2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これを聞くのは何年ぶり?Kenny Rankinのスタンダード・アルバム。 | トップページ | 「旅情」に続いて,「リトル・ロマンス」をDVDで観て,ヴェニスを懐かしむ(笑)。 »

2021年4月17日 (土)

これも久しぶりの「呪われた夜」。

One-of-these-nights"One of These Nights" Eagles(Asylum)

私はEaglesのアルバムは最近出たライブ盤は別にして,全て保有している(と言っても,ライブ盤も入れた当時のフル・ボックス・セットがその殆ど)ぐらいのファンと言ってもよいが,これまでこのブログで記事にしたのは"Long Road Out of Eden"を酷評したものぐらいである。Beatlesのことを書きにくいのと同様の「今更感」があるのは仕方がないところなのだ。しかし,今日は気まぐれで「呪われた夜」である。

このアルバムは次作にして最高傑作"Hotel California"への助走と言ってもよい作品だと思う。確実にそれまでのアルバムとは異なる雰囲気を冒頭のタイトル・トラックが醸し出しているからだが,このアルバムは私にとってはこの1曲が最も印象的であった。それまでのカントリー・ロック的なるものとは完全に一線を画したロック・フレイヴァーの強さが記憶に残っているし,この曲は本当にカッコいいと思った。

しかし,”Hotel California"に比べると,従来路線の感じも残っているのが特徴で,曲ごとの魅力には溢れるものの,ちょっとしたごった煮感も覚えるというのが正直なところなのが,このアルバムだろう。本作はBernie Leadonの最終作となったが,Leadonのバンジョーを活かした"Journey of the Sorcerer"なんて,全然雰囲気が違ってしまっていて,Bernie Leadonのやりたいことと,バンドの方向性が乖離していったことを明らかにしてしまっているとだって言えるのだ。"Lyin’ Eyes"も実にいい曲だと思うが,これだってタイトル・トラックとは異なる路線で,まだまだ一貫した方向性とはなっていなかったのである。

なので,今にして思えば,いいアルバムではあるのだが,言い換えればヴァラエティに富むとも言えるが,一方では何とも言えない中途半端さを感じる部分がある。もちろん,Eaglesにとって,本作がスタジアム級のバンドへの飛躍の原点になったことを思えば,重要なアルバムではあると思うが,"Hotel California"の完成度の高さに比べると,微妙な感じは残る。しかし,繰り返しになるが,曲は粒ぞろいであることは間違いない。Randy Meisnerにとっても,"Take It to the Limit"を生んだということで,意義はあったということで,半星オマケで星★★★★☆。

Personnel: Glenn Frey(vo, g, p. el-p, harmonium), Bernie Leadon(vo, g, banjo, mandolin), Don Felder(vo, g), Randy Meisner(vo, b), Don Henley(vo, ds, perc)

« これを聞くのは何年ぶり?Kenny Rankinのスタンダード・アルバム。 | トップページ | 「旅情」に続いて,「リトル・ロマンス」をDVDで観て,ヴェニスを懐かしむ(笑)。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

だからベスト盤が無茶苦茶売れたんだよね(笑)
サイモンとガーファンクルも、ベスト盤買った日本人がほとんどだったんじゃないかしら。
ほんの数枚しかないのに、ファーストから律儀に買いそろえた人って、マニアだけじゃないかな。
ベスト盤でいいやっていうアーチストといえば、ビーチ・ボーイズ、ベンチャーズ、ビリー・ジョエル、ビートルズ、ボブ・ディラン
 長くやってる人、たいていはそうか(笑)

ところで
毎日、新型コロナ肺炎の画像を診断するようになってきました。大阪府やら千葉県やら、、、
常勤の放射線科医のいない中小の病院にまでオーバーフローしてきたという意味で、ますます大変な事態に。
ワクチンはやっと今月末に1回目が決まりました。
お体を大切にお過ごしください。

MRCPさん,こんにちは。

>だからベスト盤が無茶苦茶売れたんだよね(笑)

確かに彼らのベスト盤はとんでもなく売れたって記憶が...。

>ほんの数枚しかないのに、ファーストから律儀に買いそろえた人って、マニアだけじゃないかな。

人によります(きっぱり)。

>ベスト盤でいいやっていうアーチストといえば、ビーチ・ボーイズ、ベンチャーズ、ビリー・ジョエル、ビートルズ、ボブ・ディラン

これは当たっているところと当たっていないところが...(苦笑)。

>ところで
>毎日、新型コロナ肺炎の画像を診断するようになってきました。大阪府やら千葉県やら、、、
>常勤の放射線科医のいない中小の病院にまでオーバーフローしてきたという意味で、ますます大変な事態に。

