2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Daniel Santiago: このポップな軽さが心地よい。 | トップページ | 週末に観た古い映画:1本目は「大空港」 »

2021年4月25日 (日)

幽玄という言葉しか浮かばないJakob Broの新作。

_20210422 "Uma Elmo" Jakob Bro(ECM)

これがECMでのリーダー・アルバムとしては第5作となるJakob Broの新作である。私も彼のアルバムは出るたびに購入して当ブログでも記事にしているが,なぜか"Returnings"は記事にし損なっている。それでもCotton Clubに出た時も観に行っているぐらいだから,結局好きなのだ(笑)。これだけアルバムを出すってことは,Manfred Eicherにも気に入られているってことだろう。

この人の音楽というのはアンビエント,あるいはミニマルな感覚と言ってよい静謐な音楽であり,ダイナミズムの対極にあると言っても過言ではない。NYCのJazz Standardでのライブ盤"Bay of Rainbows"の記事でも書いたが,ライブの場においても,そうした音楽性に変わりがないというのが凄い。

そして,そういう感覚はg~tp~dsという変則的なトリオで演じられる本作においても一切変わりがない。この音楽を聞いていて私が思い浮かぶ表現は「幽玄」しかなかったというところである。我ながら表現力に乏しいと思ってしまうが,ある意味,能を見ているような感覚を覚えたと言ってもよいかもしれない。

ここでドラムスを叩いているのは元Brad Mehldau TrioのJorge Rossyであるが,叩くって感じではないサポートぶりである。昨今,ドラムスを叩く機会が減って,ヴァイブ奏者化しているJorge Rossyの名前をここで見つけるとは意外中の以外って感じもするが,こういう感じでもちゃんとできちゃうのねぇと感心してしまった私である。Brad Mehldauとの共演時もサトルな表現力を持っていたJorge Rossyだが,それを更に突き詰めて,ミニマル化した感じと言えばいいだろうか。

そこにArve Henriksenのラッパが加わっても全然熱量は上がらない(笑)。Jakob Broのアルバムはどれを聞いてもそういう感じなのだが,これが彼の個性であり,音楽的主張なのだろうと思ってしまう。ただ,こういう音楽に耐性があるかどうかは聞く人次第であるから,何じゃこれは?と思う人がいても全く不思議ではない。だが,以前にも書いたことだが,やはりJakob Broのやる音楽は麻薬的で,はまるとこれが気持ちよくなってしまうのだ。今回もこのアルバムを聞きながら仕事をしていたのだが,何の邪魔にもならない(爆)。心地よく身を委ねればいいのだと改めて思った次第。甘いと承知で星★★★★☆としよう。

Recorded in September, 2020

Personnel: Jakob Bro(g), Arve Henrilsen(tp), Jorge Rossy(ds)

« Daniel Santiago: このポップな軽さが心地よい。 | トップページ | 週末に観た古い映画:1本目は「大空港」 »

ECM」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2021年の記事)」カテゴリの記事

コメント

今日はCDの音の話を
CDプレーヤーが壊れたので10万円弱のデノンにしてみたら、十数年前の製品とは比べものにならない。Macもばかばかしいほど進化してるんだから、CDプレーヤーだって、そりゃ進歩するよなという話を以前しました。
昔のフォークを聴きたくなって、斎藤哲夫のUltimate HQ盤を買ってみたら、妙に音がいい。
今世紀に、SACDまでじゃなくても、
どのプレーヤーでも普通に聴ける究極の高音質CDという触れ込みは、なんとなく眉唾でスルーしてたんですが、アコースティックギターや声の聞こえ方が違う。
よしだたくろう、井上陽水の全盛時代のCD再購入してみると、あっ、違うわ(笑)
次は荒井由実かなあ。
いろんな音楽買い漁って来たけれど、こういう音楽をこんな音で聴きたかったんだなあと。
(笑)
ただし、よしだたくろうをSACDで聴くと、やっぱりSACDの方がすごい。

