2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 引き続きGary Peacockを偲ぶ。今日はMarc Coplandとの共演盤。 | トップページ | 桑田佳祐の洋楽愛炸裂。嘉門雄三としてのライブ盤を久々に聞く。 »

2020年9月12日 (土)

James Ingram:つくづくいい歌い手であった。

_20200907-2"The Power of Great Music" James Ingram(Warner Brothers)

昨年,惜しくも脳腫瘍で亡くなったJames Ingramのベスト盤を改めて聞いてみた。私にとってJames Ingramは,桑田佳祐もカヴァーした"Just Once"が最も印象に残る。桑田がカヴァーしたのは変名でレコーディングした嘉門雄三&Victor Wheelsのライブ盤であったが,もとはQuincy Jonesのアルバム,「愛のコリーダ(”The Dude")」中の1曲である。これをいち早くライブで取り上げる桑田のセンスに感心しつつ,この曲のよさをつくづく感じていたあの頃が懐かしい。後々になって,やはりBarry Mannの書く曲は素晴らしいと思っていたが,何を血迷ったか,カラオケでこの曲を歌ってしまうという暴挙に出る私なのであった(爆)。それぐらいいい曲なのだ(きっぱり)。

それはさておき,Quincy Jonesのアルバムでの歌いっぷりが素晴らしかったことから,ソロ・アルバムも出し,ビッグネームとのデュエット曲もヒットしたJames Ingramのキャリアを総括するにはこれほど適したアルバムはない。もう肝心なところは全部入っているって感じである。全12曲中4曲がデュエットってのもこの人らしい。

また,このアルバムにはBarry Mannの曲が4曲含まれているが,Barry MannとJames Ingramの関係は,Burt BacharachとDionne Warwickの関係みたいなものだったのかもなぁなんて考えてしまった。まさに相性ぴったりなのである。

そして,改めてこのアルバムのタイトルを見て,今更のようにそうだったのかと思う私も私だが,まさに「音楽の力は偉大だ!」と思わされる堂々たる歌唱の数々を聞いて,つくづく惜しい人を亡くしたと思った私であった。James Ingramは亡くなったが,これこそエヴァーグリーンと呼ぶべき歌唱の数々。これがオリジナル・アルバムならそうもいかなかっただろうが,これほどの名曲,佳曲揃いなら文句も出ない。このアルバムを聞きながら,James Ingramという歌手を偲びたいと思う。星★★★★★。ベスト盤ではあるが,クレジットも手抜きをしないライナーも丁寧に作られているおり,実に好感度が高い。人柄だな。

« 引き続きGary Peacockを偲ぶ。今日はMarc Coplandとの共演盤。 | トップページ | 桑田佳祐の洋楽愛炸裂。嘉門雄三としてのライブ盤を久々に聞く。 »

ロック」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

ポップス」カテゴリの記事

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 引き続きGary Peacockを偲ぶ。今日はMarc Coplandとの共演盤。 | トップページ | 桑田佳祐の洋楽愛炸裂。嘉門雄三としてのライブ盤を久々に聞く。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作