2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 才人,Vijay Iyerの新作がまたまた素晴らしい。 | トップページ | 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 »

2021年4月12日 (月)

今年のオスカー最有力,「ノマドランド」を観た。

Nomadland 「ノマドランド(”Nomadland”)」(’20,米/独,Fox Searchlight)

監督:Chloé Zhao

出演:Frances McDormand,David Strathairn,Linda May, Swankie,Bob Wells 

コロナ禍の影響を受けて,今年のオスカーのノミネーションはいつもと感じが違うのは仕方がないところだろう。しかし,下馬評で有力視されている映画が本作ということで,今回劇場で観てきた。既にヴェネツィア国際映画祭では最高賞の金獅子賞を獲っているが,確かに有力な作品だと思った。まさにロード・ムーヴィーと言うべき映画なのだが,この映画の凄いところは,出演するノマドが本物のノマドだってことなのだ。フィクションとノンフィクションの間を行くこの映画は,ストーリー的には極めて淡々としているのだが,ノマドの生活感を見事に活写しているってところだろう。素人と言ってよい多くの出演者でありながら,ドラマとして成立させること自体がチャレンジであったはずだが,こうして筋の通った映画に仕立てた監督,脚本,編集の三役をこなしたChloé Zhaoは称賛に値するだろう。

そして映し出される米国の風景が何とも言えない。雪の残る山間部とアリゾナの風景が交錯するところに米国の広大さを感じる訳だが,そこを移動しながら暮らすノマドはまさに自由な遊牧民って感じである。そうした風景をとらえた撮影に関しても評価されるであろうから,これもかなりオスカーは有力。

更に製作も兼ねたFrances McDormandは疑うことなき名女優である。3度目の主演女優賞もありだと思わせるノマドへのなりきりぶりである。

この映画が高く評価されるのは前述の通り,フィクションとノンフィクションを見事に融合させたことに加え,実在のノマドたちの貢献度の高さも見逃せない。演技と言うより彼らの人生観が反映していると言っても過言ではないと思えるのだ。そうした部分に感情移入できるかどうかがこの映画の評価につながるのではないだろうか。映画的なストーリーという点では先日観た「ミナリ」が勝っていると思うが,総体的な映画としてのパワーでは「ノマドランド」が上だと思う。ある意味「1917」同様の映画としてのチャレンジを楽々とクリアしているのが凄い。ただ,繰り返しになるが,これは観る人によって,相当評価が分かれると思えるが,私としてはちょっと甘いかもしれないものの星★★★★★。よくできましたって感じである。そして,”See You Down the Road."ってセリフが何とも印象深い映画。

« 才人,Vijay Iyerの新作がまたまた素晴らしい。 | トップページ | 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 才人,Vijay Iyerの新作がまたまた素晴らしい。 | トップページ | 「旅情」:この映画を観るのも45年ぶりぐらいか...。 »

Amazon検索ツール