2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« ホリデイ・シーズンに取り出したアルバム。 | トップページ | 2021年の回顧:映画編 »

2021年12月25日 (土)

Alan Broadbent:実に趣味のよいトリオだ。

_20211223 "Personal Standards" The Alan Broadbent Trio(Concord)

Alan Broadbentの名前はIrene Kralの伴奏者として意識したのが最初だったと思う。その後,Charlie HadenとのQuartet Westでも知名度が上がっていたが,このアルバムはAlan Broadbentが全編オリジナル(1曲だけベースのPutter Smith作)を演奏したトリオ・アルバム。Alan BroadbentはPat Methenyの"From This Place"でも素晴らしいオーケストレーションを提供して,アレンジャーとしても凄いところを見せたが,本業たるピアニストとして97年にリリースしたのがこのアルバム。

そもそもConcordレーベルということで,趣味のよいアルバムになることは想定内であったが,これが実にリリカルなピアノを聞かせるナイスなアルバムなのだ。私がこのアルバムを購入する気になったのは,ドラマーがBill Evansトリオの最後のドラマーとなったJoe LaBarberaであったこともあったが,ジャケもまたいい感じなのがよかった。

そして出てくる音楽はこちらの期待通りの楚々としたピアノ・トリオである。ピアノ・タッチは美しく,曲もなかなか魅力的ということもあって,愛聴するというほどは聞いていないが,絶対売らない「一軍」アルバムとしての位置を確保している。全編を通して,スローでも,ミディアムでも,アップ・テンポでも実に心地よく時間が流れていく好アルバム。存在そのものがあまり知られていないかもしれないが,埋もれさせるには惜しい作品。最初に聞いた瞬間から私はこのアルバムが好きだと思ったが,今回改めて聞いても,やっぱりよかった。認知度向上のためにも星★★★★☆としよう。

ディスクそのものは,中古ではいくらでも手に入るので入手困難という訳ではないが,ご関心をお持ち頂けた方は,まずはストリーミングでどうぞ。

Recorded on October 7 & 8, 1996

Personnel: Alan Broadbent(p), Putter Smith(b), Joe LaBarbera(ds)

« ホリデイ・シーズンに取り出したアルバム。 | トップページ | 2021年の回顧:映画編 »

ジャズ(2021年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホリデイ・シーズンに取り出したアルバム。 | トップページ | 2021年の回顧:映画編 »