無関係な話ですが
土曜日に、知り合いの(毎週会ってる)学生グループの新人歓迎バーベキュー・パーティー(50人くらい)に、勝手に参加してきました。
天下の名園、後楽園のそば、旭川河川敷、橋の日陰で数時間。
ほぼ全員が未成年なので、僕たちはお酒は吞みませんと言うんですよね。
普通は隠れて酒盛りしたのをSNSで叩かれるんだよね(笑)
ところが、やつらはお酒なんかなくったって、とんでもなく楽しいんですよね。
逆に酒でも呑まないと楽しくなれない大人達って?
うらやましい。

MCRPさん,こんにちは。

>昔のフォークを聴きたくなって、斎藤哲夫のUltimate HQ盤を買ってみたら、妙に音がいい。
>どのプレーヤーでも普通に聴ける究極の高音質CDという触れ込みは、なんとなく眉唾でスルーしてたんですが、アコースティックギターや声の聞こえ方が違う。
いろんな音楽買い漁って来たけれど、こういう音楽をこんな音で聴きたかったんだなあと。(笑)
>ただし、よしだたくろうをSACDで聴くと、やっぱりSACDの方がすごい。

テクノロジーの進歩ってのは当然あると思います。私はCDが世の中に出始めた頃,Bruno Walterの音源を聞いて感心したのが1980年代半ば。そこから35年以上経過しているのですから,随分進化しますよねぇ。私の場合は,それを「音」で確認する環境にはないですが,長期的にはSACDは考えたいですね。それでも大型スピーカーは私の部屋には置けませんから,こじんまりとしたセッティングにはなるでしょうが。

MRCPさん,続けてこんにちは。

>土曜日に、知り合いの(毎週会ってる)学生グループの新人歓迎バーベキュー・パーティー(50人くらい)に、勝手に参加してきました。
>天下の名園、後楽園のそば、旭川河川敷、橋の日陰で数時間。

この状況下で開催できることは羨ましいです。緊急事態宣言発出の東京では無理です。

>ほぼ全員が未成年なので、僕たちはお酒は吞みませんと言うんですよね。
>ところが、やつらはお酒なんかなくったって、とんでもなく楽しいんですよね。

昔,大腸憩室炎を患って入院してしばらくの間は酒をやめており,その頃は飲み屋に行ってもウーロン茶を飲んでいましたが,それでも飲んだ気分になっていたのも20年前ですねぇ。今や家飲みで毎夜毎晩,週末は昼から「激しく」飲んでいますが,飲み会の楽しさってのはもう忘れましたって感じです。本当にそれでいいのかって思いますが。

SACDは好きなのが出れば買うようにしてますが、あまりに種類が少ない。
CDからじゃなくてSACDから歴史がはじまればよかったのにと思いますが、もはやSACDに未来はないように思います。
時代はハイレゾのダウンロードへと。
僕個人としては、聴ききれない量のLPとCDを抱えている67歳ですから、これから機器を揃えて、ハイレゾソフトを買い直していくなんて、とても出来ません。
それよりも、今までコンピューターでどれほど嫌な目にあってきたかを思い出すと、うまく設定できるのか不安が。(笑)
CDはプレーヤー買って繋ぐだけですもの。(笑)
アドバイスとしては、お金の余裕のある内に、ちゃんとした(少なくとも10万円くらい、上は好きなだけ。)CDプレーヤー購入をお勧めします。
今持ってるCDが全て一ランク上に聞こえます。
CD自体もちゃんと進化してることが判明しました。

SACDの Sympathy for Devil はポコポコいうパーカッションが気持ちいい(笑)

