2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

2022年のおすすめ作

無料ブログはココログ

« 今更ながらの”Bass Desires”。懐かしいねぇ。 | トップページ | 久しぶりに取り出したBrad Mehldau参加の珍盤。 »

2021年12月12日 (日)

Barry Harrisが亡くなったそうだ。

Barry-harris-2

Barry Harrisが亡くなったそうである。ジャズ界におけるまた新たなCovid-19の犠牲者であるが,91歳という高齢だっただけに,感染してしまったのは痛かった。

亡くなる直前まで,オンラインでのワークショップを続けていたとのことなので,近年は教育者としての側面が強くなっていたが,長期に渡る演奏歴を誇る大ヴェテランであった。最初に私が買ったBarry Harrisのアルバムは"Plays Tad Dameron"だったと思うが,もはや手許には残っていない。今,残っているのは数枚であるが,その中から今日は追悼する意味で,Riversideの"Preminado"を聞きながらこれを書いている。

Barry Harrisについてはこのブログで取り上げたリーダー作は"In Spain"だけってのが,私の中でのBarry Harrisの位置づけを示しているとも言えるが,一番聞いたのはSonny Stittのバックで弾いている"Tune Up!"かもしれない(それすらこのブログで記事にはしていないが...)。リーダーともども典型的なバッパーだった二人の共演は実に楽しく,Stittのアルバムとしてもプレイバック比率が高い。

古き佳き,と言ってはいけないが,ジャズの伝統に根差したピアノを聞かせる渋い人だったと思う。

R.I.P.

« 今更ながらの”Bass Desires”。懐かしいねぇ。 | トップページ | 久しぶりに取り出したBrad Mehldau参加の珍盤。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ジャズ(2021年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今更ながらの”Bass Desires”。懐かしいねぇ。 | トップページ | 久しぶりに取り出したBrad Mehldau参加の珍盤。 »