2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 感涙。これまた凄い音楽映画:「サマー・オブ・ソウル」 | トップページ | 私の好物と言ってよい定冠詞付きの現代音楽,ブーレーズのピアノ曲全集。 »

2021年9月16日 (木)

ようやく記事をアップ:Deacon Blueのライブ・アルバム。

Deacon-blue ”Live at the Glasgaw Barrowllands" Deacon Blue (e.a.r. music)

彼らの最新作である"City of Love"の記事をアップした時に,このライブ盤の記事をアップしていないのはなんでやねん?みたいなことを書いたが,本当に書きそびれてしまったというのが正直なところなのだ。よくよく調べるとその後,"Riding on the Tide of Love"というEPをリリースしているので,"City of Love"は最新作という訳ではないが,それは未聴である。"City of Love"については若干辛口の評価だった私だが,それに先立つライブ盤を,リリースから4年以上経ってアップするのもなんだかなぁというところなのだが,やっぱりこれが素晴らしいので,アップせざるをえない。

私がDeacon Blueというバンドに惹かれるのは,Ricky Rossの書く曲のポップさゆえであるが,バンド歴を重ねてもこのバンドの持つ瑞々しい感覚が不変なのが素晴らしいと思える。Ricky Rossは私よりも年長であるが,全然そういう年齢を感じさせないポップな感覚を失わないところは,還暦を過ぎた私も見習わなければならないとつくづく思ってしまう。

冒頭を"Come Awake"のようなゆったりした曲で飾るというところは意表を突いているが,その後の王道ポップへの流れを作り出すためのプレリュードと言ってもよく,まさに彼らのベスト盤的選曲も素晴らしい。そして最後をBob Dylanの"Forever Young"で締めるところもおっさんの心をくすぐるのだ。全27曲という結構なボリュームであるが,全然飽きるところはないし,どこから聞いてもこのアルバムは楽しい。やはり私はこのバンドが好きなんだなぁというのを再認識させるに十分なアルバム。紹介が遅れてしまったことも反省して,星★★★★★としよう。

Recorded Live at Brrowlands Ballroom on December 4, 2016

Personnel: Ricky Ross(vo, p, key), Lorraine McIntosh(vo, perc), James Prime(key, vo), Dougie Vipond(ds, perc), Gregor Philp(g, key, vo), Lewis Gordon(b, g, vo)

« 感涙。これまた凄い音楽映画:「サマー・オブ・ソウル」 | トップページ | 私の好物と言ってよい定冠詞付きの現代音楽,ブーレーズのピアノ曲全集。 »

ロック」カテゴリの記事

ポップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感涙。これまた凄い音楽映画:「サマー・オブ・ソウル」 | トップページ | 私の好物と言ってよい定冠詞付きの現代音楽,ブーレーズのピアノ曲全集。 »

Amazon検索ツール