もう一つの話題を(笑)
例年、川沿いの焼肉屋が焼き肉セットの貸し出し、後片付けまでしてくれるため、河川敷が焼き肉グループで賑わうのですが、この土曜日は他にもう一つグループ程度。
しかし、吹きっさらしの河川敷で焼き肉がダメであるのなら、屋内の焼肉屋、その他無数の食べ物屋、社内食堂、喫茶店、カラオケ、トレーニングセンター、パチンコ、映画館、スーパー、デパート、全て禁止しなくちゃ(笑)
この後に及んでカラオケ・クラスターや宴会クラスターとか大変なことが。
屋外でバーベキューして感染したケースがどれだけあるというのでしょうか。

今日も女子大生を撮ってきました。(笑)
はっきり言って、鳥や電車や飛行機撮るより、はるかに難しいですよ。
何がって、ご機嫌とるのが難しい。(笑)
ポートレートとはモデルを撮ることだと信じ切っている人が多いのはそのせい

MRCPさん

>SACDは好きなのが出れば買うようにしてますが、あまりに種類が少ない。
>もはやSACDに未来はないように思います。

確かにそうですねえ。それでも買い換えるならSACD対応にしてしまうかもしれませんが。

>僕個人としては、聴ききれない量のLPとCDを抱えている67歳ですから、これから機器を揃えて、ハイレゾソフトを買い直していくなんて、とても出来ません。

私も同様ですが、むしろアナログ回帰?になりそうなのが怖いです。

>それよりも、今までコンピューターでどれほど嫌な目にあってきたかを思い出すと、うまく設定できるのか不安が。(笑)

インターフェースは随分と改善していますが、やはりPCは難儀ですね。

>アドバイスとしては、お金の余裕のある内に、ちゃんとした(少なくとも10万円くらい、上は好きなだけ。)CDプレーヤー購入をお勧めします。
>今持ってるCDが全て一ランク上に聞こえます。

是非そうしたいと思いますが、アンプの新調も必要ですね。今はまずはアンプだと思います。


MRCPさん、続けておはようございます。

>もう一つの話題を(笑)

>しかし、吹きっさらしの河川敷で焼き肉がダメであるのなら、屋内の焼肉屋、その他無数の食べ物屋、社内食堂、喫茶店、カラオケ、トレーニングセンター、パチンコ、映画館、スーパー、デパート、全て禁止しなくちゃ(笑)

おっしゃる通りです。日本は幸いロックダウンは経験しませんでしたが、昨年より確実に危機感を高めるべきところに、やることなすこと半端ですね。一方、ワクチン接種率は低空飛行って本当に無策です。

>今日も女子大生を撮ってきました。(笑)
>はっきり言って、鳥や電車や飛行機撮るより、はるかに難しいですよ。
>何がって、ご機嫌とるのが難しい。(笑)
>ポートレートとはモデルを撮ることだと信じ切っている人が多いのはそのせい
>
私には無理です(爆)。

女子大生撮るのは難しいので
チョコやアイスの差し入れをマメに。
男子学生ともちゃんと仲良しになっておかなくちゃ。
女の子一人は嫌がるから、友達と二人で、
「あたかも仲よしのふりをして、嫌だろうけど(笑)」
男の子は「ドヤ顔でいいねの瞬間を(笑)」

「二番目にかわいいお前にほらジュースだよ」
「えっ、一番かわいいのは誰なんですか」
「本当のこというとみんな嫌がるだろ?」
「キャハハハ」

ジュース2本ぶらさげて、お前の欲しいのはどっちだ?
(この場面でジュースをもらっちゃっていいものかという判断から、どっちを選ぶかという判断に。
交渉相手への提案が1つだと、受け入れるか却下するかだけど、二案あるといずれを選択するかの判断となるという現実社会でよくあるやつ 笑 )

苦労してるでしょ?(笑)

さあ、仕事しようっと。


MRCPさん、こんばんは。

>女子大生撮るのは難しいので
>チョコやアイスの差し入れをマメに。
>男子学生ともちゃんと仲良しになっておかなくちゃ。
>
>苦労してるでしょ?(笑)

