2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 誰が聞いたって驚くわって感じのLee Morgan初リーダー作。 | トップページ | 注目のBrad Mehldau新譜情報:”Jacob’s Ladder"は3/18リリース予定。 »

2022年1月29日 (土)

これが未発表だったとは...:Geri Allen / Charlie Haden / Paul Motianによる実に優れた演奏。

_20220128 "Live at the Village Vanguard Unissued Tracks" Geri Allen / Charlie Haden / Paul Motian(Somethin’ Cool)

Geri Allen,Charlie Haden,Paul Motianによるトリオのアルバムは何枚かあるが,不勉強にして私はこれまで全く無縁であった。しかし,このアルバムをストリーミングで聴いた瞬間,何とも凄いトリオだったのだなと遅ればせながら悟った私である。これは購入すべき音源と確信した。

これはDIWレーベルからリリースされた"Live at the Village Vanguard"の残りテイクから選ばれたものということであるが,未発表にしておくにはもったいない音源の数々である。メンバーのオリジナルとスタンダードを交えた構成もよく,ここは選曲,監修に当たった大西順子を褒めたい。

スタンダードはリラクゼーションも感じさせる部分はあるが,オリジナルやバップ・チューンはスリリングな演奏が続き,今から30年以上前の演奏にもかかわらず,全然古びた感じがしないのも素晴らしい。オリジナルは結構アブストラクトな感覚も与えるが,決してハードルが高いという訳ではない。実にハイレベルなトリオ演奏であり,多くの人の耳に届けたいと思わせる。こうした音源が発掘されたことを素直に喜びたい。星★★★★★。

それにしても,このライブがレコーディングされた時,私はNYCに在住した頃である。なぜ,このトリオを観に行かなかったのかと思っても,後の祭り...。冬休みで,どこかに行っていたのかなぁ?あるいは告知を見逃していたのか?全然記憶にない...(苦笑)。

Recorded Live at the Village Vanguard on December 21 & 22,1990

Personnel: Geri Allen(p), Charlie Haden(b), Paul Motian(ds)

« 誰が聞いたって驚くわって感じのLee Morgan初リーダー作。 | トップページ | 注目のBrad Mehldau新譜情報:”Jacob’s Ladder"は3/18リリース予定。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

このトリオ、おそらくライヴで常に演奏していたようではなくて、録音のために集まって、ライヴの回数も多くなかったような気がしています。6枚出てますけど、レーベルもバラバラだし、アメリカに住んでらっしゃったとなると、情報は集まりにくかったかもしれません。

3人の相性は抜群にいいですね。それが記録が多く残された原因かも。

当方のブログアドレスは下記の通りです。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2022/01/post-e8d83a.html

910さん,こんにちは。リンクありがとうございます。

>このトリオ、おそらくライヴで常に演奏していたようではなくて、録音のために集まって、ライヴの回数も多くなかったような気がしています。6枚出てますけど、レーベルもバラバラだし、アメリカに住んでらっしゃったとなると、情報は集まりにくかったかもしれません。

当時はインターネットのような便利なものもなく,Village VoiceやNew York Timesでイベント情報をキャッチするというのが常でしたが,完全にスルーしていました。こんな演奏を耳にしてしまっては,本当にもったいないことをしました。

>3人の相性は抜群にいいですね。それが記録が多く残された原因かも。

おっしゃる通りです。オリジナルやジャズマン・オリジナルのハイブラウな感じと,スタンダードのテンションをちょっと下げた感じのバランスもいいですね。彼らのアルバム,中古でも手に入りにくくなっていますので,当面ストリーミングで辛抱かなってところです。

閣下、私も聴きました。

骨太で聴きごたえのあるピアノ・トリオでした。
オリジナルでは、フリー度が増し難解な感じですが、
スタンダードやミュージシャン曲では、遊び心も歌心もあって面白かったです。
全体に漂うビターでハード・ボイルドな感じは、とてもかっこよかったです。

私のリンクです。
https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2022/02/post-c9ba8f.html

Suzuckさん,続けてこんにちは。こちらもリンクありがとうございます。

>骨太で聴きごたえのあるピアノ・トリオでした。

おっしゃる通りですね。実に素晴らしい演奏でした。

>全体に漂うビターでハード・ボイルドな感じは、とてもかっこよかったです。

はい。これだけのものを出してもらえれば文句ありません。ほかのアルバムは入手困難になっているようなので,ストリーミングで聴くことにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰が聞いたって驚くわって感じのLee Morgan初リーダー作。 | トップページ | 注目のBrad Mehldau新譜情報:”Jacob’s Ladder"は3/18リリース予定。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作