2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久しぶりに聞いたら興奮してしまった"Mirror Ball" | トップページ | こんなのもあったなぁ。Kenny RankinのBottom Lineでのライブ盤。 »

2021年4月30日 (金)

猫ジャケが可愛いアルバムだが,ちょいと微妙な"Bella"。

_20210427"Bella" Rava / Pieranunzi / Pietropaoli / Gatto(Philology)

いろいろな音楽を聞いていて,自分の記憶におけるイメージと違いを感じることはよくあることだ。昨日記事にした"Mirror Ball"はイメージ好転の事例だが,このアルバムは正直イマイチ感が強くなったアルバムだと思える。こんなんだったっけ?ってところだ。

その原因は2曲目の"My Funny Valentine(Take 2)"にある。このアルバムでは”My Funny Valentine"が2回演奏されているが,2曲目のTake 2の演奏はフリーなアプローチから始まって,徐々にあの"My Funny Valentine"に転じていくってところなのだが,このフリーのアプローチがあまりいけていない。デフォルメするなら徹底的にデフォルメすればいいと思うが,結局はスタンダードな演奏パターンに入っていくところに必然性を感じないのだ。策に溺れたという印象が実に強い。私がいくらラッパのワンホーン・アルバムが好きでも,これはいかん。このブログの読者はご存じだろうが,私はフリー・ジャズにも全く抵抗がないのだが,このテイクには中途半端な感じしかしない。

だからこそ,それに続くEnrico Pieranuziのオリジナル,"So Near"のリリカルさが魅力的に響くってのはあったとしても,やはり2曲目に聞かれたフリーのアプローチは好かん。続くEnrico Ravaのオリジナル,"Secrets"はリリカルなイントロから,ややダークなイメージで演じられるが,ここで聞かれるPieranunziのピアノは,リスナーが彼に期待するトーンってところだろう。

それに続くのが”My Funny Valentine(Take 1)”だが,ややテンポを上げてスウィンギーに演奏されるこっちのテイクの方がはるかに上出来であり,アルバムに2テイク入れる必要は全くなかったと言いたくなる。Enrico Ravaのラッパもいい感じである。そして,また最後が集団即興のその名も"Free Tune"なのだが,典型的なフリーになっておらず,リリカルな部分を残しながら,徐々に熱量を上げていきつつ,4ビート的な展開も示すこの演奏は悪くないと思う。

結局のところ,私にとっては2曲目の蛇足感ばかりが強く,そこで印象が悪くなったっていうアルバム。トータルで言えば星★★★☆ってところ。

尚,ライナーを読んでいると,このジャケに写る猫はPillaという名前で,早くに死んでしまったらしいのだが,おそらくはプロデューサーのPaolo Piangiarrelliの飼い猫だったってことだろうか。まぁ印象には残るジャケットであることは間違いないが,それがいいのか悪いのかは敢えて触れずにおこう。でもこのフォント使いはないな(苦笑)。

Recorded on May 29 &30, 1990

Personnel: Enrico Rava(tp), Enrico Pieranunzi(p), Enzo Pietropaoli(b), Roberto Gatto(ds)

« 久しぶりに聞いたら興奮してしまった"Mirror Ball" | トップページ | こんなのもあったなぁ。Kenny RankinのBottom Lineでのライブ盤。 »

ジャズ(2021年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに聞いたら興奮してしまった"Mirror Ball" | トップページ | こんなのもあったなぁ。Kenny RankinのBottom Lineでのライブ盤。 »

Amazon検索ツール