2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 私にとっての今井美樹の原点 | トップページ | Wilson Bros.: AORの極みみたいな...。 »

2020年11月17日 (火)

Rickie Lee Jonesの内省的な響きもありながら,ナイスなアルバム。

_20201115 "Traffic from Paradise" Rickie Lee Jones(Geffen)

私は最新作"Kicks"以外は,ほぼ全てのRicke Lee Jonesのアルバムを保有しているはずである。それぐらい好きというか,彼女が"Pop Pop"の頃に来日した時には,確か中野サンプラザだか五反田の簡易保険ホールだかに見に行ったように思う。ただ,私の中では長年聞いていても,結局はWarner時代が好きだってことになってしまう。もちろん,その後のアルバムも悪くないのだが,特に最初の2作が良過ぎたって気がしている。私がライブを見に行った時も,もう少しバンド・サウンドを強調してもいいのではないかと思ったように記憶していて,その辺りからは,アルバムは買うものの,積極的に聞くって感じは薄れていったように思う。

だが,このアルバムを久しぶりに聞いて,このアルバム,こんなによかったかと思ってしまった私である。このアルバムを買った頃,私はLeo Kottkeの参加に驚いたものである。Leo Kottkeの名前に反応する好き者も減っているのではないかと思うが,私は若い頃,彼のアルバム,"My Feet Are Smilin'"を聞いてぶっ飛んだ記憶も生々しい。このブログを始めて間もない頃,そのアルバムも取り上げている(記事はこちら)が,まさにショッキングな音だったのである。

そんなLeo KottkeとRickie Lee Jonesは簡単に結びつかない訳だが,ここではLeo Kottkeは伴奏に徹するって感じである。だが,このアルバムの翌年,Rickie Lee JonesはLeo Kottkeの”"Peculiaroso"を返礼的にプロデュースしているから,おそらくは頼み込んで演奏してもらったってところではないか。しかし,そうしたバックの演奏にも注目しようがしまいが,このアルバムは結構いい出来である。

冒頭の"Pink Flamingo"は内省的なスタートであるが,徐々にシンガー・ソングライター的な魅力を感じさせるものとなっていて,今の私にとって,フィット感にあふれるものとなっていた。私のCDラックにはこういう音楽がまだまだいくらでもあるのだろうと感じさせたということで,反省も込めて星★★★★☆。まぁ,サウンドとしては相当渋いので,全米チャート111位が最高ってのも仕方ないかなって気もするが,売れりゃいいってものではないのだ(きっぱり)。

Personnel: Rickie Lee Jones(vo, g, key, mandolin, dulcimer), Alex Acuna(ds, perc), David Baerwald(g), Sal Bernardi(g, vo), Bobby Bruce(vln), Brad Dutz(perc), David Hidalgo(g, vo), Jim Keltner(ds), Leo Kottke(g, vo), John Leftwich(b, cello, g, vo), Lyle Lovett(vo), Doug Lyons(fr-h), Dean Parks(g), Brian Setzer(g, vo), Syd Straw(vo), Efrain Toro(perc), Teresa Tudury(vo)

« 私にとっての今井美樹の原点 | トップページ | Wilson Bros.: AORの極みみたいな...。 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私にとっての今井美樹の原点 | トップページ | Wilson Bros.: AORの極みみたいな...。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作