曲はAnne Sofie von Otterとの"Love Songs"でやっているが,あのアルバムはあまり聞かない私なので,すっかり失念していたが,トリオでの演奏は残っていないはずだから,そこに注目してしまうのだ。もともとが美しいバラッドであるが,それを更にテンポを落とした感じで美的にやっている。私としてはおぉ~と唸ってしまったのであった。

この曲に限らず,Brad Mehldau Trioの安定して高レベルの音楽が収められていて,実に嬉しくなるブートなのだ。冒頭の"Dream Sketch"から掴みはOK,終曲の"It Might As Well Be Spring"はテンポを上げての盛り上がりを見せて,とにかくライブとしての構成も見事なものである。こういうブートならいつでも歓迎ってところ。私が保有しているそんなに多くないブートの中でも,この演奏はかなりいい方のた部類と言ってよいと思う。

Recorded Live at University Salzburg on October 31, 2008

Personnel: Brad Mehldau(p), Larry Grenadier(b), Jeff Ballard(ds)

« Phil Manzaneraの初リーダー作は豪華メンツに支えられたアルバム。 #PhilManzanera | トップページ | 先日のPhil Manzaneraつながりで,今日はRoxy Music。 #RoxyMusic »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Phil Manzaneraの初リーダー作は豪華メンツに支えられたアルバム。 #PhilManzanera | トップページ | 先日のPhil Manzaneraつながりで,今日はRoxy Music。 #RoxyMusic »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作