2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで「終着駅」を見た。 | トップページ | Lounge Lizards:フェイク・ジャズってのはさすがにひどいなぁ。 »

2020年9月16日 (水)

そう言えばこれも保有していたなぁってすっかり忘れていたPaul McCartneyのベスト盤。

Pure-mccartney"Pure McCartney" Paul McCartney(Concord)

Paul McCartneyのベスト盤は”Wingspan(Hits and History)"ってのも保有しているのだが,このベスト盤のデラックス・エディション4枚組を保有ししていたことをすっかり忘れていた私である。こういうジャケットの形状だと,置くところが限定されてしまうところがあり,ついつい見逃していたのである。実は私のデスクの正面に位置していたのだが,全然そこに目が届いていなかったのだ。こういうことだから,ダブり買いとかしちゃうんだよねぇ。

しかし,今だったら,こういうアルバムはストリーミングで済ませているのではないかって感じのベスト盤だが,持ってるものは聞かなきゃねってところだが,4枚通しで聞くのはなかなかきつい。それでも,Paul McCartneyのソロ・キャリアをほぼ俯瞰できるという点では,こういうのは便利なので,保有していることはいいことなのだが,問題なのはそれをすっかり失念している私である。年は取りたくないものだ。

それにしてもDisc 1が”Maybe I'm Amazed"で始まり,Disc 4を"Junk"で締めるってところにこだわりを感じるのは私だけだろうか?やっぱりいい曲書くよねぇ,

« Amazon Primeで「終着駅」を見た。 | トップページ | Lounge Lizards:フェイク・ジャズってのはさすがにひどいなぁ。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

Paul単独の歴史に残る代表作って、何がありましたっけ?
どれもこれも62点くらいの作品ばかりのような(笑)Johnがいないとだらけてしまったような。
JohnもPaulのいない状況じゃ最高のもの作れてないし、、、
Beatlesのカバーならいくらでもあるけど、Beatles以降のPaulの作品をカバーする人ってあまりいないでしょ?
あと百年くらいたって、Beatlesは残ってるだろうけど、Beatles以降のPaulの作品はサリエリみたいに忘れられて、Johnはクリスマスソングのみ残っていそうな(笑)
たぶんアメリカは戦争し続けてるだろうし。

MRCPさん,こんにちは。

辛口ですねぇ。私の場合,BeatlesはBeatles,それ以降はそれ以降で考えればいいと思っています。正直言って私はGeorgeが一番好きで,その次がJohnで,Paulは3番目なんですよねぇ。それでもライブで"Band on the Run"とか"My Love"とかやられると,やっぱりしびれちゃいまいますね。

62点の曲もあると思いますが,上記の2曲とかは私は結構好きです。ただ,4枚組はやっぱりきついかなぁってところもありますね。

基本的にカバーされない曲は歴史の中に埋もれて忘れ去られるわけで、Greensleevesや蛍の光みたいに、誰が作ったのか知らないけど、みんな知っているという状態になれるかという問題が。100年後、200年後に詠み人知らずで、しぶとく残っているのは、カバーされまくってる、In My Life じゃなかろうかと思ってるんですが。
Johnが発想してPaulが仕上げたらしいんですが、2人とも自分が作ったと言ってる(笑)

そう言えばこれも保有してたなあって思う時点で、もう歴史の評価に耐えられてない(笑)

ベートーベンの第九でさえ、合唱団を用意するという経済的な問題から演奏困難で、もうちょっとで忘れ去られるところだったという話があるくらいなので、音楽が残っていくのは結構難しい。

MRCPさん,こんばんは。


100年後、200年後にPaulの曲がどうなっているかはわかりませんが,結構Brad MehldauがPaulの曲をやるんですよねぇ。“My Valentine”なんて,ライブで聴いて「へぇ〜」って思ってました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazon Primeで「終着駅」を見た。 | トップページ | Lounge Lizards:フェイク・ジャズってのはさすがにひどいなぁ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作