おつとめご苦労様です。収束する感じが全くないですよねぇ。ワクチン供給が遅過ぎたって気もします。あるいは「人間の心」の弱さにさえつけこむウイルスって気もします。

ホテル・カリフォルニアや明日に架ける橋で感動して、ファースト・アルバムを聴きたいと思うような人を音楽マニアというんだよね(笑)
たくろう にはまってしまったために、
間違えてディランのファーストを買ってしまった人(みうらじゅん)なんか悲惨。
ディランはベスト盤から入門するのがベスト。
今日、大学生の男の子にビートルズの 1 をプレゼントしたら、喜んで持って帰りました(笑)

ワクチンがないのは
政府が国産ワクチン開発に金を出さなかった。
基礎研究に金をけちった。
ワクチン争奪戦に完敗した。
(軍事・経済でアメリカ政府が喜んでくれる提案が出来なかった)
その上に医療にお金をまわさなかった。
いくつもの要因が。

とかいいながら、今日は公園で、ヒップホップで縄跳びする若者や、ボイスパーカッションなんかでコーラスする若者、よさこい練習の大学生とか、半世紀ほど若いやつらの写真撮ってました。(笑)

MRCPさん、こんにちは。

>ホテル・カリフォルニアや明日に架ける橋で感動して、ファースト・アルバムを聴きたいと思うような人を音楽マニアというんだよね(笑)
>たくろう にはまってしまったために、
>間違えてディランのファーストを買ってしまった人(みうらじゅん)なんか悲惨。
>ディランはベスト盤から入門するのがベスト。

みうらじゅんの話は笑えます。まぁBob Dylanは昔の歌はそうですが,現役で出してるアルバムもいいですからねぇ...。
>
>ワクチンがないのは
>政府が国産ワクチン開発に金を出さなかった。
>基礎研究に金をけちった。
>ワクチン争奪戦に完敗した。
>(軍事・経済でアメリカ政府が喜んでくれる提案が出来なかった)
>その上に医療にお金をまわさなかった。
>いくつもの要因が。

複合的要因とは言え,間違いなく失政ですね。
>
>とかいいながら、今日は公園で、ヒップホップで縄跳びする若者や、ボイスパーカッションなんかでコーラスする若者、よさこい練習の大学生とか、半世紀ほど若いやつらの写真撮ってました。(笑)

何よりのお元気さです。私は3月末の白内障手術から暫く活動を控え気味でしたが,そろそろ復帰しようと思います。

ファーストが最高って人、あまりいないような。
Norah Jones、King Crimson、Crosby,Stills&Nash、宇多田ヒカルくらい(笑)

今日も公園で女子大生を撮ってました。
ポーズつけて撮ってくれという男子学生も。
超望遠レンズでカラス撮ってるおじさんを横目に、新1年生の女の子とだべるのも楽しい(笑)
成人の日の(後楽園での)晴れ着写真、A4にプリントしたのをあげたら、まわりの子がおおっと。
どうして私のために(岡山から)三重まで来てくれなかったんですか?(笑)と。

老後の楽しみに写真始めませんか?

MRCPさん、おはようございます。

>ファーストが最高って人、あまりいないような。
>Norah Jones、King Crimson、Crosby,Stills&Nash、宇多田ヒカルくらい(笑)

まぁそうなんですが、それでも聴きたくなるのがファン(マニアではありません)の心理ですから...。

>今日も公園で女子大生を撮ってました。

アクティブですねぇ(笑)。

>老後の楽しみに写真始めませんか?

デジタル一眼はしまい込まれたままです(爆)。久しぶりに充電してみますかねぇ...。スマホの機能が上がり過ぎで、写真はもっぱらスマホになってしまいました。

最初に買ったシングルがストロベリー・フィールズ、LPがサージェント・ペッパーの僕が遡っていってラブ・ミー・ドゥまでたどり着いた時は、さすがにうっと。
今から思えば、次々へと革新的なサウンドのグループが出て来るあの時代は、わくわくして楽しかったなあ。
後追いでこんなのがあったのかというよりもね。

死ぬまでにもう一度全部聴くのは到底無理なほどCDを持ってて、こんなブログまで書いてる人が音楽マニアじゃなかったら、
音楽マニアって、どういう人?
竹内まりあさんが、うちには死ぬまでに聴ききれないほどたくさんあると(笑)

MRCPさん、こんにちは。
>
>最初に買ったシングルがストロベリー・フィールズ、LPがサージェント・ペッパーの僕が遡っていってラブ・ミー・ドゥまでたどり着いた時は、さすがにうっと。

まぁ同時代でそれを聞いてしまうと、初期の曲は古臭いと感じられても仕方ないですね。それでも、進化の過程を後追いするのもまたそれはそれで楽しいと思います。がっかりすることも多々ありますが(苦笑)。

MRCPさん、続けてこんにちは。
>
>死ぬまでにもう一度全部聴くのは到底無理なほどCDを持ってて、こんなブログまで書いてる人が音楽マニアじゃなかったら、音楽マニアって、どういう人?

