2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Grant Greenのどファンク! | トップページ | ボックス・セットについて考える。 »

2021年10月 5日 (火)

昨今の楽しみ:「黄金の日日」の再放送。

Photo_20211004221201

毎週,日曜日の早朝に大河ドラマ「黄金の日日」がBSで再放送されているのだが,これを録画して見るのが昨今の楽しみの一つとなっている私である。暫く大河ドラマなんて見たこともなかったが,「麒麟が来る」で戦国時代の面白さを改めて感じてしまい,そこへ再放送が始まったのがこの「黄金の日日」であった。

今となっては実にユニークなキャスティングと言ってよかった川谷拓三とか李礼仙みたいな役者も面白いし,夏目雅子はこの頃から綺麗だったとかつくづく回顧モードに入っている私である。実を言えば,私はこの「黄金の日日」を本放送の時も見ていた。それは当時竹下景子のファンであった私の彼女の出番見たさゆえであったが,彼女が二役でドラマの前半と後半に出てくることは覚えていたし,信長はやっぱり高橋幸司だよなぁなんて思っていたのも事実である。

しかし,今回,再放送を見ていて私がはまってしまったのが,栗原小巻の美しさなのだ。私は長年のサユリストだが,「黄金の日日」を見て,コマキストも兼ねてしまおうなんて思ってしまうのだからいい加減なものである。しかし,このドラマは私にそう思わせても仕方がないくらいの凛とした魅力を栗原小巻が放っているのだ。正直言って市川染五郎(現松本白鸚)のバタ臭い演技はそれはそれでいいとしても,私が毎週観続けるのは栗原小巻が見たいからと言っても過言ではない。先日の放送が本能寺のタイミングであったが,これでまだ半分ぐらいということで,これからも見続けること確実である。それは間違いなく栗原小巻ゆえである。前回はルソン島で過ごす栗原小巻のシーンがあったが,現地の衣装をまとう栗原小巻の姿にまじで萌え~となった私...(爆)。

NHKのBSはウルトラセブンだの,ウルトラQだのを放送していて,高齢者を喜ばせているが,大河は以前から再放送していたようなので,次はどの大河を再放送してくれるのかと実は楽しみな私である。でも古いのはテープが残っていないらしい。「新平家物語」とか「天と地と」とか「国盗り物語」とかは何とか見たいものだが,それはかなわぬ夢か。

« Grant Greenのどファンク! | トップページ | ボックス・セットについて考える。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Grant Greenのどファンク! | トップページ | ボックス・セットについて考える。 »

Amazon検索ツール