2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Brad Mehldauファンなら絶対見逃せないブートレッグ登場。 | トップページ | 続けて筒美京平の"History"を聞く。今日はVol.1のCD2。 »

2020年10月18日 (日)

改めて筒美京平を偲んで”History”を聞く。今日はまずはVol.1のCD1枚目。

1 筒美京平が亡くなったということは,私のような年代のリスナーにとっては,ある時代の終焉を象徴する出来事となっているはずである。彼の追悼記事を書いた時にも触れたが,私はかなりの数の彼の曲をカラオケで歌えてしまう。それは同時代だったこともあるが,その魅力的なメロディ・ラインは,現代でこそまた光ると思っている部分もあるから,カラオケでがなっていたのだ(最近は全然行っていないというよりも,行けないが...)。

改めて彼の業績を偲ぶためには,CD4枚組×2でリリースされた”History"以外の手立てが私にはない。"History"はiPhoneに突っ込んであるが,CDで聞くのは無茶苦茶久しぶりである。追悼するために改めて取り出すとは思わなかったが,やはり聞きたくなってしまった。

CD1だけを聞いても,いきなり「ブルーライト・ヨコハマ」でスタートし,2曲目もいしだあゆみ,そして弘田三枝子からグループサウンズに突入する流れを聞いているだけでたまらん。だってヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」やオックス(「スワンの涙」とか懐かしかった。)とかから,改めていしだあゆみの「あなたならどうする」を経て最後は「サザエさん」ってどういう頭の構造なのかと言われても仕方のない多様さである。

まだCDの1枚目は私の自我がちょうど目覚めた時期と重なっている(「ブルーライト・ヨコハマ」は私が小学校1年)とも言えるが,全部が全部知っている訳ではない。それでも既視感いっぱいな感覚を覚えるのはやはり同時代ゆえって感じである。このディスクで言えば,黒沢明とロス・プリモスの「ヘッド・ライト」なんて10年以上前に記事にしているのだ(記事はこちら)。やっぱり好きだったのねぇなんて改めて思ってしまうが,とにかく子供にとっても印象に残る曲を書いていたのだと思わざるをえない。朝丘雪路の「雨がやんだら」なんて今でも完全にメロディ・ラインを覚えているしねぇ。それがこのディスクに入っているどの曲にも当てはまる訳ではないが,何らかのかたちで確実に私の脳内に記憶されているのである。例えば橋幸夫の「京都・神戸・銀座」における「しのびあ~い,めぐりあ~い」のフレーズとか,おぉ~,覚えてるぞ~って感じなのだ。

懐かしさとともに,筒美京平の偉大さを感じた1枚。しばらくはこのシリーズが続く(笑)。

« Brad Mehldauファンなら絶対見逃せないブートレッグ登場。 | トップページ | 続けて筒美京平の"History"を聞く。今日はVol.1のCD2。 »

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

今日、スーパーで買い物してて、一週間に歌謡曲聴くのは、このスーパーだけだわ。
テレビ見ないし、歌謡曲かかるような店でご飯食べないし、街角で歌謡曲が流れるようなことないし、(20年近く前かな、商店街歩いていて突然胸を突かれるような歌声に立ち止まって、あとで山崎まさよしのワンモア・タイム、ワン・モア・チャンスだと判った。)
昭和のあの頃は、みんなが知ってるヒット曲ってあったなあ。
今の中学生、バス旅行で何歌うんだろうなあ(笑)

MRCPさん,おはようございます。

に街中で歌謡曲が流れていることは少なくなりました。先日ランチで入った居酒屋で,昔のいかにも有線みたいな曲が流れていたのは新鮮でした。

>昭和のあの頃は、みんなが知ってるヒット曲ってあったなあ。
>今の中学生、バス旅行で何歌うんだろうなあ(笑)

あいみょんとか髭ダンとかじゃないですかねぇ。わかりませんけど...。

音楽が個別化してるから、全員が同じ曲を知ってるわけじゃないってことと 
カラオケなしで歌える曲って、今時あんまりないなあ ってこと。
昔の歌謡曲やフォークソングって、メロディだけでもなんとかサマになるものね。


MRCPさん,こんにちは。

>昔の歌謡曲やフォークソングって、メロディだけでもなんとかサマになるものね。

それはそうですね。打ち込みとかがない世界では,イントロ含めた曲そのものの魅力が全てみたいな感じですから。

だから私は最近の曲を歌わない(歌えない?)です。

会社でえらい人とカラオケに行くのなら
OLは取りあえず、ピンクレディかキャンディーズを覚えておけ、という話があって、年寄りはみんな知っているし、調子よく盛り上がる。
しかも、単純だからすぐ覚えられる(笑)

とか言ってたけど、昨今の状況では
カラオケ業界が全滅かなあ?

音楽業界も倒産続出かも。
来年の拓郎ラストツアーの中止が決定しました。

MRCPさん,

>会社でえらい人とカラオケに行くのなら
>OLは取りあえず、ピンクレディかキャンディーズを覚えておけ、という話があって、年寄りはみんな知っているし、調子よく盛り上がる。
>しかも、単純だからすぐ覚えられる(笑)

→今の時代それを言うとパワハラと言われますねぇ。面倒くさい時代と言ってはいけないんですが。

>とか言ってたけど、昨今の状況では
>カラオケ業界が全滅かなあ?
>
>音楽業界も倒産続出かも。
>来年の拓郎ラストツアーの中止が決定しました。

→そうですねぇ。私もライブに行けなくて,ストレスたまってますが,経営する方はもっと大変ですよねぇ。

書き方が悪かったんだけど、ピンクレディの話、上から命令するという話じゃなくて、OLの側からみて、ピンクレディ歌っとけば、上役の機嫌取るなんて簡単、楽勝よ。そういう文脈で女性の側から書いた話を何かで目にしたということでした(笑)


MRCPさん,こんにちは。

>書き方が悪かったんだけど、ピンクレディの話、上から命令するという話じゃなくて、OLの側からみて、ピンクレディ歌っとけば、上役の機嫌取るなんて簡単、楽勝よ。そういう文脈で女性の側から書いた話を何かで目にしたということでした(笑)

なるほど。それはそれであざといって気がしますねぇ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Brad Mehldauファンなら絶対見逃せないブートレッグ登場。 | トップページ | 続けて筒美京平の"History"を聞く。今日はVol.1のCD2。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作