一般的なレベルからすれば十分マニアでしょうねぇ(笑)。但し、上には上がいらっしゃるので、本人はあくまでも「趣味:音楽鑑賞」ですが。

>竹内まりやさんが、うちには死ぬまでに聴ききれないほどたくさんあると(笑)

そんなに音源ってあるんでしたっけ?彼女のデビュー・アルバムは昔持っていました。今は"Bona Petit!"と"Souvenir"がどこかにあるはずです(爆)。

竹内まりあ のダンナは山下達郎ですから(笑)
とてつもないコレクションがあるという話です。

ラブ・ミー・ドゥは 高校の時初めて聴いて、
古くさいじゃなくて、さすがにアホくさい。(笑)

朝9時から働き始めて、深夜2時。
疲れた。お風呂入って寝ます。おやすみなさい。

ラブ・ミー・ドゥは中学の時だった(笑)
中学生に しょうもな と思わせるようなもの作るな!
ハロー・グッドバイが出たときの、あほくささ。
ジョンがケッ!と言ったそうな。
高一の時、レット・イット・ビーとウッドストックの二本立て見に行って、
ビートルズ、終わったなあ。

MRCPさん

>竹内まりや のダンナは山下達郎ですから(笑)
>とてつもないコレクションがあるという話です。

そっちのことですか。達郎は毎年「レコード・コレクターズ」に「今年の収穫」って寄稿してますしねぇ。

>ラブ・ミー・ドゥは 高校の時初めて聴いて、
>古くさいじゃなくて、さすがにアホくさい。(笑)

高校生でそう思われるのが私とは違いますね。

>朝9時から働き始めて、深夜2時。
>疲れた。お風呂入って寝ます。おやすみなさい。

激務ですね。お身体にお気をつけて下さい。

MRCPさん、続けてこんばんは。
>
>ラブ・ミー・ドゥは中学の時だった(笑)
>中学生に しょうもな と思わせるようなもの作るな!

中学生でその審美眼、ありえません(笑)。

>ハロー・グッドバイが出たときの、あほくささ。

ぱうlのファン何怒りますよ(爆)。

>高一の時、レット・イット・ビーとウッドストックの二本立て見に行って、
>ビートルズ、終わったなあ。

そうなんですね。私は頻度は下がれど今でも聞いてますよ。超嵩張っているWoodstockのボックスも聞かないと...。

Sergio MendesのオシャレなFool On The Hillが出たとき、
負けたと。(笑)
後追いで聴くのとは感じ方が違うと思います。

MRCPさん,こんにちは。

>後追いで聴くのとは感じ方が違うと思います。

おっしゃる通りで、リアルタイムのリスナーとは違います。私の場合、洋楽のリアルタイムは1972年以降と言ってよいと思いますので、それ以前は全て温故知新にしかなりませんがそれでいいと思っています。私はBeatlesの古い音源には全然抵抗なしですが、基本聞くのは”Rubber Soul”以降ですね。

リアルタイムだろうが後追いで聴こうが、初めて聴けば同じだと思ってたこともありましたが、大人のリスナーがあれこれ聴いて、その耳で昔のものを聴くと。
古楽器、古典音楽の研究者が数か月、埋もれていた古い音楽だけ聴いていて、ふとバッハを聴いてみたら、何て革命的なんだと。現代人の感覚からすると当たり前すぎて判らないけれど。と書いてました。
Charlie Parker聴いて、古くさいありきたりの音楽だなあと感じるって罰当たりなことですよね。ジャズに馴染んできたリスナーはその恩恵を受けていることが当たり前に。
リアルタイムで聴いた人は衝撃的だったんだろうな。映画のバードで、バードを聴いたサックス吹きが馬鹿馬鹿しくなって自分のサックスを川に投げ捨てたくらいの衝撃。
ビル・エバンス聴いてありきたりだなあと思うようなもの(笑)

MRCPさん,こんにちは。
>
>古楽器、古典音楽の研究者が数か月、埋もれていた古い音楽だけ聴いていて、ふとバッハを聴いてみたら、何て革命的なんだと。現代人の感覚からすると当たり前すぎて判らないけれど。と書いてました。

これは非常にわかりやすいですね。確かにそうなんだろうなぁと思ってしまいます。

>Charlie Parker聴いて、古くさいありきたりの音楽だなあと感じるって罰当たりなことですよね。ジャズに馴染んできたリスナーはその恩恵を受けていることが当たり前に。
>リアルタイムで聴いた人は衝撃的だったんだろうな。映画のバードで、バードを聴いたサックス吹きが馬鹿馬鹿しくなって自分のサックスを川に投げ捨てたくらいの衝撃。
>ビル・エバンス聴いてありきたりだなあと思うようなもの(笑)

まぁ,慣れってのもあるでしょうし,彼らの音楽がある意味での「標準」になってしまっている部分はあるかもしれません。Ornette Colemanもそうでしょうね。最初はびっくりしたかもしれませんが,我々にとっては普通って感じですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これを聞くのは何年ぶり?Kenny Rankinのスタンダード・アルバム。 | トップページ | 「旅情」に続いて,「リトル・ロマンス」をDVDで観て,ヴェニスを懐かしむ(笑)。 »

Amazon検索ツール