はい。私には絶対無理です。そのエネルギーに感服しますとしか言えません。

十数年前、無趣味の人間の老後って、つまんないよなあ、テレビみる老人ってなさけない。
旅行や登山は暇がないし、学会だけだよな。
音楽はギタージャカジャカする程度、バイオリンで音大出た娘のような才能ないし。
ジャズ聴いてるだけのヘンコツなオヤジってのもなあ。
絵下手だし。
ウッドデッキ作るのは大変過ぎるし。
料理、面倒なだけ。
運動音痴だし。走るのしんどい。
→技術も能力もほぼいらないカメラなら初期投資だけだし。
何撮ろう?街で妙に楽しげなやつらが踊ってるなあ、今日はお祭りか。
撮ってみると、これ結構楽しいな。
岡山の祭りだけじゃ少なすぎるから、関西へも。祭りのないときは、練習している公園へ。
祭りで顔見知りの学生だから、やあどうも。
そのうち、今日は来てないのかと言われるように。よさこい関連の学生たちみんなに顔がしられるように。関西など他県まで入れると、付き合いのあるグループ 140。
どこへ行っても、やあという学生がいると、結構楽しい。
人と関わりのある趣味は楽しい。
能動的に何かしてないとボケる。(笑)
仕事関係以外のネットワークがないと、心が折れたとき、逃げる場所がない。
散歩で知り合った犬友達もいるか。
趣味はもう少し広げた方が楽しいんだろうけど、深夜12時過ぎてもまだ働いてる日が、週に3-4日という状態では(笑)
ジャズ聴く以外に、能動的な楽しみは多い方が楽しいという話題でした。
受け身だけじゃ、つまんない。

MRCPさん,こんばんは。

>十数年前、無趣味の人間の老後って、つまんないよなあ、テレビみる老人ってなさけない。

それはその通りですね。

>→技術も能力もほぼいらないカメラなら初期投資だけだし。

>祭りで顔見知りの学生だから、やあどうも。
>そのうち、今日は来てないのかと言われるように。よさこい関連の学生たちみんなに顔がしられるように。関西など他県まで入れると、付き合いのあるグループ 140。

凄いですねぇ。ネットワークは大事です。

>人と関わりのある趣味は楽しい。
>能動的に何かしてないとボケる。(笑)
>受け身だけじゃ、つまんない。

そうですね。久しぶりに麻雀がやりたくなりました。密になるので,雀荘もダメかもしれませんが。よくよく考えれば麻雀はボケ防止にはいいと思います。でもメンツは減っていますしねぇ。そもそも会社にも行ってないし。

我が家の場合は朝食の準備が私の仕事なので,献立を考えるのもボケ防止にはなるでしょうが。

ボケ防止に趣味の画像クイズを、某病院にて午前2時までやってました(笑)

MRCPさん,こんばんは。
>
>ボケ防止に趣味の画像クイズを、某病院にて午前2時までやってました(笑)

画像クイズ(笑)によるボケ防止も大事ですが,くれぐれもお身体を大切になさって下さい。

閣下、リンクをありがとうございました。m(_ _)m

トランペットのアルヴェ・ヘンリクセンがいい感じではまっており、、
彼らと一緒に瞑想の旅立つ感じでした。

私もリンクを置いていきます。
https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-4fc506.html

Suzuckさん,こんばんは。リンクありがとうございます。
>
>トランペットのアルヴェ・ヘンリクセンがいい感じではまっており、、
>彼らと一緒に瞑想の旅立つ感じでした。

瞑想の旅ってのがSuzuckさんらしいです(笑)。本当にJakob Broって編成は違っても個性を確立してますよねぇ。個性という点では相当個性的ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Daniel Santiago: このポップな軽さが心地よい。 | トップページ | 週末に観た古い映画:1本目は「大空港」 »

Amazon検索ツール