2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Bob JamesのFBに引っ張られて,今日は"Heads"。 | トップページ | 雨降りには武満のピアノ曲よ。 »

2021年3月28日 (日)

DVDで「ゲッタウェイ」を観た。

Getaway「ゲッタウェイ(”The Getaway”)」(’1972,米)

監督:Sam Pekinpah

出演:Steve McQueen,Ali MacGraw,Ben Johnson, Al Lettieri, Sally Struthers, Bo Hopkins

私は老後の楽しみとしてDVDを購入しているのだが,まだ仕事をしていることもあるし,家人の留守中でないとあまり見られないということもあり,家でDVDをプレイバックすることは実は稀である。しかし,先日,家人が出掛けている隙を見て(爆),この映画を観た。

告白してしまうと,実は私はこれまでこの映画を観たことがなかったが,Steve McQueenがショットガンをぶっ放すシーンは昔から知っていた。それでもって今回初めてこの映画を観たのだが,Steve McQueenに痺れる人がいるのもわかるよなぁって感じであった。私はClint Eastwood派(笑)だったこともあり,Steve McQueenの映画で劇場で観たことがあるのはなんと「タワーリング・インフェルノ」だけのはずである。もちろん,DVDでは「荒野の七人」やら「シンシナティ・キッド」やら「ブリット」は観ているが,実は「大脱走」は通しで観たことがないという体たらくなのである。同級生にはSteve McQueen好きがいたが,Eastwoodとどっちがいいとか言い合っていたのももはや45年以上前って感じか。

それはさておき,この映画を初めて観て,やはり50年近い時間が経過すると,携帯電話を誰しもが持っている今の時代においては,もはやこのストーリーは現代では成り立たないって感じである。しかし,往時の雰囲気を楽しみながら見ていた私である。脚本はWalter Hillだし,音楽ではToots Thielemansハーモニカが印象的という要素もあった。そして何よりもSam Pekinpahの演出である。いかにもSam Pekinpahというスロー・モーションを多用した展開は,ある意味ワン・パターンだという誹りは免れないところではある。しかし,それがSam Pekinpahの個性なのだと思えば腹も立たない。

私としてはSteve McQueenの眼鏡姿がなかなか様になっていると思っていたが,アクション・シーン含め,相応に楽しめた映画であった。まぁ,ストーリー的にはかなり無理があるとしても,エンタテインメントだからいいじゃないかと言っておこう。そしてAl Lettieri演じるRudyのえげつなさとSally Struthers演じる獣医夫人のアホさ加減は相当なもの。星★★★★。

« Bob JamesのFBに引っ張られて,今日は"Heads"。 | トップページ | 雨降りには武満のピアノ曲よ。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bob JamesのFBに引っ張られて,今日は"Heads"。 | トップページ | 雨降りには武満のピアノ曲よ。 »

Amazon検索ツール