2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Nik Bärtschの2006年リリースのソロ・アルバムのタイトルはその名も「非思量」。 | トップページ | 家で観たGW2本目の映画は「ブレードランナー」。 »

2021年5月 3日 (月)

GWはやることもないので,Blu-rayやDVD映画を観てかなりの時間を過ごす。1本目は「ブリット」。

「ブリット(”Bullitt”)」(’68,米,Warner Brothers)Bullitt

監督:Peter Yates

出演:Steve McQueen, Robert Vaughn, Jacqueline Bisset, Don Gordon, Robert Duvall, Simon Oakland, Norman Fell

去年のGW同様,今年のGWもコロナ禍の影響大であり,東京都内の映画館は軒並み休業ではやることもないってことで,家で映画を観るぐらいしかないではないか。ってことで,何本も映画を観ているので,それらを記事にしていこう。1本目がこの映画である。

先日「ゲッタウェイ」を観て,Steve McQueenと言えば,この映画も持っていたなぁってことで久しぶりに観たのだが,よく出来たアクション映画であったと思える。サンフランシスコを舞台にしていることもあって,カー・チェイスのシーンもSFの坂道を活かした車の飛び跳ねっぷりであるが,今,この映画を観ると,まだまだ手作り感が強くて,現代の映画に比べるとスピード感にはそれなりの差があると思う。逆に言えば,本来,これぐらいの感覚であるべきものをCGやその他のテクノロジーの力を借りて,現代の映画は増幅しているだけって言い方もできると思う。もちろん,それはそれで否定しないのだが,昔の映画にはそれなりの良さがあったってことだ。

ここではRobert Vaughnが上院議員役で出てくるが,こういう政治家のいやらしさを示す役をやらせると本当にはまるってところも面白い。同じサンフランシスコを舞台にしながら,「ダーティ・ハリー」とは違う魅力を持った刑事映画。星★★★★。

« Nik Bärtschの2006年リリースのソロ・アルバムのタイトルはその名も「非思量」。 | トップページ | 家で観たGW2本目の映画は「ブレードランナー」。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ゴールデンウィークにやることがないって言ってたら、定年後に何するの?
毎日、旅行や外出して楽しむ?
家の中でも、する趣味をみつけておかないとボケるよ(笑)
死ぬまで仕事するってのもあるか。
医者は、辞めると退屈だから、体が続く限りやるぞという人が多いみたい(笑)

毎週、半世紀ほど若い人達と接していると、
長い休みはちょっと退屈。

ジャズの話もちょっとだけ

ジャズの演奏スタイルも
古典落語みたいに継承されて欲しいなあ。
Paul Desmond派が、(かつてのコルトレーン派のように)隆盛を極めて欲しいという話でした。

ついでに

シンガー・ソングライター、ウェストコーストロックも復活して欲しい
ウォーレン・ジヴォンのファースト、買いました(笑)

MRCPさん、こんにちは。

>ゴールデンウィークにやることがないって言ってたら、定年後に何するの?

老後の楽しみは確保してあります(笑)。今回は原則ステイ・ホーム要請に従ってます。ブログには書いてませんが、ゴルフは行ってますしねぇ。

>家の中でも、する趣味をみつけておかないとボケるよ(笑)

音楽鑑賞、映画鑑賞、読書に料理で問題ないです。退職金で人生最後の楽器も入手予定ですしね。

>ジャズの演奏スタイルも
>古典落語みたいに継承されて欲しいなあ。
>Paul Desmond派が、(かつてのコルトレーン派のように)隆盛を極めて欲しいという話でした。

Paul Desmondはスタイリストですから、私はOne & Onlyでいいと思います。因みに私はかなりのDesmond好きです。

>シンガー・ソングライター、ウェストコーストロックも復活して欲しい
>ウォーレン・ジヴォンのファースト、買いました(笑)

SSWも私は相当好きですが、今、そういう音楽をやることがニッチになってしまってますよね。それも時代の流れですから仕方ないでしょうね。しかし、昔、Dire Straitsみたいなのが突然出てきた例もありますから、何が起こるかわかりませんね。

する趣味 というのは
聴くだけとか見るだけという意味じゃなくて。
自らが何かする能動的な趣味。
プロ野球を見てるだけの人よりも、草野球やる人の方が幸福度が高いという話で。
料理とか楽器演奏の方面ですね。
昔、医師会入会時に する趣味 と 見る趣味に別れて記入欄があったのを思い出しました。
受け身だけだとボケる(笑)

僕の場合、今日、カレー作りましたけど、晩ご飯食べるために仕方なく作っただけで、あまり喜びには繋がってないなあ(笑)
趣味というのからはほど遠い。(笑)

駅前でギター弾いて歌ってるお兄さん、
楽しそうでうらやましいなあ、
僕はできないけど。(笑)

ところで、何年か後に定年で、きっぱり仕事辞めます?

MRCPさん、改めてこんばんは。

>する趣味 というのは
>聴くだけとか見るだけという意味じゃなくて。
>自らが何かする能動的な趣味。
>料理とか楽器演奏の方面ですね。

ご心配なく。料理もするし、楽器も弾きます。時間ができれば絵も描くかもしれませんし、物書きだってできます。

>ところで、何年か後に定年で、きっぱり仕事辞めます?

65歳になったら専業主夫でいいじゃないですか。家人は一生働く資格ありですから、それをサポートするのもありだと思います。退屈な仕事より日々の献立を考えるのも楽しいんじゃないですかね。暇な時間は音楽三昧で全く問題なしです。

仕事って退屈ですか?
世界を股に、結構楽しそうな雰囲気なんですけど(笑)退屈って、よく言うわ。

僕の場合は
もし仕事を辞めたら、死ぬほど退屈なんじゃないかと(笑)
仕事は、スリルとサスペンスで、エクサイティング(笑)
知らないことはいくらでも。

MRCPさん、おはようございます。

>仕事って退屈ですか?
>世界を股に、結構楽しそうな雰囲気なんですけど(笑)退屈って、よく言うわ。

私、仕事について何か書きました?退屈と書いた記憶はありませんが...。但し、コロナ禍で仕事の仕方に変化はありましたので、以前のようには出張はしてませんねぇ。

このブログには今後も、原則「出張はつらいよ」以外、仕事については書かないと思います。

>退屈な仕事より日々の献立を考えるのも楽しいんじゃないですかね

と書かれると、退屈な仕事してるわけじゃないでしょ?と思ったんですけど
これって、今の仕事を辞めて、退屈な仕事をするくらいならという意味ですか?
それなら読み違いですね。失礼。

ところで
ウォーレン・ジヴォンのファースト
2016年モノは、さすがにいい音ですね。
デビッド・リンドレーのギターが気持ちいい。
思わず、Jackson Browneの2016年モノを
買い直しました。
80年代のCDから30年以上経てば、良くなっていない方がおかしいのかも。
技術的な理由は知らないんですが。

MRCPさん、おはようございます。

>これって、今の仕事を辞めて、退屈な仕事をするくらいならという意味ですか?

はい。そちらの意味です。

>ウォーレン・ジヴォンのファースト
>2016年モノは、さすがにいい音ですね。
>デビッド・リンドレーのギターが気持ちいい。

昔は単なるデジタル・トランスファーだったのが、今はリミックス、リマスターが普通ですから音も変わるんでしょうね。少なくともブーストすべきところはブーストしてるでしょうし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Nik Bärtschの2006年リリースのソロ・アルバムのタイトルはその名も「非思量」。 | トップページ | 家で観たGW2本目の映画は「ブレードランナー」。 »

Amazon検索ツール