2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« "MOZU" Season 2も見たんだが...。 | トップページ | どこの国にもオタクはいるなって思った"John Herald"盤。でもこの徹底ぶりは見習いたい。 »

2020年10月 8日 (木)

追悼,Eddie Van Halen。

Evh

Eddie Van Halenっていうより,私にはEdward Van Halenという方が馴染みがあるような気がするが,そのEddie Van Halenが亡くなったという記事を見て,茫然としてしまった。情報によれば癌で闘病中だったそうだが,65歳ってのはまだまだ若いのにって気がする。

誤解を恐れずに言えば,彼のロック界での位置づけは,ジャズ界のWes Montgomeryみたいなものではないかと思う。彼のタッピング(所謂ライト・ハンド奏法)は,Wesのオクターブ奏法に匹敵すると言っても過言ではないと思えるのだ。そして二人とも楽理には疎いところも一緒なのだ。しかし,それでも実にレベルの高い音楽を作り出してしまうところに,私は共通項を見出してしまうのである。

バンドとしてのVan Halenがデビューしたのが1978年のはずだが,それ以来の活躍はご承知の通りってところだろうが,私が彼らのアルバムを初めて買ったのは"1984",現在保有しているのはベスト盤とライブ盤”Live: Right Here, Right Now"だけであるが,実はストリーミングでは結構デビュー・アルバムを聞くことも多かった。特にジョギングなんかして,ばててきた時にはエネルギーを充填してくれるような音楽と言ってよいだろう。今でもデビュー・アルバムの"Eruption"を聞くと,何じゃこれは?と思ってしまうぐらいの技である。

それに加えてMichael Jacksonの"Beat It"への客演なんて,その場を完全にかっさらう演奏だった。記憶に残る人なのである。

そんなEddie Van Halenがこの世を去ったというのは,ほぼ同時代人として実に寂しい。しかし,彼の残したアルバムはこれからも世の中のギタリストを刺激していくだろうし,私にもエネルギーを与え続けると思う。

R.I.P.

« "MOZU" Season 2も見たんだが...。 | トップページ | どこの国にもオタクはいるなって思った"John Herald"盤。でもこの徹底ぶりは見習いたい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "MOZU" Season 2も見たんだが...。 | トップページ | どこの国にもオタクはいるなって思った"John Herald"盤。でもこの徹底ぶりは見習いたい。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作