2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 | トップページ | Robbie Dupree:懐かしいねぇ。 »

2021年4月14日 (水)

Iggy Popの参加が意外なDr. Lonnie Smithの新作が楽しい。

_20210411-2"Breathe" Dr. Lonnie Smith(Blue Note)

私がDr. Lonnie SmithのライブをBlue Note東京で観たのももう3年近く前のことである。そのライブはリーダーよりのギターのJonathan Kreisbergへの注目度を更に高めたものと言ってもよかったが,演奏自体は相応に楽しめるものだった。そんなDr. Lonnie Smithの新作がリリースされたのだが,こちらもJonatahn Kreisberg入りなので,それも大きな要素となっての購入となった。

前作"All in My Mind"もJazz Standardでのライブであったが,今回も8曲中6曲はJazz Standardでのライブ。そして,冒頭と最後の2曲がスタジオ録音であるが,何とその2曲におけるゲストがIggy Popである。Iggy Popは結構あっさり歌うというか,典型的なIggy Popの歌を期待して聞くとびっくりしてしまう感じの枯れたと言ってもよい歌いっぷりである。しかも,最後にやっているのはDonnovanの"Sunshine Superman"だしねぇ。また,それがDr. Lonnie Smithのトリオの演奏とフィットしているところに更にびっくりである。

そしてライブ音源の方にはトリオでの演奏が2曲に,トランペット,トロンボーン,テナー,バリトンの4管が加わった演奏が4 曲という構成になっているが,この4管入りの演奏が,スモール・バンド的なアンサンブルとソロ回しを聞かせてなかなか楽しい。オルガン・ジャズってこういう感じがいいねぇと思わせるものなのだ。こうした構成にはプロデューサーを務めるDon Wasの趣味が表れているようにも思えるが,ジャズ・ファンの心がわかっているねぇと言いたくなるような演奏である。

4管入りの曲においては,私の目当てと言ってよいJonathan Kreisbergの出番は控えめで,"Pilgrimage"を除けば伴奏に徹している感が強いが,トリオ演奏においてその分スポットライトを当てるってところか。そして,そこで聞かせるJonathan Kreisbergのフレージングにはやっぱり痺れる。まぁ,本作ではJonathan,Jonathanと言わずに,リーダーのオルガン・プレイを楽しむのが筋として,これは聞いていてかなり楽しいアルバムであり,この気持ちよくゆるめのグルーブに満ちた演奏をライブの場で観たら,絶対身体が揺れてしまっていただろうって演奏である。そういうところも評価して,ちょっと甘いと思いつつ,星★★★★☆。そして,前作に続いて1曲に客演するAlicia Olatujaの歌のうまさは相変わらず。彼女がCotton ClubにBilly Childsと来た時も実にうまいと思ったが,その感覚は不変。このゴスペル的感覚がたまらん。

それにしても,ここでのライブ演奏が収録されたNYCのJazz Standardの閉店は惜しいと思わせる。Dr. Lonnie SmithがライナーにJazz Standardへの謝辞を掲げているのもよくわかる。今やお店は閉店したが,配信ライブを行っているJazz Standardなので,いつの日か復活してくれるのではないかと考えたいが,そもそも私が次にNYCを訪れるチャンスはいつ来るのかってところなのが辛いところ。

Personnel: Dr. Lonnie Smith(org), Jonathan Kreisberg(g),Johnathan Blake(ds), Iggy Pop(vo), Alicia Olatuja(vo), Sean Jones(tp), Robin Eubanks(tb), John Ellis(ts), Jason Marshall(bs), Richard Bravo(perc)

« 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 | トップページ | Robbie Dupree:懐かしいねぇ。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2021年の記事)」カテゴリの記事

コメント

閣下、教えていただき、ありがとうございます。m(_ _)m
これ、まったく抜け落ちていました。汗
トリオの演奏、4管入った演奏、どれも素晴らしい内容なんですが、、

まさかのイギー・ポップに、どはまりな私です。笑

リンクを置いていきますね。
https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-813358.html

Suzuckさん、こんにちは。リンクありがとうございます。
>
>閣下、教えていただき、ありがとうございます。m(_ _)m

お役に立てて幸いです。

>トリオの演奏、4管入った演奏、どれも素晴らしい内容なんですが、、
>
>まさかのイギー・ポップに、どはまりな私です。笑


はい。意外としか言いようがないのですが、実にフィットしてますね。実に楽しいアルバムでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 | トップページ | Robbie Dupree:懐かしいねぇ。 »

Amazon検索ツール