2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Chuck Mangione:売れたよねぇ(笑)。 | トップページ | 私にとっての今井美樹の原点 »

2020年11月15日 (日)

久々に聞いた”Barry Harris in Spain”。渋いねぇ。

_20200903 ”Barry Harris in Spain" Barry Harris(Nuba)

ベテラン,Barry Harrisは現在も存命で,12月には91歳になるそうである。そんなBarry Harrisが還暦の頃吹き込んだのが本作である。実はこのアルバムも聞くのはかなり久しぶりって気がするが,このアルバムを聞いていて,ピアノのエコーの掛かり具合が結構いいのかなぁなんて感じていた私である。穏やかな感じなのだ。

音はさておき,全7曲中,5曲をBarry Harrisのオリジナルが占めるが,この人の書く曲がなかなかに魅力的。そして演奏は冒頭の”Sweat Pea"からして渋い。Barry Harrisはバッパーとして捉えられていると思うが,いかにもバップ的になるのは3曲目の”Line of Fire"になってからであり,それまでは実に落ち着いたトーンでありながら,魅力的なフレーズを聞かせる。こういうアルバムを聞いていると,ついつい酒の量も増えるって感じである。この"Line of Fire"がいかにもBud Powell的なのがBarry Harrisの出自をうかがわせるが,まさにバップの世界である。

そうした中で,私はスタンダードのうちの1曲である”Strike up the Band"って曲があまり好きではないのだ。別に悪い曲だというつもりはないのだが,これはJudy GarlandとMickey Rooneyの元気な歌にフィットするものであって,私はジャズ的な響きを持つメロディだと思えない。結構この曲を演奏しているアルバムはあるものの,いつもなんでこの曲を入れるんだと思ってしまうのだ(爆)。しかし,ここでの演奏は不思議と許せる。これはやはりBarry Harrisの落ち着いたピアノのトーンゆえってところで,正直これはいいと思えた。この曲はこういう風に弾けばいいのねって感じと言っては言い過ぎ化もしれないが,本当にそう思ったのだから仕方がない。

ということで,バックの面々も好演で,これは悪くない。まぁ,ジャズっぽいゴリゴリ感はないので,そこが評価の分かれ目って気もするが,私はリピートに耐えうる佳作と評価したい。星★★★★。

Recorded on December 5, 1991

Personnel: Barry Harris(p), Chuck Israeks(b), Leroy Williams(ds)

« Chuck Mangione:売れたよねぇ(笑)。 | トップページ | 私にとっての今井美樹の原点 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Chuck Mangione:売れたよねぇ(笑)。 | トップページ | 私にとっての今井美樹の原点 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作