2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 父の遺品のThelonious Monkのアルバムを聴く。 | トップページ | Pat MethenyのSide Eyeが遂にリリース。 »

2021年9月22日 (水)

またも観ました007。今回は「美しき獲物たち」。

A-view-to-a-kill「美しき獲物たち(”A View to a Kill”)」(’85,米/英/アイスランド,UA/MGM)

監督:John Glen

出演:Roger Moore, Christopher Walke,Tanya Roberts, Grace Jones, Patrick Macnee, David Yip

Amazon Primeで007シリーズが観られるのをいいことに,またも観てしまった。私はシリーズの中で,Roger MooreがJames Bondを演じた作品を高く評価できないので,この映画も通しでは初めて観たような気がする。

この映画はそのRoger MooreがBondを演じる最終作ということで,この時,Roger Mooreは撮影中に57歳の誕生日を迎えており,James Bondを最年長で演じたことになるそうだ。それにしては頑張っているとは思えるが,なんで私がRoger Moore版007を評価できないかと言えば,シナリオの出来が良くなかったからだと思っている。娯楽映画として仕方のない部分もあるが,この映画もつまらないエピソードを盛り込み過ぎで,荒唐無稽度が高いというのがその理由だ。

映画の前半は抑えめのストーリーで,これはなかなかいいんじゃないのと思わせるのが,後半になって「やっちまった」感が出てくる。サンフランシスコにおけるカー・チェイスのシーンって必要だったのかって思えるのもあり,2時間を越える上映時間は必要なかったと感じざるをえない。鉱山のシーンも明らかに冗長で,シナリオはもっと整理のしようがあったはずだ。

そうした中で,救いはChristopher Walkenの悪役ぶり。もうここまで来ると本人も楽しんで演じているに違いないって感じの,いかにもChristopher Walkenらしいサイコパスぶりである。まじでこういう役が似合うよねぇ。まぁそれでも星★★★が精一杯ってところだが。

それにしても,007のテーマソングをDuran Duranってのはどうもミスマッチ感があったなぁ。

さて,次は何を観るかねぇ...(笑)。パロディ版「カジノ・ロワイヤル」かな。

« 父の遺品のThelonious Monkのアルバムを聴く。 | トップページ | Pat MethenyのSide Eyeが遂にリリース。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 父の遺品のThelonious Monkのアルバムを聴く。 | トップページ | Pat MethenyのSide Eyeが遂にリリース。 »

Amazon検索ツール