2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 久々にHigh Fiveを聞いた。 | トップページ | 渋い。ジャケも渋いが,音も渋いBobby Timmonsのアルバム。 »

2022年1月12日 (水)

Freddie Hubbardの"Breaking Point":前衛と伝統のはざまってところ。

_20220109-2 "Breaking Point" Freddie Hubbard(Blue Note)

久々に聞いたこのアルバムだが,タイトルは「限界点」あるいは「極限」なんて大仰ではあるが,まだまだ十分コンベンショナルな演奏と言ってもよい。確かにタイトル・トラックのようにややフリーがかったところはあるが,決してこれはフリー・ジャズではなく,あくまでも伝統技法の中で,若干の前衛色をまぶしたってところだろう。

Freddie Hubbardの場合,それこそOrnette Colemanの"Free Jazz"にも参加しているのだから,もっとフリーな世界に行こうと思えば行けるはずの人だ。その一方でJazz Messengersでも演奏していたのだから,ある意味何でもできてしまう訳だが,ここでは上述の通り,伝統の枠内に留まっているってことでの「限界点」と私は感じる。

朗々としたFreddi Hubbardのラッパは相変わらずの響きと言ってよいが,ここではJames Spaldingの切り込み具合もなかなか楽しい。更にこのアルバムで印象深いのがRonnie Mathewsかもしれない。どちらかと言えば地味な感じのするRonnie Mathewsが,いかにも新主流派的なセッティングの中で,印象的なピアノを聞かせている。まさにBlue Noteって感じの音であるが,今聞いても十分に楽しめる快作。星★★★★☆。

Recorded on May 7, 1964

Personnel: Freddie Hubbard(tp), James Spalding(as, fl), Ronnie Mathews(p), Eddie Kahn(b), Joe Chambers(ds)

« 久々にHigh Fiveを聞いた。 | トップページ | 渋い。ジャケも渋いが,音も渋いBobby Timmonsのアルバム。 »

ジャズ(2022年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々にHigh Fiveを聞いた。 | トップページ | 渋い。ジャケも渋いが,音も渋いBobby Timmonsのアルバム。 »

Amazon検索ツール

2021年のおすすめ作