2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Gil Evansが英国人バンドと共演したモントルーでのライブ。 | トップページ | 今頃になって「プロミシング・ヤング・ウーマン」を観たが,実に面白かった。 »

2021年9月11日 (土)

ガリレオ・シリーズの新作なんだけどねぇ...。これはいかんだろう。

Photo_20210906180601「透明な螺旋」東野圭吾(文藝春秋)

「沈黙のパレード」以来のガリレオ・シリーズの新作である。前作をこのブログで取り上げた際に,『東野圭吾のストーリーにはそこはかとなく「人情」が通奏低音のように流れている』と書いたが,この作品でもそれは同様だと思うのだが,ガリレオ・シリーズにしては,その「人情」が勝り過ぎたというのが実感である。そもそも,いくら頭脳明晰な主人公,ガリレオこと湯川学とは言え,その情報からだけで真相を明らかにできる訳ないだろうと思わせてしまうのがそもそもの難点である。ガリレオにはもう少しちゃんとした「ロジック」が必要なはずだが,どうにもそれが曖昧模糊としていて居心地が悪いのだ。

読み進めさせる技術については,今回も私はどんどんページをめくらされたので,そこは大したものだと思うのだが,これをガリレオ・シリーズと言ってよいのかというと,何だかなぁって気がしてしまうのだ。登場人物の関係性についてもどうなのよって思わせるし,これはガリレオ・シリーズとしては読者の期待を裏切る部分が大きかったと言わざるをえないだろう。そういうことを気にしなければ面白く読めるとも言えるのだが,やはりこれは微妙な出来であった。星★★★。本作に対して『今、明かされる「ガリレオの真実」 』というコピーは確信犯的な悪意に満ちているとしか言いようがなく,文藝春秋にはそういう点は反省してもらいたいし,東野圭吾には,次はちゃんと「ガリレオ」らしい作品を書いて欲しいものである。

« Gil Evansが英国人バンドと共演したモントルーでのライブ。 | トップページ | 今頃になって「プロミシング・ヤング・ウーマン」を観たが,実に面白かった。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Gil Evansが英国人バンドと共演したモントルーでのライブ。 | トップページ | 今頃になって「プロミシング・ヤング・ウーマン」を観たが,実に面白かった。 »

Amazon検索ツール