2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 週末に見た「テネット」。いやぁ,これは難しい。しかし,後になって考えさせてくれるという意味で実に面白い。 | トップページ | サックスにDonny McCaslinが入ったSteps Aheadのアルバム。 »

2020年10月13日 (火)

追悼,筒美京平。

Photo_20201012224801

筒美京平が亡くなったというニュースを聞いて,本来別の記事をアップする予定だったのをずらし,これを書いている。

メディアでは「昭和歌謡」という言い方をしているものもあったが,筒美京平の活動は,確かに昭和の時代が黄金期であったとしても,その後も素晴らしい活動を続けていた。私は筒美京平作曲と聞くと,ついついシングルも買ってしまったりするのが通例となっていたぐらいだ。例えばTOKIOの"Ambitious Japan"は言うまでもなく,中川翔子の「綺麗ア・ラモード」とかもCDを持っているのだ。それぐらい,彼は私の心をくすぐる作曲家だったのである。

私の親しい人は,私が「木綿のハンカチーフ」という曲を聞くと,いかなる反応を示すかをご存じのはずだが,それは松本隆の詞が影響している部分は否定できないとしても,筒美京平のあのメロディがあるからこそ,私に劇的な反応をもたらすのだ,と言いたい。

とにかく,筒美京平の書いた曲が私の心をとらえるということを象徴的に示すのが,私がカラオケで歌う曲がかなりの確率で筒美京平の書いた曲であるってことなのだ。ここ数年は「哀愁トゥナイト」にはまっていたが,メジャーなところから,マイナーなところまで,かなりの曲を歌えてしまう私だ。

そして,悪く言えば「パクリ」になるのだが,同時代の洋楽のいいところを活かす術にも長けていた。例えば,野口五郎の「19:00の街」なんかは当時のはやりのBee Gees,もしくはBarry GibbプロデュースのBarbra Streisandの”Woman in Love“的なところなどは,それ,まんまやん?って言いたくなるようなアレンジである。しかし,それはあくまでもアレンジメントであって,曲のパクリではない。しかし,そうした既視感を楽しんでいたリスナーも実は多いのではないだろうか。

私は筒美京平の才能は,Burt Bacharachに匹敵すると思っていたし,彼が生み出した曲の数々は,エヴァーグリーンとして歌い継がれていくはずである。筒美京平が日本の音楽界にもたらした功績は,私の表現力を越えて余りある。まさに日本歌謡界の「巨人」であるが,そのキラ星のごとき楽曲の数々を聞いて,近々,改めて筒美京平の業績を振り返ることとしたい。

R.I.P.

« 週末に見た「テネット」。いやぁ,これは難しい。しかし,後になって考えさせてくれるという意味で実に面白い。 | トップページ | サックスにDonny McCaslinが入ったSteps Aheadのアルバム。 »

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末に見た「テネット」。いやぁ,これは難しい。しかし,後になって考えさせてくれるという意味で実に面白い。 | トップページ | サックスにDonny McCaslinが入ったSteps Aheadのアルバム。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作