2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今度はFleetwood Macのボックスを聞いた。 | トップページ | 買ってしまったBrand Xのオフィシャル・ブートレッグ・ボックス。 »

2020年10月 2日 (金)

Patti Smithの“Trampin’”にライブ音源を追加した2枚組をゲット。

_20201001”Trampin' / Live aux Vicilles Charrues"  Patti Smith (Columbia)

私がPatti Smithのかなりの,それも遅れてきたファンであることはこのブログにも何度か書いている。彼女の歌は私に信仰にすら近いものさえ感じさせるものなので,「Patti Smith教信者」なんてふざけたことも書いているが,実際に彼女の歌のメッセージ性は強烈なものであり,まさに私にとっては極めて重要な位置づけにある人の一人である。

そんなPatti Smithについてネット・サーフィンをしていたら,2004年のアルバム"Trampin'"にはライブ音源を追加した2枚組ヴァージョンがあることを発見してしまい,どうしても欲しくなったので,eBayでゲットした私である。

とにかく今は入手できたことを喜びたいが,このライブ音源そのものはDVDやImmortalなるレーベルからブートまがいのリリースがされていて,別に珍しいものではないし,ストリーミングでも聞くことはできる。しかし,私のような年寄りは,やはり現物でないとダメなのである。しかも正規リリースでないと納得がいかないということで,英国から飛ばしたものが到着である。

私がPatti Smithの魅力に気がついたのは”Gone Again"以降と言ってもよいし,"Trampin'"だって保有している訳だが,心底彼女に惚れたのはライブを見てからである。オーチャード・ホールで見た彼女のバンドのライブは,まさに私の心に火をつけたのだったが,この2枚組に収められたライブも,いかにもPatti Smithのバンドらしい演奏である。最後はきっちり"Gloria"で締めてくれるしねぇ。やっぱりPatti Smithは素晴らしいのだ。

Amazon等ではこの2枚組にとんでもない値段がついているが,私はまぁ許せる金額でのゲットだったので,実に嬉しい。先日ゲットした彼女の本で詞を吟味しながら,改めて"Trampin'"を聞くとともに,このライブ音源を,家人の留守中に極力ヴォリュームを上げて楽しむこととしたい(爆)。

« 今度はFleetwood Macのボックスを聞いた。 | トップページ | 買ってしまったBrand Xのオフィシャル・ブートレッグ・ボックス。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度はFleetwood Macのボックスを聞いた。 | トップページ | 買ってしまったBrand Xのオフィシャル・ブートレッグ・ボックス。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作