2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 超懐かしい!Kate Bushのベスト盤。 | トップページ | またもJohn McLaughlinのブートレッグである。 »

2021年9月 3日 (金)

W杯アジア最終予選の初戦は完敗であった。

アジア最終予選では何かが起こる。そして今回も日本代表は初戦でオマーンに敗れた。私も試合を見ていたのだが,スコアは0-1の僅差ではありながら,実に情けない試合だったと言わざるをえない。私から言わせれば完敗だ。

そもそもかなりの降雨量で,ピッチ・コンディションは悪く,ボールも転がりが悪い中では,通常の日本のパスをつなぐ,あるいは強烈なスルー・パスを通すということが難しくなるにもかかわらず,今回の日本代表はよく言えば自分たちのサッカー・スタイルを貫いたとも言えるが,むしろ臨機応変に戦うことができていなかったと言わざるをえない。今回のようなコンディションではサイドからぽんぽん中に入れるという選択肢もあったはずだが,つまらないパス回しが多過ぎた。

あのピッチの状態で,私には特に右サイドでちょこまかと短いパスを回し過ぎのように思えたし,不用意な横パスをインターセプトされるシーンが何回もあったのは,オマーンがアウェイということで,もっとディフェンシブに来るという思い込みがあったのではないか?今回のオマーンは想定以上にオフェンシブなサッカーをしていたし,スピードもかなりあったため,日本代表は面食らってしまったと言ってもいいかもしれない。しかし,日本代表が決定的なシーンを作り出せなかったのは間違いない事実だし,そもそも枠を捉えたシュートが何本あったのか?と言いたい。枠を捉えずとも,ゴールを狙うという積極性が感じられなかったのは誠に残念としかいいようがない。シュートを打たなかったら点は入らないのだ。

今回の試合で攻撃面で一番目立っていたのが長友ではないかと思えたが,あれだけタレントを揃えながら,原口も柴崎もあまり機能していたとは言えない。原口は前半で交代させられて当然だと思ったが,柴崎も大した働きをしていないのだから,交代枠をもっと使うというオプションもあったはずだ。大迫は試合を通じてシャットアウトされ,いいところほとんどなしだったし,途中出場の古橋にしても堂安にしても,見せ場らしい見せ場を作れずに終わったということは,オマーンにうまく戦われたということの裏返しだろう。古橋にしても,堂安にしても自分でもっと行けよと,試合を見ながらイライラしていた私である。南野の欠場が痛かったとも言えるが,南野がいなくてもちゃんと戦える戦力はあるはずだったのだが...。

まだ最終予選は10試合のうちの1試合が終わっただけであり,これからいくらでも修正はできると思うが,今回のようなしょうもないサッカーをしているようでは,最終予選を勝ち上がることは難しくなりかねない。キャプテン吉田は「負けるべくして負けた。テンポもコンビネーションも全然良くなかった」と言っているようだが,全くその通りだ。今回の敗戦をよく反省して,次戦の中国戦はゴール・ラッシュで完勝と行ってもらいたい。しかし,その後のアウェイでのサウジ戦,ホームでのオーストラリア戦をどう乗り切るかが重要になってくる。

それにしてもフラストレーションがたまる...。

« 超懐かしい!Kate Bushのベスト盤。 | トップページ | またもJohn McLaughlinのブートレッグである。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超懐かしい!Kate Bushのベスト盤。 | トップページ | またもJohn McLaughlinのブートレッグである。 »

Amazon検索ツール